人工知能 の求人・案件一覧

ここ数年、IT業界で注目を集めているもののひとつに人工知能(AI)があります。人工知能(AI)は人間の脳のはたらきを模倣し、言語のやりとりや作業をおこなうソフトウェア・およびシステムを指します。外国語の翻訳や画像認識、音声理解など、日常のさまざまな分野に人工知能は活用されています。またSF小説や映画にも人工知能を搭載したロボットなどが登場し、未来的で夢のある分野です。人工知能はC++やPythonで記述されることが多いですが、環境によってはJavaやRubyでの記述も可能です。人工知能におけるフリーランスの求人・案件には、コミュニケーションアプリやロボットの開発、また金融機関で顧客の情報を調査し、与信判断をおこなうシステム開発などがあげられます。人工知能は専門性のとりわけ高い分野なので、日々スキル向上や情報収集を怠らないことが肝要です。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『人工知能の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
人工知能の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『案件提案サービス』
いざフリーランスとなって活動を始めると、自分に合った案件探しで行き詰まってしまう事もあるでしょう。そこでレバテックフリーランスでは、エンジニアのスキルやご要望に合わせて最適な案件を提案するサービスを行っています。また案件が決まった後も、参画に向けてのスケジュール調整や、参画後のアフターフォローも実施。フリーランスのエンジニアとして、ご自身の市場価値に合った案件をお探しの方におすすめのサービスとなっています。

『テストエンジニアの資格について』
テストエンジニアは、システム開発においてさまざまなテストを行い不具合を検証する職種です。生活のあらゆるものが機械化し、より精密になっていく現代社会で、不具合を未然に発見するテストエンジニアの存在はとても重要です。テストエンジニアとなるためには、具体的にどのような資格が求められるのでしょうか?ここでは技術力の証明として持っておきたい資格や知識、バグの原因を切り分け適切な対処をするためのスキルなどをご紹介します。

『フリーランス?会社員?悩めるITエンジニアに贈る、それぞれの働き方のメリット比較』
フリーランスと会社員には、それぞれ良いところがあります。例えばフリーランスにおいては、裁量が大きい、時間に縛られない、多様な現場を経験できるといったことが利点として挙げられるでしょう。一方会社員のメリットには、社会的信用、安定した収入、教育環境の充実といった要素があります。ただし、責任の大きさや人間関係など、フリーランス・会社員双方であまり変わらない点もあるようです。近年はフリーランス期間を経て再就職するケースも多いので、一度フリーランス転向という選択肢を考えてみるのも良いかもしれません。レバテックフリーランスでは、自身のワークスタイルに悩んでいる方向けに個別相談会を実施しているので、お気軽にご利用ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.