• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Scalaの案件をご覧の方へ

Scalaは、2003年に開発されたプログラミング言語です。実際にレバテックフリーランスでは以下のようなScala求人・案件が見受けられます。
・ECサイト開発
・ポータルサイト開発
・ビッグデータ解析ツールの作成
・データベースの設計、開発
・サーバーサイドの追加開発
・スマホ向けゲームの改修、機能追加

Scalaは「関数型言語」「オブジェクト指向言語」という2つの特徴を持つプログラミング言語で、フレームワークの例はPlay FrameworkやLiftなどです。ScalaはJavaと互換性があり、ScalaでJavaのメソッドを呼び出したり、Scalaで書いたクラスをJavaに継承したりできます。Scalaは「コンパイル時にエラーを検出できる」というJavaの長所を受け継いでいるほか、Javaの半分程度の量でコードを記述できるのが特長です。Scalaの実行速度は、Javaと同等の水準といわれています。
そのほか、Scalaには機能を改善・更新しやすい、バグが少ないといったメリットがあり、大規模サービスやスピードが求められる開発の案件で使われる傾向があります。さらに、比較的簡単に記述できる、並行処理の機能や単体テストのライブラリ機能が搭載されているという点もScalaのメリットです。

【Scala求人・案件の必要なスキルについて】
Scalaの求人・案件で求められるスキルは企業や仕事内容によって異なりますが、以下の例が挙げられます。
・ScalaやJava、Kotlin、JavaScriptなどでの開発経験
・Linux環境での開発経験
・要件定義やマネジメントの経験

データ分析やECサイト開発、ポータルサイト開発などのScala求人・案件では、ScalaのほかJavaやKotlin、JavaScriptといったプログラミング言語でのシステム設計、開発経験が求められる傾向があります。Scala以外での開発経験の年数を「1年以上」「3年以上」と指定する企業もあるため、より多くの言語で経験・実績を積むことで、フリーエンジニアとしてScala求人・案件の選択の幅を広げられるかもしれません。
要件定義やマネジメント経験については、実際にレバテックフリーランスのScala求人・案件では以下のようなスキルを求めることがあります。

・数名のチームでチームビルディングをした経験
・開発プロジェクトでプロジェクトマネージャーとして働いた経験
・要件定義を担当した経験
・クライアント、ビジネスサイドなどのステークホルダーとの折衝経験
・非エンジニアの要望を聞き、仕様案を作成した経験
・新しい技術動向やツールなどの情報をキャッチアップし、導入について提案するスキル

要件定義やマネジメント経験を必須とするScala求人・案件もあれば、「歓迎スキル」として提示する企業もあります。クライアントへの提案・交渉やプロジェクトマネジメントを行う機会がある際は、積極的にチャレンジしておくと、Scala求人・案件において業務の幅を広げられるかもしれません。ただ、求めるスキルは企業により異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

【Scala求人・案件の将来性について】
Javaと互換性がある、関数型プログラミング言語でありながらオブジェクト指向言語でもある、コードの記述量を減らして効率的に開発できる、といった特長から、Scalaは注目を集めているプログラミング言語の一つです。Scalaを習得するとWebサービス開発やデータ分析、ゲーム開発などの求人・案件に参画できる可能性があり、これらの開発案件が急激に減る可能性は低いため、Scalaは将来性のある言語といえるでしょう。
そのほか、「コードが読みやすい」「バグが少ない」などの理由から、案件の中には、JavaやPHPといったほかの言語からScalaに移行する業務があるようです。これまでJavaやPHPのフリーエンジニアとして活動してきた方は、Scalaを習得することで求人・案件の選択肢を増やせるかもしれません。
Scalaを習得するためには関数型プログラミングとオブジェクト指向の両方を理解する必要があり、学習難易度は高い傾向があります。学習のハードルが高い分、Scalaの知識・スキルを身につけているフリーエンジニアは、案件参画時に重宝されると考えられます。

Scalaのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているScalaのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年12月時点の内容です。

他の求人・案件から探す
【PHP/Go/Scala】新規/既存Webサービス開発案件 【Scala 】コミュニケーションツール開発案件 【Scala】アドテクシステム開発案件 【Scala】広告配信システム開発案件 【Scala】大規模広告システム開発案件 【Scala】大規模広告システム開発案件 【Scala】大規模広告システム開発案件 【Scala/Go】広告システム開発案件 

おすすめのキーワードから探す
Scala 関西の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?