WPF の求人・案件一覧

WPFはマイクロソフト社が提供しているソフトウェアコンポーネント、およびプログラムで利用するためのプログラムインターフェースを指します。それまではバラバラに提供されていた図形描画、音声、動画などの処理機能を統一的なAPI体系で統一できることが特徴です。WPFを利用することで、様々なプログラミング言語でWebページのように直感的な画面レイアウトをおこなうことができます。フリーランスの場合、求人・案件自体は多くはありませんが、アプリ開発や社内システムの開発・再構築で需要があります。その際、同時にC#スキルを求められる場合が多いので、C#と平行してスキルを習得しておくことが肝要です。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『WPFの求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
WPFの求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『案件提案サービス』
いざフリーランスとなって活動を始めると、自分に合った案件探しで行き詰まってしまう事もあるでしょう。そこでレバテックフリーランスでは、エンジニアのスキルやご要望に合わせて最適な案件を提案するサービスを行っています。また案件が決まった後も、参画に向けてのスケジュール調整や、参画後のアフターフォローも実施。フリーランスのエンジニアとして、ご自身の市場価値に合った案件をお探しの方におすすめのサービスとなっています。

『プログラマの自己PRについて』
案件参画において必要になるのが自己PR。プログラマとしてどのようなPRが効果的と言えるのでしょうか?参画先の企業に好印象を与える話し方、プログラマとしておさえておきたいスキル・資格など、知っておくと役立つポイントをご紹介します。またプログラマの中には「コミュニケーションが苦手」という方も少なくありません。イメージトレーニングに効果的な自己PRの例文なども掲載していますので、是非チェックしてみてくださいね。

『個人事業主になる前に押さえておきたい知識と手続き』
フリーランスとして独立する際、個人事業主になるのか、それとも法人として起業するのかの選択が必要になります。個人と法人ではそれぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが自分にとって適しているのかを見極めて選ぶことが大切です。個人事業主のメリットには、登記などの費用が不要で手続きも簡単であることが挙げられます。さらに、税金や会計の手間も法人より容易であることもメリットの一つです。一方で社会的信用の獲得に時間が掛かるといったデメリットもあるため、そのような情報も把握しておくことが必須と言えます。レバテックフリーランスには、このような知っておくべき情報が豊富に掲載されていますのでぜひご覧ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.