• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

IT・Webエンジニアの求人・案件の傾向について

IT・Webエンジニア向けの求人・案件情報です。レバテックフリーランスでは、最新のIT・Web系の案件情報を多数掲載しております。JavaやPHPなどの言語や、単価、エリア、業界などのお好みの条件から求人・案件情報を検索することができます。フリーエンジニアとして活躍されている方や、独立を検討されているIT・Web業界のエンジニアの方は是非ご利用下さい。

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Pythonの求人・案件について

Pythonとは汎用性の高いプログラミング言語で、コードのリーダビリティに優れているという特徴があります。
Pythonは軽量プログラミング言語とも言われており、他の言語では、PHP・Perl・Rubyなどがあります。小規模開発から大規模開発まで対応できるよう多くのコード、豊富なライブラリ、およびドキュメントが提供されています。
Pythonはマルチパラダイム言語であるため関数型、命令型、手続き型など様々な特性にあわせたコーディングが可能です。標準ライブラリ、サードパーティ製ライブラリなど多くのライブラリも充実しているため、有名どころで言うと、Webアプリケーション、SNSソーシャルゲーム、機械学習、各種ツール開発に使用されており、そういったPython求人・案件が多くあります。
Pythonはユーザーにとって必要最低限の機能を提供するよう設計されており、一つの至高のやり方に落ち着くという形が多いと考えられます。そのため、どのPythonエンジニアがコーディングをしても同じような記述になります。少ないコードで明快にプログラムが書けるので、誰にでも読みやすく、修正が容易である点がPythonの魅力と言えます。開発の生産性と保守性を向上させるアプリケーション開発フレームワークも多数存在し、代表的なものにCherryPy・Bottle・Flask・Tornado・Djangoなどがあります。PythonはGoogleやFacebookで採用されるなど、注目度が高い言語といえます。フリーランス・フリーエンジニアとして活躍されたい方にはおすすめの言語です。

【Python求人・案件の単価相場について】
Python案件の単価相場は、月に140時間~180時間作業することを想定した場合、大体月単価40万~85万程です。
それでは実務経験数ごとにPython案件の単価相場を見てみましょう。
・Python経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Python経験1年~2年:50万円前後 (年収600万円)
・Python経験2年~3年:60万円~65万円 (年収720~780万円)
・Python経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Python経験5年以上:70万円~85万円 (年収840~1020万円)
(レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ:2019年11月時点)

Python経験5年以上もしくはそれに相当するスキル・経験があれば、月単価85万円以上も見込め、年収にして1000万円を超えることもあります。もちろん、スキルによって単価は変わりますので、あくまで目安となりますが、他の言語に比べてPython案件の単価相場は高単価・高収入の求人・案件が比較的多く見られています。例えば、人気言語のひとつである「C言語」案件の単価相場は30万円~70万円程、「Javascript」案件は40万円~80万円程となっており、年収にすると60万円~180万円程Python案件の方が高くなっています。
(レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ:2019年11月時点)
また、Python案件はスキルのあるフリーエンジニアが不足している状況にあるため、幅広いスキルを身に着けておくことで単価の幅を広げることができるかもしれません。
すでにいくつかのPython案件を経験している方は、自分の現状の単価を把握し、単価相場と比較してみましょう。そうすることで案件の見直しができ、状況によってはより高収入なPython案件に参画できるかもしれません。

【Python求人・案件の市場動向・ニーズについて】
Python案件の市場動向としては、ここ数年でPythonを使用する日本企業が増えたことにより、企業側からのニーズが高まっており、今後も減少する可能性は低いと考えられます。Pythonを使用する日本企業が増えた要因としては、近年、機械学習・ビッグデータ解析・人工知能(AI)・Webアプリケーションなどの市場が大きくなっていることが関係していると考えられます。こうしたニーズに対して、Pythonエンジニアの数はそれほど多くない傾向にあります。元々他言語に比べてPythonは日本での導入が少なかったことに加え、上記で述べた機械学習や人工知能(AI)などの需要が高まっていることから、今後、スキルのあるPythonエンジニアが不足する傾向にあります。
このことからも、今後ますますPythonエンジニアのニーズが高まると考えられます。
Webサービスでは、従来のPHPやPerlからPythonやRubyに移行しているフリーランスエンジニアが増えており、今後さまざまなシーンでの活躍が期待される言語となっています。

【Pythonの在宅案件について】
Pythonでの在宅案件はとても少ない傾向にあります。Pythonを使用した開発案件の多くはアジャイル型であり、自社開発の現場で恊働して開発を進めながら仕様を固めていくというケースがあるためです。また、Python案件の場合、ビッグデータを用いた案件も多数見られますが、貴重なデータを外部に持ち出すことは難しいため、そういった案件に関しても在宅で行うことは難しいかもしれません。
ですが、案件の種類によっては後々在宅で働ける可能性があります。例えば「客先常駐」の場合、別の企業の中で働くという作業形態になるため、セキュリティや契約の関係で在宅作業できる可能性は低いと考えられます。一方で「自社開発」であれば、信頼関係を築くことで柔軟に対応してくれるケースが多数見受けられます。ただ、自社開発であっても大規模なプロジェクトの場合、在宅が認められないケースがあるので注意しましょう。また、在宅ワークにこだわりすぎてしまうとコミュニケーションが減り、新しい情報を得ることも難しくなるため、スキルアップしにくい状況にもなりえます。在宅案件を希望する場合は、こういった状況を踏まえて探すことが重要です。在宅案件を叶えるポイントとしては、まず自社開発でコミュニケーションを取るなどして信頼関係を構築することです。ある程度仕事に慣れてから在宅ワークを提案することで、柔軟に対応してもらえる可能性が高くなるでしょう。

【Python求人・案件の必要なスキルについて】
Python案件で求められるスキルは多岐にわたりますが、必要になるスキルとしては以下が挙げられます。
・Webサービスの開発技術
・データ分析能力
・Python以外のサーバーサイド言語経験
(PHP・Ruby・JavaScriptなど)
・データベースやSQLの基礎知識
Webサービスやデータ分析能力は近年需要が高まってきているため、開発の実践経験があると重宝されます。特にデータ分析はほぼPythonを使ったシステム開発が主流となっており、自然言語処理や統計解析、ビジネス改善などの専門知識があると強みになるでしょう。
必ずしも全てのスキルを身につける必要はありませんが、Python以外の言語やフレームワークの知識を深めることが仕事の幅を広げるポイントととなります。
必要になるスキルはPythonの求人・案件によって変わってくるので、まずは自分が参画したい、もしくは興味のあるPython求人・案件の必須スキルを事前に確認しておくと良いでしょう。

【Pythonの習得難易度・勉強方法について】
Pythonの習得難易度はC言語やJavaに比べると低い傾向にあります。Pythonはコード量が比較的少なめで、登場してくるコードやキーワードも PHP やJavaScriptに比べると読みやすく、イメージしやすい文言のため、これからプログラミング言語を学ぶなら習得したい選択肢のひとつに入れておきたい言語です。
プログラミング初心者の方は、まず入門書などに沿って学習を進めれば、概ね基本的な知識は習得できるでしょう。 また、Pythonは誰が書いても同じような可読性の高いコードが生産されるので、他の人が書いたコードを読んで勉強することもできます。何から始めたらよいかわからない方は参考書籍やオンラインで講座が受けられる学習サイトも充実しているので、自分の知識レベルに合わせて講座等を活用してみましょう。フリーランスエンジニアが独自で勉強する場合はプログラミングスクールがおすすめです。わからないときに質問できる環境があるので、効率的に学ぶことができます。勉強する上で重要なのは、最初に自分がどういった案件に参画したいかを決めておくことです。勉強してから参画したい案件を探すとなると、自分がやりたいPythonの案件が限られてしまったり、そもそもPythonの案件ではあまり活躍しない技術の可能性があるかもしれません。Pythonに限った話ではありませんが、いち早く技術を身につけるためには事前に情報を整備し、効率的に学ぶことが大切です。

【Python求人・案件の資格について】
Python案件の資格としては、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会という運営団体の民間資格があります。種類は「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」の2つがあり、前者の試験は2017年、後者の資格は2019年夏に開始されたもので、どちらも新しい資格と言えます。「Python3エンジニア認定基礎試験」はPythonの文法や基礎知識など、フリーエンジニア初心者向けの内容になっているので比較的受けやすい資格だと考えられます。「Python3エンジニア認定データ分析試験」は2019年夏に開始されたばかりのため、まだあまり詳細は公開されていませんが、試験内容はPythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問うものと公式サイトにより公表されています。どちらも合格ラインは正答率70%とされており、参考書や学習サイトなどである程度勉強しておくことで正答率は高くなると考えられます。
Python資格を取得するメリットとしては、「Pythonエンジニアとしてスキルアップに繋がる」「自身のスキルを証明できる」「Pythonの知識の再確認ができる」等が挙げられます。以前は日本においてPythonは人気のある言語ではありませんでしたが、ビッグデータの実活用や機械学習の実装を行う企業が増えたことで、Python案件のスキルを向上させる環境が整いつつあります。将来的にPythonエンジニアとして活躍したい方は、自身のスキルレベルを確認するという観点から、勉強・受験してみるのも良いでしょう。

【Python求人・案件の未経験での参画について】
Python案件は未経験者でも参画できるのでしょうか。
結論から言いますと、フリーランスで開発経験がない場合、Python未経験で参画できる案件は少ないかもしれません。ですが、他の言語(Java、PHP、JavaScript、Perl)などの開発経験があれば参画できる案件は増加します。Python案件は参画するプロジェクトや内容によってPython以外の言語を使用するケースがあるため、他の言語が出来ることは大きなアピールポイントになるでしょう。
また、近年の需要からPython関連の案件は増えつつありますが、他の言語に比べてまだ募集件数が少ない傾向にあります。Pythonの案件獲得方法によっては仕事数が少なくなってしまう可能性もあるため、このような点からも他の言語を取得しておいたほうが良いと考えられます。

【Python求人・案件の将来性について】
Pythonはアメリカなどの先進国ではすでに人気の言語ですが、近年は日本でもPythonの注目度が高まっています。理由としては、上記でも何度か述べている通り、人工知能(AI)やビッグデータ解析、Webアプリケーションなどが注目されており、今後ますます発展していくことが関係していると考えられます。人工知能(AI)は今やあらゆる産業の分野で活用されていますが、PythonはAI開発の必須言語とされており、不動の地位を得ようとしています。また、ビッグデータ解析ではデータの収集や分析、データの構造化など、Pythonが得意とする分野が多いため、Pythonエンジニアであればデータサイエンティストとして活躍することも期待できます。Webアプリケーションに関しては、Youtube, Instagram,Dropboxなどの有名なアプリケーションがPythonで作られており、Pythonを習得することで大規模なアプリケーション開発に携われる可能性があります。このように、Pythonはこういった幅広い分野にも適しており、Pythonスキルを持つフリーランス・フリーエンジニアのニーズが更に増加していくと考えられます。また、こういったニーズに対して、現状はPythonエンジニアの数が足りていないことから、単価を高めに設定している案件が多数存在しています。Pythonは未経験者でも学びやすいため、今から習得しておくことをお勧めします。また、高単価なPython案件を希望する場合、これからは単言語の理解だけでなく、様々な分野との連携を意識した応用力も必要になると考えられます。Python以外の言語習得や、データ解析、AIデザインなどについても学習しておくと、Pythonのフリーランス・フリーエンジニアとしての活躍の幅はさらに広がる可能性があります。

Pythonのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のフリーエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているPythonのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

よく見られているフリーランス(個人事業主)向けのお悩み相談はこちら
エンジニアの資格 フリーランスの仕事内容とは プロジェクトマネージャーの資格について

他の求人・案件から探す
Delphiの求人・案件 PowerBuilderの案件 ITストラテジストの求人・案件

おすすめのキーワードから探す
COBOL プログラマの求人・案件募集 システム監視 保守の求人・案件募集 ゲームプログラマの求人・案件募集

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?