• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

SE (システムエンジニア)の案件をご覧の方へ

SE(システムエンジニア)は、システム開発にあたって、業務の調査や分析、コンピュータシステムの基本設計、仕様の策定などを行いシステム全体を構築する技術者です。ソフトウェアの開発管理や保守管理を行ったり、システム開発のプロジェクト管理を行ったり、プログラマーをまとめて指揮をとる役割を担うこともあります。
プログラマーとよく混同されがちなSE(システムエンジニア)ですが、両者は担当する工程に違いがあり、主に開発を行うプログラマーに対して、SE(システムエンジニア)は設計を行うことが一般的に多いです。
SE(システムエンジニア)の詳しい仕事内容は、開発システムの種類や案件によっても様々ですが、クライアントへのヒアリングによる要求分析および要件定義や、プログラム構成の詳細設計、ドキュメント作成、実装、テストまでのフェーズが主な業務です。このように、SE(システムエンジニア)はいわゆる上流工程に携わる職位となっています。
SE(システムエンジニア)は、プロジェクトの初期段階から業務に携わるポジションのため、システム完成や反映されたときの喜びや達成感が大きいと言われています。実際、SE(システムエンジニア)のやりがいとして「チーム全体で案件をやり遂げたという達成感がある」「クライアントと直接やり取りを行うので、感謝されるのが嬉しい」という声は多く挙げられているようです。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の市場動向・ニーズについて】
SE(システムエンジニア)の市場動向・ニーズとしては、IT業界全体が慢性的に人手不足となっているため、SE(システムエンジニア)を含むITエンジニアはニーズが高く、現状売り手市場だと考えられます。
特に、SE(システムエンジニア)求人の案件数は他の職種・ポジションよりも比較的多い傾向です。実際に、レバテックフリーランスの扱うフリーエンジニア向けの案件を見てみると、プログラマー案件が約1400件、インフラエンジニア案件が約1300件、ネットワークエンジニア案件が約300件、フロントエンドエンジニア案件が約200件なのに対して、SE(システムエンジニア)案件は約2000件あります(2019年12月時点)。
とはいえ、企業から求められるのは、高いスキルを持ったSE(システムエンジニア)です。IT技術は日々進化し続けていますから、SE(システムエンジニア)としてIT業界に長く身を置くなら、仕事を行う合間にも、新しい技術の習得を怠らないようにしましょう。

【SE(システムエンジニア)の在宅案件について】
SE(システムエンジニア)の在宅案件は、常駐案件に比べて非常に少なくなっています。その理由としては、作業の進め方やセキュリティー面などから、現場で作業してもらいたいという要望を持っている企業が多いためです。
ただし、案件によっては、常駐から在宅へ、働き方を変えてもらえる場合もあります。その条件として主に挙げられるのが、以下の2つです。
・自社開発の案件であること
・発注元である企業から信頼を得ていること

まず、客先常駐での開発の場合、契約やセキュリティの観点から許可が下りないことが多いですが、自社開発なら、柔軟に対応してもらえる可能性が高いです。また、自社開発であっても、初めて取引するフリーエンジニアに、在宅での仕事を発注する企業はほとんどないのが実情ですから、一度常駐として出向するなど、信頼関係を構築する必要があるでしょう。
SE(システムエンジニア)の在宅案件は、顧客のヒアリングを行う要求分析と要件定義の業務以外、場所を問わずに行うことができますが、一人で完結できるものではありません。SE(システムエンジニア)の在宅案件に参画する際は、他のSE(システムエンジニア)や設計を行うプログラマー等とのコミュニケーションが必須となるので、メールやテレビ電話、チャット等のツールを導入しておくと良いかもしれません。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の必要なスキルについて】
SE(システムエンジニア)の必要なスキルは多数ありますが、フリーランス向けのSE(システムエンジニア)求人・案件は即戦力を求める傾向が強く、これまでのSE(システムエンジニア)としての実務経験が問われることが多くなっています。
つまり、SE(システムエンジニア)求人・案件に参画するなら、SE(システムエンジニア)になるために必要とされる能力は一通り身につけておかなければならないということです。たとえば、SE(システムエンジニア)はクライアントとの折衝を行うためのコミュニケーション能力や、システム設計を行うための技術力、プログラミングの基礎知識、スケジュール管理を行うためのマネジメント能力などは必須となるでしょう。
また、フリーエンジニアとして幅広いSE(システムエンジニア)求人・案件をこなせるようになるには、多くのプログラミング言語や技術を習得することが大切です。
複数の言語や技術を扱えれば、より多くのSE(システムエンジニア)求人・案件に参画できますし、企業からのニーズも高くなるので、多数の企業から重宝される可能性があるでしょう。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
IT業界未経験からSE(システムエンジニア)を目指す場合、まずはプログラマーとして企業に就職し、現場で経験を積んでステップアップしていくことになります。一般的にSE(システムエンジニア)はプログラマーの上位職とされており、いきなりSE(システムエンジニア)になることは難しいためです。
プログラマーとして就職するために必要な勉強は、「情報処理の基礎知識」や「プログラミング」などが挙げられるでしょう。勉強方法としては、以下の2つが挙げられます。
・プログラミングスクールに通って講師のもとで学ぶ
・入門書などの書籍やネットの学習サイトを使って独学で学ぶ

プログラミングスクールに通うメリットは、「講師から直接教わることができるため、疑問点が解消されやすい」「モチベーションが維持しやすい」という点です。スクールを選ぶ際は、自分の目的に合った勉強ができるか、無理なく通うことができるかなどをしっかり確認しておきましょう。スクールによっては、修了後に就業支援を行ってくれるところもあるようです。
一方、独学で学ぶメリットは、「経済面で負担がかからない」「自力で物事を進める力が身につく」という点です。要領が良い人の場合、決められたカリキュラムで進めるスクールより、独学の方が合っているケースもあります。ただ、つまずいてしまった時にヒントをくれる存在がいないため、いかにモチベーションを維持するかが大切になってくるでしょう。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の資格について】
SE(システムエンジニア)求人・案件に参画する際に必要な資格はありませんが、SE(システムエンジニア)としてのスキルを証明する際に参考になる資格はあります。
・基本情報技術者試験、応用情報技術者試験
この2つは、IT系の資格の中で特に保持者の多い資格で、SE(システムエンジニア)に限らず多くのITエンジニアが受験しています。「基本情報技術者試験」は、ITエンジニアの登竜門といえる資格で、初心者向けの内容となっています。「応用情報技術者試験」は、よりレベルアップしたいという中級者向けの内容となっています。

・データベーススペシャリスト試験
データベース系SE(システムエンジニア)向けの資格で、中級者向けの内容です。SE(システムエンジニア)として、目的に応じたデータベース技術を選択できることや、顧客の要求に基づいたデータ分析が行えること、高品質なデータベースの企画から要件定義、開発、運用、保守が行えることなどが証明できます。

・システムアーキテクト試験
システム開発の上流工程を担う人を対象としたSE(システムエンジニア)向けの資格で、出題範囲は、要件定義や外部設計などです。情報システムや組み込みシステムに関する専門的な知識が問われる試験となっており、平成30年度秋期の試験の合格率は12.6%と低いことから、上級者向けの資格だと言えます。

・プロジェクトマネージャー試験
プロジェクトマネージャーとしての業務と役割を円滑に遂行するための、知識や実践能力が問われる上級者向けの資格です。組織戦略およびシステム全体に関する理解から、プロジェクト計画の作成、変化への適応、見込まれるリスクの把握、プロジェクト実績の分析・評価などが要求されます。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の未経験での参画について】
実務未経験でSE(システムエンジニア)求人・案件に参画するのは、あまり現実的ではありません。上述の通り、フリーエンジニア向けの案件は、即戦力として活躍してくれることを前提としているものが多いためです。仮に未経験可のSE(システムエンジニア)求人・案件があったとしても、高い報酬は望めませんし、案件数自体が少ないことから、安定して仕事を受け続けることは難しいと考えられます。
フリーエンジニアとしてSE(システムエンジニア)求人・案件に参画するなら、まずは企業に正社員として採用してもらい、そこでSE(システムエンジニア)としてのスキルや経験を積んでから目指すほうが良いかもしれません。

【SE(システムエンジニア)求人・案件の将来性について】
IT化が進む現代では、あらゆる企業でWebやコンピュータネットワークなどのIT技術が利用されています。それに伴い、IT技術を支えるエンジニアの需要はどんどん大きくなってきているため、SE(システムエンジニア)求人・案件は増加していく可能性が高いと考えられます。
たとえば、これまでIT技術を活用してこなかった企業では、業務のIT化を進めるために、業務系SE(システムエンジニア)が必要になりますし、すでにIT化されている企業では、より高いセキュリティシステムの導入や、さらなる効率化のためのIT投資を実施する場合があります。
また、オンプレミスからクラウドサービスへの移行など、急速に変化しているネットワーク構造に対応するためには、ネットワーク・サーバを扱うインフラ系のSE(システムエンジニア)が必要不可欠です。
とはいえ、SE(システムエンジニア)の将来性については、個人次第とも言えます。SE(システムエンジニア)の需要自体は大きくなりますが、SE(システムエンジニア)に求められるスキルレベルもどんどん高くなっていくからです。SE(システムエンジニア)として既に活躍している人も、常に最新の情報をキャッチし、新しい技術を学んでいく姿勢が大切だと考えられます。

SE(システムエンジニア)のフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているSE(システムエンジニア)のフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年12月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
SE(システムエンジニア)の仕事内容 SE(システムエンジニア)の将来性について SE(システムエンジニア)の職種について SE(システムエンジニア)の独立 

関連する求人・案件
C# SE (システムエンジニア)の求人・案件 Perl SE (システムエンジニア)の求人・案件 SAS SE (システムエンジニア)の求人・案件 SE (システムエンジニア) jQueryの求人・案件 

おすすめのキーワードから探す
SE 都内の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?