ストレージエンジニア の求人・案件一覧

ストレージとは通電しなくてもデータを記憶できる装置のことを指します。ハードディスクやUSBメモリ、DVDなどがこれに該当し、コンピュータで使用するデータを長期的に保存したい場合に用いられます。このストレージを取り扱えるプロフェッショナルがストレージエンジニアです。近年、クラウド型のストレージが企業に導入され始め、それに伴いストレージエンジニアの需要も高まっています。ストレージ関連の求人・案件では各種OSやサーバに関する知識が求められるケースが多くあります。フリーランスのストレージエンジニアとして活躍したい方は、SNIA資格やCompTIA Storage認定資格を取得しておくと良いでしょう。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『ストレージエンジニアの求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
ストレージエンジニアの求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『無料イベント』
レバテックではヒカラボという無料イベントを開催しています。技術者向けのセミナーや勉強会がメインとなっており、人気SNSの活用術、最新技術のキャッチアップなど、トレンドをしっかりつかめる内容が多数。また著名なエンジニア・デザイナー・経営者が登壇する講演も定期的に開催されています。業界の最新情報を逃したくない方、技術者同士のコミュニティを広げたいとお考えの方は、是非イベント内容をチェックしてみてください。

『プログラマのキャリアパス・キャリアプラン』
プログラマ業界のキャリアパスが気になる方も多いのではないでしょうか。「35歳定年説」という響きに不安を覚えるかもしれませんが、この言葉を正しく解釈することで理想的なキャリアプランを導き出せることでしょう。35歳ごろまでに、プログラマとして豊富な実務経験を積み重ねておくと、マネージャ職やエキスパート職へとキャリアアップできる可能性があります。レバテックフリーランスには、プログラマのキャリアプランに関してまとめたコンテンツもあるので、この機会にぜひご利用ください。

『フリーランス(個人事業主)が賃貸事務所を借りる上で注意すべき5つのポイント』
会社員に比べて収入が安定しないフリーランスは、入居審査上不利な立場にあり、賃貸契約が難しいとされています。しかしフリーランスにとっての賃貸契約は決して不可能ではありません。レバテックフリーランスでは、専用の事業所を借りるために必要な事項をご紹介。書類や保証人の準備をはじめ、賃貸より気軽に借りられるレンタルオフィスの存在など、知っておけば得する情報を集めています。これから事業拡大などで事務所の契約を考えている方はチェックしてみましょう。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.