• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

希望する案件が見つからない方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

IMSの求人・案件の傾向について

IMSとはIBM社により開発されたメインフレーム専用のデータマネジメントシステムです。トランザクション処理システムのIMS TMと階層型モデルのDBMSであるIMS DMで構成され、専用OSのMVSやOS/390、z/OSのみで稼働します。主に大規模な業務系システムの求人・案件を中心に経験やスキルが求められます。フリーランスのDBエンジニアとしてIMSを用いたシステム開発に携わる方も多く、活躍の分野は金融や運輸、製造業界など大手企業が中心です。なおプロフェッショナル資格認定試験は、今後DBエンジニアとして活躍する上で取得しておきたい資格と言えます。

その他の求人・案件を探すOTHER

IMSについて

IMSはInformation Management Systemの略称で、IBM社がリリースしたメインフレーム専用のデータベース管理システムです。
IMS DMとIMS TMで構成されており、同社のメインフレーム専用OSであるMVSやOS/390、z/OSで稼動します。
IMSはデータベースが階層型データモデルであるため、レスポンスタイムを正確に見積もることが可能です。参照頻度の高いDBテーブルをメモリ上に展開したり、修正したいプログラム単体での呼び出しや適用などにも対応しています。また、強力なトランザクション処理を行えることにより、IMSは現在も世界中の銀行ATMなどに利用されています。
IMSで開発を行う際にはデータ照会言語DL/Iを用います。運用管理にメインフレームの知識を求められることから、IMSエンジニアになるためには相当の学習量が求められます。IBMプロフェッショナル資格認定試験の中にはIMSやDB2に関する内容も含まれており、DBエンジニアとして活躍するなら、習得しておきたい資格のひとつです。
IMSを用いた求人・案件は、基盤の構築・運用・保守からシステムのバージョンアップまで、業務系を中心に数多くあります。さらに、IBMホスト環境での構築経験があるフリーランスの方はIMSを利用した求人・案件で有利でしょう。

よく見られているお悩み相談はこちら
エンジニアの資格 ITコンサルタントの資格について フリーランスの仕事内容とは

他の求人・案件から探す
GWTの求人・案件 ITアーキテクトの求人・案件 AS/400の案件

おすすめのキーワードから探す
システムサポートの求人・案件募集 セキュリティコンサルの求人・案件募集 社内情報システムの求人・案件募集

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?