オフショア開発 の求人・案件一覧

オフショア開発とは、システムやソフトウェアの開発を海外の会社に委託することを指します。企画や設計などは自社でおこない、実装やテストなど一部を委託するケースも少なくありません。先進国の別会社に委託するよりも大幅に人件費を削減できる事がメリットですが、言語や文化の違いにより、連携に齟齬が発生すると、コストメリットを打ち消してしまうこともあります。対照的に、同じ国内で人件費の安い会社に委託することをニアショア開発と呼びます。フリーランスにおけるオフショア開発の求人・案件は、海外との折衝を行なうブリッジSEをはじめさまざまな案件があります。英語、中国語など、語学が堪能であれば有利となるでしょう。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『オフショア開発の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
オフショア開発の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『テクニカルカウンセラー紹介』
フリーランスのエンジニアやデザイナーに対し、本人の希望に見合った案件の提案を行うテクニカルカウンセラー。フリーランスの方々に快適な環境を提案するために、カウンセリングでは技術面はもちろん、趣味や日常生活など、エンジニアやデザイナーのパーソナリティにも着目しながらお話を伺います。また、エントリーを希望される案件を企業担当へ伝え、エンジニア・デザイナーを企業へ推薦します。レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアの方の案件探しから参画中のフォローまでサポートいたします。

『システムエンジニアの資格について』
システムエンジニアになるために不可欠の資格はありませんが、取得することでスキルを測る際の目安となる資格はいくつかあります。その1つが、国家資格である「情報処理技術者」です。ベンダー資格としては、「オラクルマスター」や「Linux技術者認定」、「シスコ技術者認定」などが挙げられます。また、それらの資格に加えて、コミュニケーション力、問題対処能力、自己管理能力といった資質面でのスキルも大切になります。レバテックフリーランスでは、システムエンジニア向けの資格の種類から取得方法まで、幅広く紹介しています。

『個人事業主になる前に押さえておきたい知識と手続き』
フリーランスとして独立する際、個人事業主になるのか、それとも法人として起業するのかの選択が必要になります。個人と法人ではそれぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが自分にとって適しているのかを見極めて選ぶことが大切です。個人事業主のメリットには、登記などの費用が不要で手続きも簡単であることが挙げられます。さらに、税金や会計の手間も法人より容易であることもメリットの一つです。一方で社会的信用の獲得に時間が掛かるといったデメリットもあるため、そのような情報も把握しておくことが必須と言えます。レバテックフリーランスには、このような知っておくべき情報が豊富に掲載されていますのでぜひご覧ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.