サーバー設計 の求人・案件一覧

サーバー設計を行なうエンジニアはいわゆるインフラエンジニアと呼ばれる職種です。サーバーにはメールサーバー、Webサーバ、データベースサーバーなど、さまざまな種類が存在します。このようなサーバーを機能面、コストを考慮しながら良質な設計を行なうことがサーバー設計の役割です。フリーランスのサーバー設計の求人・案件には、企業のシステムにおけるインフラ構築をはじめ多数の案件があります。また、サーバー設計には相応の資格を持っておくことも大切です。ネットワーク機器に関するcisco技術者認定資格、サーバーに関するLPI認定試験LPICなどは、サーバー設計者にとっては必須と言える資格です。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『サーバー設計の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
サーバー設計の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『個別相談会(フリーランスになりたいと考えている方向け)』
フリーランスへの転向を希望している方にとって、フリーランスというスタイルには何かと不安がつきものです。今のスキルであればどのくらいの単価の案件がマッチしているのか、税金や保険などの手続きはどうなるか、将来的なキャリアパスについてなど、さまざまな悩みが出てくるかと思います。レバテックフリーランスでは、フリーランス志望の方へ向けた個別相談会を実施しています。気になる悩みを解消した上で、納得のいく案件に参画していきましょう。

『業務委託契約書の印紙について』
業務委託契約には、大きく分けて「請負契約」と「準委任契約」の2形態があります。前者では書面に印紙を貼付する必要があり、その金額は印紙税法で定められた基準に則ります。また、後者も印紙の添付が必要な場合があります。収入印紙の貼付を怠った場合や規定の方法で割印を行わなかった場合は、過怠税という追徴税が発生する可能性があるため、十分に注意しましょう。契約書の内容に応じた金額の収入印紙を貼り、最後に割印を押すことで契約完了とみなされます。レバテックフリーランスでは業務委託契約書の印紙について、印紙の基礎知識から契約書作成の流れまで、幅広く解説しています。

『今年こそVR元年!VRコンテンツ開発の参考になる記事・スライド&VRデバイスまとめ』
近年VRの動向に注目が集まっており、とりわけゲーム業界において活発な動きを見せているようです。VRデバイスには、高性能ディスプレイや低遅延トラッキングシステムなどを利用したり、360度の3D空間や3Dオーディオ技術などを取り入れたりして、臨場感溢れる体験を可能にさせるという特徴があります。VRという分野は発展途上であるために大きな可能性を秘めており、今後さらにVRに対する関心が高まっていくであろうことが予想されます。レバテックフリーランスでは、VRコンテンツ開発をはじめ、フリーランスエンジニアの方向けに多種多様な案件情報を掲載しています。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.