• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

都道府県を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

エンジニアをお探しの企業様へ

  • すぐ戦力になる開発経験が豊富なエンジニアが最短一週間で参画可能!

詳しくはこちら

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

ERPの求人・案件の傾向について

ERPは、企業の経営基幹である受注管理・販売管理・生産管理・在庫管理・会計などを一貫してサポートする情報システムの統合パッケージです。
企業における部門別の業務システムをERPに一括統合させることで、正確な数値を算出できるようになります。
近年、ERPの求人・案件が増加している背景には、業務効率化を図りコスト削減に繋げるといった目的があります。
企業がERPを導入することによる利点は、部門別の情報共有がスムーズになる
、企業全体での共有情報を一元管理することにより経営資源の無駄を防止する、
部門別の業務システムを各々構築するより短期間・低コストで統合業務システムを導入することなどがあげられます。

ERPの案件をご覧の方へ

ERPは、Enterprise Resource Planningの頭文字を取ったもので、日本において統合基幹業務システムおよび統合業務パッケージと呼ばれています。

発売当初は製造業向けの情報システムパッケージとして活用されていましたが、近年は中小企業における導入も増加しています。
その要因として、これまで欧米製のERPが主流とされていましたが、同レベルの日本製ERPが市場に登場したことと、以前よりも安価な投資額で導入することができるようになったことが挙げられます。

さまざまな情報を一括統合・管理することで業務の生産性が上がるため、今後経営管理や業務管理のための基幹系システムの中心としてますます広く活用されると考えられます。
なお求人・案件において、一般的に「ERP導入コンサルタント」や「ERP開発エンジニア」という職種名で募集されています。多く見られる業務内容は以下のようなものです。
・クライアントへ対するERPパッケージ導入の提案
・ERP導入におけるシステム設計、開発、保守、運用
・ERPパッケージの新規製品提案および開発

そのほか以下のスキルや経験があると、ERP導入や新規開発の求人・案件において歓迎されるでしょう。
・ERPパッケージ導入によるコンサルタント経験
・BASIS業務経験
・会計、販売、在庫、生産に関する業務管理の経験または同等の知識

フリーエンジニアお役立ち情報
ERPエンジニアとは?仕事内容や必要スキルを解説 

他の求人・案件から探す
【ERP】ERP導入支援案件 【ERP】公共系ERP導入案件 【Java】ERP改修案件 【PMO】大手メーカー向けERP導入支援案件 【上流】大手ERPパッケージシステム開発コンサル案件 メーカ向けERP導入支援業務/ジョブ作成業務案件 経理ERPシステムインフラ案件 大手マーケティング広告事業会社向けERP導入案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.