仮想化 の求人・案件一覧

仮想化とは1台のサーバコンピュータを分割・統合し、物理的な構成にとらわれず柔軟に機能させる手法です。仮想化にはいくつかの種類があります。「サーバ仮想化」は、1台のサーバから複数の仮想サーバを分割させて利用します。「ストレージ仮想化」は、複数のディスクを1台のディスクとして大容量のデータを保存します。企業ではコスト削減のために仮想化対応を考えるところも多く、フリーランスにとって求人・案件の需要は一定数存在します。特にネットワークエンジニアの知識やスキルがある方は、仮想化を含めたシステム構築、ネットワーク構築など業務範囲が広がりますので、アピールの際は大きな強みとなるでしょう。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『仮想化の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
仮想化の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『ご利用のメリット』
レバテックフリーランスを利用するメリットは、業界最大級の案件保有数にあります。また高単価の案件も多いので、数多くの魅力的な案件からご自身にマッチしたものを選ぶ事ができます。さらに業界動向を熟知したカウンセラーが、案件探しから参画後のサポートまでを担当。現在のスキルをカウンセリングし、今後のスキルアップ・キャリアプランのご相談にも応じます。豊富な案件数、そして万全のバックアップ体制が、多くのエンジニアに支持されている理由です。

『業務委託の種類(委任と請負の違い)について』
フリーランスを始めると、「業務委託」という言葉を聞く機会が増えてくるかもしれませんね。業務委託契約には委任契約と請負契約の2種類があるので、企業と契約する際にどちらの契約なのか確認しておくことが大切です。委任契約は作業を遂行することが中心となる契約方法で、作業時間や期間による報酬が決められます。請負契約に関しては、ひとつのプロジェクトや製品などの中で担当する作業を完了させることで報酬が支払われます。こういった細かな違いや注意するべき点について詳細にまとめたコンテンツが、レバテックフリーランスには豊富に揃っています。

『近年注目を浴びている在宅プログラマーの働き方について』
プログラマーは、システム開発・アプリ開発において設計書を基にプログラム言語を用いたプログラム作成を行います。そんなプログラマーの働き方として今注目を集めているのが在宅プログラマーです。在宅プログラマーは、時間や場所に拘束されず作業ができるというメリットの他、高報酬や将来性も期待できることから在宅ワークの中でも高い人気を誇ります。しかし案件で求められる要件も高く、常に技術や知識を習得するなどの努力も不可欠です。レバテックフリーランスでは、在宅プログラマーを始める際に必要な情報を豊富に掲載。在宅プログラマーを始めとする様々な案件も保有しており、ピッタリの案件をご紹介いたします。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.