業務委託 の求人・案件一覧

業務委託とは、企業に雇用されるのではなく、企業と対等の立場で自己の裁量と責任において、独立して業務を遂行する働き方です。業務の遂行自体を契約内容とする委任契約と、発注者に対して一定の納品物・成果物の完成義務を負う請負契約の2つの形態に分かれます。(個人)側のメリットとしては「成果が直接収入につながるため、働きに見合った高収入を見込める」「スケジューリングが自由になる」ことなどが挙げられます。経験を積んでエンジニアスキルを高めることで、実力に応じた収入を得ることが可能になります。また、案件によって多少の制限はあるものの、休暇や作業時間を自分で調整することもできるようになります。保険や年金は個人での負担となりますが、エンジニアスキルを高め、単価を上げることで充分対応できるでしょう。企業側にも、ニーズに応じて必要な開発リソースを速やかに確保できるという利点があり、双方にとって自由度の高い働き方といえます。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【業務委託】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

業務委託とは

業務委託契約は、特定の仕事を処理することを目的とする契約であり、仕事の成果物や納品物の完成責任の有無により、請負型と準委任型の2つの形態に分かれます。民法上では「業務委託契約」について直接の規定はなく、業務委託の契約の多くは民法の「委任契約」または「請負契約」にあてはまります。業務委託で契約する際は、事前に契約内容が法律に抵触していないか注意して確認しましょう。IT業界においては業務委託契約も、雇用契約と同様、企業と個人との間で締結されることも多いですが、業務範囲が包括的である雇用契約とは異なり、業務内容が契約時点で特定され、かつ、その業務に対して報酬が支払われるなどという違いがあります。請負型が業務の発注に対して完成義務を負う一方、準委任型は業務の遂行に必要な注意義務を負えばよいとされています。また、雇用契約と異なり、委託者(クライアント・顧客企業)には指揮命令権がないため、業務環境や業務時間、また作業場所や開発方法などの業務の進め方についても基本的に受託者が自由に選択でき、特定の開発環境での作業が必要な一部の顧客常駐型の案件でなければ、業務に用いる機材も普段使い慣れたものを使用できたり、在宅で業務を行ったりすることもできます。ただし、企業に直接雇用されている社員とは異なり、労働基準法などの労働者を守る法律の対象外となります。また、税金の申告も自ら行う必要があるため、会計の基礎知識も求められることがあります。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

オススメの求人・案件一覧

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.