JUnit の求人・案件一覧

Java開発を中心とする案件に欠かせないJUnit。開発フェーズの単体テストを実行するために用いられるフレームワークです。
JUnitのスキルを求める求人・案件には、JavaサーバーサイドエンジニアやJava系プログラマなどがあります。IT/Web業界で求められることが多いスキルといえるでしょう。
また、その作業内容は非常に幅広く、参画先のプロジェクトによって様々です。組込みシステムといったローエンドからスーパーコンピュータや大規模システムなどのハイエンドまで広範囲に渡ります。
Javaと共に必要とされるJUnitですが、データベース設計の経験やWebアプリ開発経験などを求められることもあります。JUnitのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているJUnitのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【JUnit】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

JUnitについて

JUnitは、Javaで開発されたシステムの単体テストを行うフレームワークとして誕生しました。Smalltalk向けのユニットテスト用フレームワークであったSUnitをベースとしており、その開発者でもあるケント・ベック氏がメインとなって開発されています。
JUnitはプログラムを作成した後、すぐにテスト段階に入ることが可能です。テスト成功後にコードをサンプリングでき、それ以降のデバッグがひと目で分かります。オリジナルのテストコードを使ったテスト作成を行う必要がないことも、JUnitの利点といえるでしょう。
デメリットとして、仕様変更の度にテストコードを作り直す必要があることや、テストコードの作成にかかる時間が長いことなどが挙げられます。しかし、IDEを用いることで作成スピードを早めることができ、再作成の段階で起こるタイムロスを軽減可能です。また、テスト駆動開発ではテストコードを仕様として捉えるため、問題がなく進められることがあり、エクストリーム・プログラミングを用いる求人・案件で求められるスキルといえるでしょう。
JUnitだけの利用ではなく、EclipseやApache Antなどのプラグインとして利用される求人・案件もあり、テストフェーズが重要視される開発で用いられることがほとんどです。また、その他のフレームワークとしては、テストコンテキストといった特徴を持つxUnitがあります。JUnitのフリーランス求人・案件ならレバテックフリーランスにお任せ下さい。

よく見られているフリーランス(個人事業主)向けのお悩み相談はこちら
インフラエンジニアの仕事内容 プロジェクトリーダーの仕事内容 テストエンジニアの資格について

他の求人・案件から探す
MotionBuilderの案件 QAエンジニアの求人・案件 Delphiの求人・案件

おすすめのキーワードから探す
エンジニア 短期 派遣の求人・案件募集 ゲームプログラマの求人・案件募集 東京 SEの求人・案件募集

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.