• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

IT・Webエンジニアの求人・案件の傾向について

IT・Webエンジニア向けの求人・案件情報です。レバテックフリーランスでは、最新のIT・Web系の案件情報を多数掲載しております。JavaやPHPなどの言語や、単価、エリア、業界などのお好みの条件から求人・案件情報を検索することができます。フリーエンジニアとして活躍されている方や、独立を検討されているIT・Web業界のエンジニアの方は是非ご利用下さい。

正社員の求人を探す

プログラマー(PG)の案件をご覧の方へ

プログラマー(PG)は、システムエンジニアが作成した設計書に基づいてプログラミングやテストを行うのが仕事です。プログラマー(PG)と一口に言っても多くのジャンルがあり、それぞれ業務内容や求められるスキルが異なります。
・ゲーム系 
・Web系
・組み込み系、制御系
・パッケージアプリケーション系
・社内システム系
・設備制御系
・オープン系、オンライン系
・通信系
・汎用系

プログラマー(PG)と似ている職種にシステムエンジニアがありますが、システムエンジニアは要件定義や設計といった上流工程を主に担当します。ただし、求人・案件によってプログラマー(PG)やシステムエンジニアの定義や役割は異なり、企業によってはシステムエンジニアが要件定義からプログラミング・テストまで担当する場合があります。プログラマー(PG)の求人・案件は他の職種に比べ、専門性を特に重視されており、コアスキルとして1つの言語を習熟しておくことが重要です。ITシステムはあらゆる業界・業種で必要とされているため、コアスキルがあればエンドユーザー・ITベンダーを問わず、大小様々な規模の企業で活躍できるプログラマー(PG)向けの求人・案件があります。
プログラマー(PG)のキャリアパスですが、経験を積んだ後はシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーになるケースがあります。

【プログラマー(PG)求人・案件の市場動向・ニーズについて】
インターネットの進展によってWebサイト・アプリ開発が進んでおり、プログラマー(PG)のニーズが高まっています。特にスマートフォンやタブレットが普及してソーシャルゲームの人気が集まっていることから、ゲームプログラマー(PG)の需要は高いようです。
プログラマー(PG)の求人・案件は増加傾向にあるといわれていますが、求人・案件の選択肢を増やせるかは、スキルや実績によって変わるでしょう。より多くのプログラミング言語、環境で経験を積んでいるプログラマー(PG)は業務の幅を広げられ、年収アップも図れる可能性があります。機械学習のPython、アドテクノロジーのScala、開発効率化のPerlなどは注目を集めているプログラミング言語のため、応募したいプログラマー(PG)求人・案件に合わせて事前に習得しておくと良いかもしれません。

【プログラマー(PG)の在宅案件について】
インフラエンジニアやネットワークエンジニアといったほかの職種に比べると、プログラマー(PG)の在宅案件は多い傾向があります。プログラマー(PG)はパソコンがあれば作業できる職種で、成果物によって完成度の高さを確認できるからです。ただし、プログラマー(PG)であっても、セキュリティの事情やコミュニケーションの必要性などから、在宅可の案件は少数だということを念頭に置きましょう。
プログラマー(PG)の方が在宅案件を受注する際は、クラウドソーシング、会社員時代の同僚や取引先の社員、勉強会・セミナーで知り合った人、友人などから依頼を受ける方法があります。
在宅可のプログラマー(PG)案件であっても、打ち合わせのために出社するケースがあります。「クライアント企業へのアクセスが悪く、負担が大きい…」とならないよう、プログラマー(PG)案件の受注前に出社の有無や企業の所在地などを確認しましょう。

【プログラマー(PG)求人・案件の必要なスキルについて】
求人・案件によってプログラマー(PG)に求められるスキルは異なりますが、以下の例が挙げられます。
・プログラミングの知識
・ミドルウェアの知識
・コミュニケーションスキル

プログラマー(PG)案件で求められるプログラミング言語の知識はジャンルや担当業務によって異なりますが、フロントエンド、サーバーサイド、業務システム、ゲーム分野における例は以下のとおりです。
・フロントエンド:JavaScript
・サーバーサイド:PHP、Ruby、Python
・業務システム:Java、PHP
・ゲーム:C#、C++

すべての言語を一度に習得する必要はありませんが、携わりたい業務に合わせて事前に身につけておくと、プログラマー(PG)案件の選択肢を増やせると考えられます。
なお、システム開発のプログラマー(PG)案件では、プログラミングスキルだけではなく、サーバーやOS、データベースなどの知識も必要です。案件によって求められるプログラマー(PG)の知識は異なりますが、例としてLinuxやNginx、MySQLが挙げられます。
さらに、プログラマー(PG)として円滑なプロジェクト遂行のためには、チームメンバーとのコミュニケーションが欠かせません。プログラマー(PG)案件に参画する際は、相手の意見に傾聴する姿勢や、根拠を明確にしてアイデアを伝えるスキルが重要になると考えられます。

【プログラマー(PG)求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
プログラマー(PG)求人・案件で求められるプログラミング言語の知識は業務内容によって異なりますが、PythonやC++、Javaが例として挙げられます。
Pythonの場合、コードが書きやすい、文法が読みやすいといった理由から、プログラミング初心者も比較的習得しやすい言語のようです。一方、C++やJavaではオブジェクト指向の考え方を理解する必要があるため、習得難易度が高いとされています。
プログラマー(PG)初心者がプログラミング言語を勉強する際は、書籍や学習サイト、プログラミングスクールを活用する方法があります。
プログラミング言語の解説本は、まずは初心者向けを選びましょう。基礎を確認せずに実践的な内容にチャレンジすると、挫折する恐れがあるからです。
学習サイトの場合、イラスト中心のスライドで解説するものや動画で学べるものなど、サイトによって勉強方法が異なります。無料で利用できる学習サイトもありますが、「中級者以上のコンテンツは有料」とする場合もあるため、利用前に料金設定を確認すると良いでしょう。
プログラミングスクールを活用する場合、独学に比べると費用がかかりますが、学校に通う形式なら講師に直接質問したり勉強仲間を作ったりできるメリットがあります。なお、スクールによってはオンライン講座があるため、自宅で学べて通学の手間を省くことができます。オンライン講座であっても質問できる場合があるため、モチベーション維持やスキルアップのために活用すると良いかもしれません。
プログラミング経験者は、書籍や学習サイトで基礎を確認したら、実際にコードを書いてみましょう。コードを書く前は基礎を押さえたつもりでも、手を動かすことで理解が曖昧な部分を把握できると考えられます。エラー表示された場合は書籍や学習サイトなどで原因を確認し、修正を繰り返してプログラマー(PG)に必要な知識を身につけましょう。

【プログラマー(PG)求人・案件の資格について】
プログラマー(PG)求人・案件の資格として、独立行政法人情報推進機構(IPA)が実施する「応用情報技術者試験」が挙げられます。
応用情報技術者試験は、企業・システムの課題に対する戦略立案や生産性・安定性の高いシステム開発を行うスキルを証明する資格で、2018年の合格率は23.4%です。
応用情報技術者試験は午前と午後の2部形式で、試験時間はどちらも150分です。午前は四肢択一の問題が80問、午後は記述式の問題が11問(そのうち5問に解答)出題されます。
応用情報技術者試験の勉強方法ですが、参考書やIPAの公式サイトにある過去問を活用する方法があります。間違えた問題を繰り返し取り組み、知識を定着させることがポイントになるでしょう。特に、午後の問題は記述式で理解が曖昧だと解答が難しいため、試験直前に慌てないよう、時間に余裕を持って対策することが大切です。
プログラマー(PG)の方が応用情報技術者試験を取得するメリットとしては、「スキルアップのきっかけになる」「プログラマー(PG)求人・案件に応募する際、スキルの証明になる」の2つが挙げられます。
応用情報技術者試験は、IPAが実施する基本情報技術者試験(ITエンジニアの入門資格)よりもレベルが高い資格です。「実務経験を積んだので、現状の知識・スキルを確かめたい」「基本情報技術者試験は合格しているので、より高いレベルにチャレンジしたい」というプログラマー(PG)の方は、スキルアップのきっかけとして受験してみると良いかもしれません。

【プログラマー(PG)求人・案件の未経験での参画について】
プログラマー(PG)未経験の場合、参画できる案件は少ないと考えられます。フリーエンジニア向けのプログラマー(PG)案件では、基本的に実務経験が求められるからです。
未経験からフリーランスのプログラマー(PG)を目指すなら、まずは正社員や派遣社員などとして経験を積むのが無難だと考えられます。正社員や派遣社員のプログラマー(PG)求人・案件には未経験可のものがあるため、業務内容や給与、社風などを確認した上でチャレンジすると良いでしょう。なお、未経験可のプログラマー(PG)求人であっても、歓迎要件としてJavaやC#、C++といったプログラミング言語の知識を挙げる場合があります。事前にプログラミング言語を習得しておくことで、より条件に合うプログラマー(PG)求人に応募できるかもしれません。
フリーランスのプログラマー(PG)として活動する際は、案件サイトやフリーエンジニア向けエージェント、人脈などを活用して案件を受注する方法があります。プログラマー(PG)案件に参画するには基本的にスキルのアピールが必要だと考えられるため、事前に経験・実績を振り返っておきましょう。

【プログラマー(PG)求人・案件の将来性について】
プログラマー(PG)案件の需要は高く、人材不足に悩む企業もあることから、将来性のある職種だと考えられます。
プログラマー(PG)として求人・案件の選択肢を増やすには、近年注目が高まっているAI開発やセキュリティに関する知識を身につけると良いかもしれません。
AI開発では、統計学や機械学習、ディープラーニングなどの知識が必要です。統計学や機械学習、ディープラーニングの学習難易度は高いといわれていますが、その分AI開発の知識を身につけているプログラマー(PG)は重宝されると考えられます。
セキュリティに関しては、サイバー攻撃や脆弱性診断の知識のほか、個人情報保護法のようなセキュリティ関連の法律の知識があると、プログラマー(PG)として業務の幅を広げられる可能性があります。
プログラマー(PG)の方が知識・スキルを身につける際は、選択肢の一つとしてフリーエンジニア向けの勉強会・セミナーへの参加が挙げられます。プログラマー(PG)向けの勉強会・セミナーではスキルアップを図れるほか、人脈を広げたり、交流の際に最新情報を得ることができるかもしれません。

プログラマー(PG)のフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているプログラマー(PG)のフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年12月時点の内容です。

関連する求人・案件
C# プログラマー(PG)の求人・案件 C++ プログラマー(PG)の求人・案件 Java プログラマー(PG)の求人・案件 PHP プログラマー(PG)の求人・案件 Python プログラマー(PG)の求人・案件 Ruby プログラマー(PG)の求人・案件 プログラマー(PG) MemcacheDBの求人・案件 プログラマー(PG) Windowsの求人・案件 プログラマー(PG) 実務経験が浅い方OKの求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?