オブジェクト指向 の求人・案件一覧

オブジェクト指向とは、ソフトウェア開発において、開発する「モノ」に重点を置くことを意味します。データの集合体でできた「モノ」と、「モノ」を操作するメソッドを組み合わせをオブジェクトと呼んでいます。あらゆる機械に活用されており、電子レンジやテレビなど、専門的な知識がなくても外側からボタンやスイッチを押すことで、コンピュータが指令を受けて適切な反応をおこないます。このようなプロセスを作り出すことがオブジェクト指向です。オブジェクト指向の求人・案件は多く、フリーランスが活躍できるものが充実しています。企業のシステム開発はもちろん、iOS、Androidアプリの開発でも需要があるスキルです。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『オブジェクト指向の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
オブジェクト指向の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『ご利用の流れ』
フリーランスとしてデビューしたばかりの方、またこれからデビューを考えている方にとって、案件探しや参画について不安をお持ちの方も多いかと思います。これからのキャリアプランを模索する上で、レバテックフリーランスを利用するメリットは数多く存在します。現在の状況やご要望をカウンセリングにて分析し、フリーランス参画実績が多い企業の案件もご提案できます。参画中もコーディネーターによるバックアップで、フリーランスの活動をしっかりとサポートします。

『システムエンジニアの資格について』
システムエンジニアになるために不可欠の資格はありませんが、取得することでスキルを測る際の目安となる資格はいくつかあります。その1つが、国家資格である「情報処理技術者」です。ベンダー資格としては、「オラクルマスター」や「Linux技術者認定」、「シスコ技術者認定」などが挙げられます。また、それらの資格に加えて、コミュニケーション力、問題対処能力、自己管理能力といった資質面でのスキルも大切になります。レバテックフリーランスでは、システムエンジニア向けの資格の種類から取得方法まで、幅広く紹介しています。

『フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト』
エンジニアとしてのキャリアを積んでいくと、選択肢として浮かんでくる「フリーランス」という働き方。しかし、いざフリーランスになろうと思っても、実際にどんなことをすれば良いのかよく分からないことが多いですよね。例えば、会社の健康保険・厚生年金から国民健康保険・年金へ切り替える必要があったり、青色申告をするなら個人事業の開業届出書を作成しなければならない、といったことはご存知でしょうか。そのほか、会計管理の環境を整えたり、勉強会に出て人脈を広げたり…などなど、やっておきたいことはたくさんあります。レバテックフリーランスでは、そのようなお悩みに答えるコンテンツも幅広く用意しています。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.