• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

都道府県を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

エンジニアをお探しの企業様へ

  • すぐ戦力になる開発経験が豊富なエンジニアが最短一週間で参画可能!

詳しくはこちら

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Swiftの案件をご覧の方へ

SwiftはApple社が2014年6月にWorldwide Developers Conferenceで発表したプログラミング言語です。Objective-Cに代わる言語として、macOSやiOS向けのアプリ開発などで使われています。
Swiftの特徴は、プログラマーの入力ミスによってバグが発生しやすい部分を文法的に解決している、コンパイラ言語でありながらインタープリタとしてスクリプトを実行できるという点です。
Swiftの求人・案件は、アプリケーション開発が中心です。今後、macOSやiOS向けの開発はSwiftが主流になる可能性があるため、macOSやiOSアプリケーション開発の求人・案件に携わりたい方はSwiftを習得しておくと良いでしょう。

【Swift求人・案件の単価相場について】
Swift案件の単価相場は、月に140時間~180時間の作業を想定した場合、ひと月あたり50万~85万円です。
・Swift経験1年未満:50万円 (年収600万円)
・Swift経験1年~2年:60万円 (年収720万円)
・Swift経験2年~3年:70万円 (年収840万円)
・Swift経験3年~5年:80万円 (年収960万円)
・Swift経験5年以上:85万円 (年収1020万円)
※レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ(https://freelance.levtech.jp/service/assess/):2019年11月時点

Swift経験5年以上のフリーエンジニアの月単価の目安は85万円で、年収は1000万円以上を期待できます。ただし、単にSwift案件での経験年数が長ければ高収入につながるというわけではなく、Swift以外の経験・スキルがあることが単価・年収アップのポイントです。たとえば、Swift案件での実務経験の他、Androidアプリ開発やサーバーサイド開発などの経験があると、高単価の案件に参画できる可能性が高まるでしょう。
なお、他のプログラミング言語と単価を比べた場合、たとえばPHP案件の単価相場は43万~75万円、JavaScriptは48万~78万円です。年収に換算するとPHP案件は516万~900万円、JavaScript案件は576万~936万円で、同じ経験年数で年収を比較するとSwift案件の方が30万~100万円程度高くなっています。
            
【Swift求人・案件の市場動向・ニーズについて】
日本国内でiOSアプリの需要が急激に下がる可能性は低いため、Swiftエンジニアのニーズは今後も続くと考えられます。
Swiftの案件ではスマートフォンアプリ開発が多い傾向があり、案件によってはObjective-CのプロダクトをSwiftに移行する作業があります。そのため、Objective-C案件の参画経験があるフリーエンジニアは、業務の幅を広げられて案件の選択肢を増やせるでしょう。その他、iOSアプリだけでなくAndroidアプリも開発している企業では、Swiftの知識・スキルに加えてAndroidアプリ開発の経験があるエンジニアを歓迎する傾向があります。
            
【Swift求人・案件の必要なスキルについて】
求められるスキルは業務内容によって異なりますが、Swift求人・案件では下記の3つが例として挙げられます。

・iOSアプリの開発経験
・GitやSVNを使った開発経験
・コミュニケーションスキル

Swift求人・案件では、企画や設計、開発、運用のスキルが求められます。特にスタートアップ企業では少人数でプロジェクトを進める傾向があるため、企画から運用まで経験のある人は重宝されるでしょう。求人・案件によっては、GitやSVNを使ったソースコード管理やコードレビュー、チーム開発経験が求められることもあります。
さらに、Swift求人・案件ではディレクターやデザイナーといったプロジェクトメンバーとの連携が必要になり、こまめな情報共有が欠かせません。トラブル発生時はすぐに報告して対処法を共有するなど、積極的なコミュニケーションが求められることを念頭に置きましょう。

【Swift求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
Swiftの習得難易度は、C言語やC++、C#に比べると低いといわれており、コードがシンプルで読みやすいことからプログラミング未経験者でも習得しやすいとされています。SwiftはApple社のアプリ開発で使われていたObjective-Cの構文と似ている部分があるため、すでにObjective-Cを習得している人はSwiftの知識をスムーズに身につけられると考えられます。
プログラミング初心者がSwiftを独学で習得する際は、書籍を活用する方法があります。書籍の場合、まずは入門編のSwiftの解説書を選び、基礎を身につけてから応用にチャレンジしましょう。「早く実践的なスキルを身につけたいから」といきなりレベルの高い内容に挑戦すると、理解できず挫折する恐れがあるからです。
その他、Swiftの基礎・応用の解説サイトを活用するのも一つの方法です。学習サイトは無料で閲覧できるものもあり、書籍で学ぶ場合に比べて費用を抑えられます。文章だけでなく動画やスライドで解説しているサイトもあるので、自分に合うものを探してみましょう。なお、Swiftの基礎編は無料でも、勉強内容の難易度が高くなると月額料金がかかる、という仕組みの学習サイトもあるためご注意ください。
Swiftの独学に不安がある方は、プログラミングスクールを利用する方法があります。プログラミングスクールには通学とオンラインがあり、前者の場合、学校に行く手間がありますが、エンジニア同士の交流や講師への質問が可能で、モチベーションを保ちやすいのがメリットです。後者は場所にとらわれずプログラミングを学べ、サービスによってはオンラインで質問できるのが特長です。
プログラミング経験者の方は、書籍やWebサイトでSwiftの基礎知識を身につけたら、実際に手を動かしてみましょう。プログラミングを行えばSwiftの理解していない部分を明らかにでき、わからないところを基礎から確認すれば効率的にSwiftの理解を深められます。その他、Swiftのサンプルコードが豊富な書籍を活用し、書き写してみてわからない部分を調べるのも一つの学習方法です。
            
【Swift求人・案件の資格について】
Swift求人・案件の資格として、Apple社認定の「App Development with Swift」が挙げられます。日本国内では2019年12月から受験開始予定で、試験の運営は株式会社オデッセイ コミュニケーションズが行います。「App Development with Swift」は2018年からアメリカで実施されており、Swiftにおけるビルディングブロックの使い方、シンタックス・構造・関数などのプログラミングの基本概念、アプリ開発の基礎知識を問う試験です。なお、日本で実施予定の「App Development with Swift」は英語での試験となり、日本語版での実施は未定となっています(2019年11月時点)。試験時間は50分で、実施方式はCBTです。
試験問題の詳細は公開されていませんが、株式会社オデッセイ コミュニケーションズの「App Development with Swift」の公式サイトに学習教材や試験範囲の資料があるため、受験を視野に入れている方はぜひご確認ください。
「App Development with Swift」を取得するメリットとしては、「求人・案件のエントリー時にスキル証明の材料になる」「SwiftやiOSアプリ開発の理解度を測れる」の2つが挙げられます。エンジニアの求人・案件では経験・スキルが重視される傾向がありますが、勉強時間を確保してスキルアップを図ったことは向上心や熱意のアピール材料となるでしょう。また、これからSwiftを学ぶという方は、基礎知識が身についたか確かめたり苦手分野を把握したりする手段として活用できます。
           
【Swift求人・案件の未経験での参画について】
フリーエンジニア向けのSwift案件の場合、Swift未経験の方は参画できる案件が少ないと考えられます。企業側はフリーエンジニアに即戦力となることを期待しており、Swift案件では実務経験の有無を問う傾向があるからです。
ただし、Swift案件の経験がなくても、JavaやKotlinなどのプログラミング言語でiOSアプリやAndroidアプリを開発した経験があれば、Swift案件に参画できる可能性があります。その他、Swiftの前にmacOSやiOSアプリ開発に使われていたObjective-Cの実務経験があるフリーエンジニアも、Swift案件へ参画のチャンスがあるでしょう。

【Swift求人・案件の将来性について】
スマホアプリではiOSやAndroidが定番となっており、iOSアプリ開発の求人・案件では基本的にSwiftのスキルが求められます。スマホアプリ市場が急速に衰退する可能性は低いため、Swiftエンジニアの需要は今後も続くと予測できます。
Swift案件においては、PHPやJavaScriptなどのプログラミング言語に比べると単価は高めに設定されているのが特徴です。Swiftエンジニアのニーズがある一方で、人材確保に苦戦する企業があることが一つの要因として考えられます。Swiftエンジニアの人口は比較的少なく競争率が低いといわれているため、これからSwiftを習得しようと考えている方はチャンスといえるでしょう。
ただし、高単価のSwift案件に参画するには、先述のとおりSwiftでのアプリ開発経験だけでなくAndroidアプリ開発やサーバーサイド開発などが必要です。Swiftエンジニアとして活躍し続けるには、Swift以外の言語習得や開発経験がポイントになると考えられます。

Swiftのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているSwiftのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

関連する求人・案件
Objective-Cの求人・案件 Swiftの求人・案件特集 

他の求人・案件から探す
【Swift】iOSアプリ開発案件 【Swift】グルメ情報iOSアプリ開発案件 【Swift】ニュース配信アプリ開発発案件 【Swift】マッチングアプリ開発案件 

おすすめのキーワードから探す
Swift CentOSの求人・案件 Swift Linuxの求人・案件 Swift エンジニアの求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.