• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

Wicketの求人・案件の傾向について

WicketはJava用軽量フレームワーク。オブジェクト指向、コンポーネント指向であることが特徴です。JavaフレームワークではStrustが主流でしたが、近年はWicketをはじめとした、SpringやSeasar2、JSF、Play Frameworkなどの軽量フレームワークに注目が集まっています。携わりたい求人・案件に沿ったフレームワークの習得がおすすめです。

Wicketについて

WicketとはApache Software Foudationが開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークです。Javaのフレームワークといえば「Struts」が有名ですが、Javaの軽量フレームワークの元祖といえば、Apache Wicketではないでしょうか。
Wicket最大の特徴は、Javaのオブジェクト指向言語の機能を最大限に引き出し、活用できるように作られているところです。
従来のフレームワークでは、エンジニアが書くソースコードをいかに減らすかに重点が置かれていましたが、WicketではほとんどをJavaで記述します。しかし、作成するものはページテンプレートのHTML、ソースコード、設定ファイルのweb.xmlとごくわずかです。HTMLでは処理や特殊なタグを埋め込むことなく、専用の属性を追加するのみで、残りは全てJavaで書くことが可能です。そのため様々な異なる種類のファイルを作成する手間がなく、Javaプログラマには当たり前とも言えるコンポーネント中心の開発スタイルといえます。

よく見られているお悩み相談はこちら
フリーランスの仕事内容とは アプリケーションエンジニアの資格について SE(システムエンジニア)の仕事内容

他の求人・案件から探す
Notesの案件 Sybaseの求人・案件 情報セキュリティスペシャリストの求人・案件

おすすめのキーワードから探す
ゲームプログラマの求人・案件募集 汎用機 開発の求人・案件募集 東京 C++の求人・案件募集

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?