フリーランスは楽しすぎ?現実や楽しいとされる理由、後悔しない方法を解説

この記事でわかること
  • フリーランスは楽しすぎる働き方なのか
  • フリーランスが楽しい・大変といわれる理由
  • フリーランスを楽しめる人と楽しめない人の違い

「フリーランスは楽しすぎと聞くけど本当?」と思っているなら良い状態だといえます。実際、楽しいかどうかは個人の適性や状況によるからです。したがって、重要なのは自分がフリーランスを楽しめる特徴を持っているかを見極めることだといえます。

この記事では、フリーランス登録者数No.1のレバテックが、楽しい面と大変な面や楽しめる人の特徴などを解説します。自分にとってのより良い働き方が見つかり、将来後悔するリスクを下げられること間違いなしなので、ぜひ参考にしてください。

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

フリーランスが楽しすぎるかどうかは価値観や状況次第

フリーランスが楽しすぎるかどうかはその人の価値観や状況次第です。フリーランスは会社員と比べて不安定な面がありますが、自由を重視する人にとっては満足度の高い働き方です。

一方で、安定した生活を望む人にとって自由度の高さはメリットにならず、会社員が向いているでしょう。

また、自分の希望でフリーランスになっても、「収入が低すぎる」「営業が失敗続き」といった状況では、楽しさを感じられません。実際に、「事業が軌道に乗るまでは全然楽しくなかった」という人は多くいます。

このように、フリーランスを楽しめるかどうかは、その人が理想とする働き方や生活のほか、置かれた状況に左右されます

希望に合う案件を紹介してもらう

会社員よりフリーランスが楽しいといわれる理由

フリーランスが楽しすぎるといわれる主な理由は、自由度の高い働き方や実力次第で稼げることです。フリーランスは、自分の好きな時間に仕事ができます。会社のような年控序列もないため、スキルによって制約なく収入を上げられるでしょう。

フリーランスが楽しいといわれる理由3つを紹介していくので、独立後のイメージを固めてください。

自由な場所・時間で仕事ができる

作業時間や作業場所の指定がない案件であれば、フリーランスは自分の好きな場所と時間で働けます。案件次第ですが、自宅はもちろんカフェや旅行先での作業も可能です。

時間の制約もなく、仕事がはかどる日は長めに作業し、プライベートの予定がある日は早めに仕事を切り上げられます。

実力次第で単価・収入アップできる

フリーランスは会社員と違って給与の上限がなく、実力次第で条件の良い案件を受注し収入アップできます。実力があれば若くても高収入を実現でき、同年代の会社員より大幅に稼げます。実際、レバテックフリーランス利用者の平均年収は876万円です。

仕事をする相手が選べ人間関係の悩みが少ない

フリーランスは個人で活動するため、会社員と比べて人間関係の悩みが少ない傾向にあります。もちろん、フリーランスもクライアントとコミュニケーションは必要です。しかし、働く相手を選べるので、人付き合いのストレスを減らせる動きをとれます

会社の壁なく仕事をするため、さまざまな相手と関わり人脈を広げられるのもメリットです。

希望に合う案件を紹介してもらう

楽しいだけではないフリーランスの大変さ

フリーランスを目指す人は、楽しい面だけでなくフリーランスの大変さも知っておく必要があります。フリーランスは会社員と働き方が大きく異なるため、実態を知らないと独立後に後悔する恐れがあるからです。

たとえば収入が不安定なフリーランスは、会社員と比べて将来の不安を抱える人が多い傾向にあります。また、営業や事務作業をすべて自分で行う苦労もあります。

フリーランスの大変さを9つ紹介していくので、フリーランスを目指すか改めて確かめていきましょう。

収入が安定しない

フリーランスは会社員と違い毎月の給与の保障はありません。特に駆け出しで実績がないうちは、単価の低い案件しか受注できず苦労する人が多い傾向にあります

実際、収入が安定しないことで将来に漠然とした不安を抱くこともあるでしょう。若い世代では、「結婚できるのか」「マイホームを購入できるのか」といった悩みを持つ人も少なくありません。

フリーランスは増加しており職種によって案件獲得が大変

近年、フリーランスは増加傾向にあり、職種によって案件獲得が大変です。「フリーランス実態調査結果」によると、国内のフリーランスの試算人口は462万人でした

最近、フリーランスの数はさらに増加傾向にあるとされ、背景として以下の要素が考えられます。

  • 働き方改革による副業解禁の影響
  • DXの需要増やIT人材の人手不足
  • 働き方に対する価値観の変化

フリーランス人口が増えると、職種やスキルによっては案件の獲得が難しくなります。現状については、以下の記事をご覧ください。
フリーランスは増えすぎ?増加の背景や案件を獲得する方法などを解説

案件探しに苦労する場合は、フリーランス向けのキャリア相談や案件紹介を行うレバテックフリーランスをご利用ください。レバテックフリーランスでは、ITエンジニア案件を提案し、フリーランスの安定収入をサポートしています。
CTA

自分で営業や事務作業、トラブル対応をする必要がある

フリーランスになると、営業や経理作業をすべて自分で行います。報酬が支払われないといった取引先とのトラブルにも、自力で対応するのが基本です。

特に、確定申告にあたっては売上や経費の管理が欠かせず、事務作業が苦手な人は慣れるまでに苦労するかもしれません。作業を楽にするには、エージェントの活用でトラブルを防ぐ、会計処理に会計ソフトを活用するといった工夫が求められます

一人で仕事をする孤独感がある

フリーランスには、何かあっても周りが助けてくれない孤独感があります。会社員であれば、上司に相談したり、業務を手伝ってもらったりできます。しかし、フリーランスは体調を崩しても誰も手伝ってくれません。

働いた分だけ収入を増やせるのは、フリーランスのメリットです。ただ、すべてを一人でこなすことを考えると、案件の受注量には注意する必要があるでしょう

会社員と比べると社会保障が手薄

フリーランスは会社員と違い、厚生年金や雇用保険、労災保険に加入できません。フリーランスの国民健康保険は会社員の健康保険と違って傷病手当金がなく、病気で働けなくなると収入が途絶えてしまいます。

また、何も対策しないとフリーランスには退職金がないので、老後の生活に不安を抱えがちです。フリーランスは保障が手薄な分、自分自身で貯蓄したり、個人型確定拠出年金を活用したりと、対策を行う必要があります

会社員と比べると社会的な信用が低い

会社員と比べて社会的な信用が低いことも、フリーランスが苦労する点です。フリーランスは収入が不安定なため、会社員よりも住宅ローンやクレジットカードの審査に通りにくい面があります

また、交際相手の親に働き方を理解してもらえず、結婚の話がまとまらないのもよくあるケースです。信用を得るには、事業を安定させて一定の収入を継続して得る必要があるでしょう。

スキルを伸ばすのに自主的な努力が必要

会社員の場合、会社が研修を用意する場合もありますが、フリーランスは自分で手配しなければいけません。もちろん、業務への参加自体がスキルアップになりますが、それ以外の成長の機会は自主的にする必要があります。

さらに、スキルを上げるには今までに経験したことのない案件への挑戦が必要です。しかし、「生活を考えると失敗の恐れがある案件は受注できない」というジレンマを抱えるフリーランスも多いようです。

決まった休みがない

フリーランスは自由度の高い働き方ですが、会社員のように決まった休みがありません。案件を多く受注すると、「忙しくてなかなか休みがとれない」という事態になりがちです。

自由度が高い分、意識的に仕事量をコントロールしないと過労で体調を崩すこともあるでしょう。フリーランスの生活を楽しむには、自分で案件の量や進捗をしっかり管理する必要があります

チームの人間関係に悩むこともある

フリーランスの案件は大きく分けて「在宅型」と「常駐型」の2つです。このうち、在宅型は一人で作業しますが、常駐型はクライアントのオフィスでほかのメンバーと一緒に作業します。

そのため、現場によっては人間関係に悩むこともあるでしょう。フリーランスは人付き合いのストレスが少ないとはいえ、案件によっては人間関係に気を配る必要があります。

希望に合う案件を紹介してもらう

フリーランスの仕事を楽しめる人の特徴

フリーランスを楽しいと感じるかどうかは、性格や考え方に左右されます。たとえばフリーランスは会社員と違って収入が安定しませんが、困難な状況を楽しめる人にはぴったりの働き方です。

ここでは、フリーランスの仕事を楽しめる人の特徴を紹介します。フリーランスになるか迷う人は、独立を決める前に自分の適性を見極めましょう。

困難を乗り越える精神的な強さがある

大変なことがあっても諦めない強さがある人は、フリーランスに向いているでしょう。

フリーランスには、営業しても案件が獲得できなかったり、契約を途中で打ち切られたりする大変さがあります。特に、独立直後は実績がないため営業が失敗しがちで、収入が安定しない状況が続くかもしれません。

そんな中でも、諦めずに活動を継続できる人、困難を成長の機会と捉えられる人は、フリーランスとして成功する可能性が高いです

自由な働き方を重視する

自由な働き方を重視する人は、多少の苦労があってもフリーランスを続けられるでしょう。

フリーランスには、営業活動や事務作業を自分で行う大変さがあります。しかし、会社員のように就業規則に縛られず、出たくない会議に出る必要もありません。仕事の進め方も自由なので、「月の半分働いて残りは休日にする」といった働き方も可能です。

そのため、自由に対して強いこだわりがある人は、フリーランスの生活を楽しめるでしょう

人と話す機会が少なくても平気

フリーランスに向いてる人の特徴として、誰かと話さなくても平気であることが挙げられます。

フリーランスになると、1日中人と顔を合わせずに一人で作業することも少なくありません。コミュニケーションをとりながら作業を進めたい人、気分転換に誰かと話したい人には、孤独を感じるでしょう。

反対に、毎日人と顔を合わせなくても平気な人、一人で集中したい人には、相性の良い働き方といえます

世間的な評価を気にしない

周囲の評価を気にしない人は、フリーランスの働き方を楽しいと感じられるでしょう。

最近は働き方が多様化しているものの、大企業に勤めることをステータスと考える人は少なくありません。フリーランスに対しても、「収入が不安定」「少し変わった人」という印象を抱く人も多いようです。

そのため、「好きな働き方ができれば、周りにどう思われてもいい」と割り切れる人はフリーランス向きといえます

希望に合う案件を紹介してもらう

フリーランスの仕事を楽しめない人の特徴

フリーランスを楽しめない人には、「一人で悩みを抱えてしまう」「周りの目を気にしがち」といった特徴があります。

フリーランスは自由度が高く魅力的な働き方ですが、万人に合った働き方とは言えません。フリーランスになってから後悔しないためには、あらかじめ向いていない人の特徴を把握する必要があります。

そこで、向いていない人の特徴とフリーランスを楽しむためにできる工夫を3つ紹介していきます。

責任感が強すぎて悩みがち

責任感が強すぎてプレッシャーを感じやすい人は、フリーランスを楽しめない可能性があります。なぜなら、フリーランスは会社員と違い、仕事の責任をすべて自分で負うことになるからです。トラブルが起きたときも、一人で対応しなければいけません。

そのため、責任感が強すぎる人はプライベートまで仕事の悩みを持ち込み、精神的な余裕がなくなってしまいます。

フリーランスにとって、責任感を持つのは悪いことではありません。ただ、プレッシャーを感じやすく疲れやすい人は、プライベートと仕事のメリハリをつける対策をする必要があるでしょう

周囲の価値観に流されやすい

周囲の意見に流されやすく自分の軸を持てない人は、フリーランスとして満足のいく生活を送れない可能性があります。

フリーランスの価値観は多様です。稼ぎが少なくてもプライベートを重視する人もいれば、休みはいらないから稼ぎたい人もいます。他人の価値観に影響されやすい人は、自分の理想と異なる働き方をするリスクがあります。

たとえば、家族の時間をとるために独立したのに、稼いでいる同業者に影響されてプライベートの時間を削れば本末転倒です。フリーランスを楽しむには、自分の軸を持って活動することを意識しましょう

会社員として働く今の環境を変えたくない

そもそも会社勤めをしている現在の状況を変えたくない人は、その場の感情でフリーランスにならないのが賢明です。会社員には、「収入が安定している」「社会保障が手厚い」「上司や先輩がサポートしてくれる」というメリットがあります。

フリーランスは楽しい面もありますが、案件獲得や収入面で苦労する場面も多いです。会社員の生活に満足している人は、自分が何のためにフリーランスを目指すのか改めて考えたうえで独立を検討しましょう

希望に合う案件を紹介してもらう

仕事を楽しいと思うために必要なこと5つ

フリーランスを楽しむには、知っておくべきことがあります。具体的には最初は大変なことなどです。フリーランスになる人が知っておくべきことを5つ紹介するので、参考にしてください。

最初は大変なことを覚悟しておく

独立したばかりのフリーランスは、実績が少なく思ったように稼げない可能性が高いです。営業がうまくいかず苦しい生活が続き、挫折する人もいるでしょう。

しかし、仕事を続けていれば少しずつ実績ができ、条件の良い案件を獲得できるようになります。事業が軌道に乗るまでの期間は人によりますが、諦めずに努力を続ければ少しずつフリーランス生活を楽しめるようになるでしょう

途中で挫折しないためにも、独立直後はうまくいかない場面も多いと覚悟しておくことがポイントです。

自己管理を徹底する

フリーランスは働く場所や時間の自由度が高い分、自己管理を怠ると生活が乱れて体調を崩してしまいます。スケジュール管理が甘いと、最悪の場合納期に間に合わなくなってしまうでしょう

誰からも管理されず自由に働けるフリーランスだからこそ、自分で作業時間を決めたり、確実に納品できる受注量の意識が大切です。確実に仕事をこなして収入アップするためにも、計画性をもって業務を行いましょう。

顧客と信頼関係を築く

フリーランスとして成功できるかは、顧客と信頼関係を築けるかにかかっています。

取引先から信頼されれば、継続して案件を任され、時には別のクライアントを紹介してもらえます。反対に取引先からの信頼を失えば、二度と案件を依頼されなくなるでしょう。

顧客からの信頼を得るには、納期の厳守や丁寧なコミュニケーションが鍵となります。報告・連絡・相談を徹底し、継続して仕事を任されるフリーランスを目指しましょう。

フリーランス仲間をつくる

フリーランス仲間をつくれば、一人で悩んだり仲間のいない孤独感に押しつぶされそうになったりするのを避けられます。また、フリーランス同士のネットワークには、以下のメリットもあります。

  • 情報共有できる
  • 案件獲得につながる
  • 成果を報告し合ってモチベーションを上げられる

ほかのフリーランスと出会うには、フリーランス向けの交流会やネット上のコミュニティに参加しましょう。特に、在宅が中心で人との交流がないフリーランスは、相談できる仲間をつくると一人で不安を抱えずにすみます。

仕事の獲得方法を知り営業力を磨く

フリーランスとして成功するには、案件の獲得方法を知る必要があります。フリーランスが案件を探す方法は主に次の通りです。

  • 知人からの紹介
  • クラウドソーシングサイト
  • フリーランス向けのエージェント

前職の人脈を使える方は、知人をあたって案件を紹介してもらう方法があります。人脈がなければ、クラウドソーシングで案件を探せます。クライアントとの交渉をプロに代行して欲しいなら、フリーランス向けのエージェントを活用しましょう。

フリーランスの案件探しについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスの仕事の探し方一覧|おすすめの案件の取り方や見分け方

希望に合う案件を紹介してもらう

フリーランスとして活躍できる職種の例

ここでは、フリーランスを目指しやすい職種を紹介します。どの分野でフリーランスを目指すか迷っている方は参考にしてください。

  • ライターなどの物書き系
  • エンジニアなどのIT系
  • イラストレーターなどのクリエイティブ系
  • マーケターなどのビジネス系
  • 美容師などの美容系

物書き系やIT系の仕事は、ネット環境があれば場所や時間にとらわれないため、フリーランスで活躍する人が多いジャンルです。個人で仕事を完結できるクリエイティブ系の仕事も、独立しやすい分野といえるでしょう。

また、専門的な知識や資格を活かせるマーケターや美容系の仕事もフリーランスとして活躍する人が多いです。フリーランスの仕事の種類を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスの仕事の種類一覧|職種・業種別の年収や仕事内容も解説

希望に合う案件を紹介してもらう

独立してフリーランスになる4ステップ

フリーランスとして成功するには、独立に向けて段階を踏むことが重要です。いきなり独立するのではなく、会社員時代に必要な経験を積むことで独立後の成功率を高められます。

ここでは独立に向けた最低限のステップ4つを解説していきます。より詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスになるには|失敗しない始め方や仕事一覧、必要な準備

1.クライアントにアピールできる実績を積む

フリーランスとして安定して収入を得るには、クライアントのニーズに対応できるスキルを身につけることが重要です。

基本のスキルを押さえた後は、ライバルと差別化できる技能を身につけましょう。フリーランスが増える中で案件を獲得するには、より専門的なスキルを磨くことが強みになるからです

また、得意なジャンルや需要が高いジャンルで実績を積むことで、収入アップを目指せます。

2.まずは副業で案件を受注する

確実にフリーランスとして成功するには、まずは会社員をしながら副業で実績を積むのがおすすめです。副業をすると、フリーランスとして働くイメージをつかめ、独立してやっていけるかより的確に判断できます

会社員時代に実績を積んでおけば、独立後すぐに案件を獲得できるでしょう。副業での目標収入を設定し、達成したタイミングで独立する考え方もあります。

3.当面の生活費を貯蓄する

独立後はすぐに収入が得られるとは限らないため、会社員時代に当面の生活費を貯蓄しましょう。事業が軌道に乗るまでの期間は人によりますが、一般的には半年~1年分の生活費があると安心とされます

なお、独立にかかる費用は「事務所を借りるか」「仕事に必要な機材がどれくらいあるか」などの条件で異なります。あらかじめ事務所や店舗の家賃、仕事に必要な機材、通信費などの必要金額を洗い出して毎月の支出をイメージしましょう。

4.独立するための具体的な手続き3つ

独立にあたっては、案件獲得の体制を整えるのはもちろん、会社を辞めた後の社会保険の手続きや開業届の提出などが必要です。あらかじめ名刺やWebサイトをつくっておくと、人脈形成やスキルのアピールに役立ち、効率的に案件を獲得できます。

独立してから準備不足で慌てることがないよう、事前に必要な手続き3つを把握しておきましょう。

仕事探しのための準備をする

フリーランスとして案件を獲得するにあたっては、以下の2点を準備するのがおすすめです。

  • 名刺をつくる
  • SNSアカウントやWebサイトを作成する

名刺があると、フリーランス向けの交流会や勉強会に参加した際、人脈を形成するのに役立ちます。また、自分のスキルを発信するSNSアカウントやWebサイトも作成しておくと、案件受注の窓口になります。

健康保険と年金の切り替え手続きを行う

会社員を退職したら、会社員の健康保険から国民健康保険への切り替え手続きを行いましょう。また、厚生年金から国民年金への切り替えも必要です。

どちらも退職の翌日から14日以内に、住んでいる市区町村の役所・役場の窓口で手続きしましょう。フリーランスが加入できる健康保険について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスの健康保険とは?安くする方法や国保以外のサービスも

開業届を提出する

フリーランスとして事業を開始したら、「開業届」を税務署に提出しましょう。開業届の提出は義務ではありませんが、提出数すると以下のようなメリットを得られます

  • 青色申告ができる
  • 屋号名義の銀行口座を開設できる
  • 補助金や助成金を申請できる

青色申告は確定申告の方法の一つで、最大で65万円の控除が受けられるのがメリットです。青色申告をするには事前に青色申告承認申請書の提出が必要なので、開業届といっしょに提出しましょう。

希望に合う案件を紹介してもらう

フリーランスに関するよくある質問

「楽しすぎる」フリーランス関連のよくある疑問に答えます。収入についても紹介するので、「フリーランスに興味があるけど現実的な働き方なの?」と思う方は参考にしてください。

Q. フリーランスが楽しすぎるのは本当?

フリーランスが楽しすぎるかどうかは人によります。自由な働き方を重視する人、自分の実力に応じて稼ぎたい人にとっては、楽しい働き方といえるでしょう。反対に、安定や社会保障を重視する人は、フリーランスは大変な働き方と感じる可能性が高いです。

Q. どんな理由でフリーランスを目指す人が多い?

2015年版小規模企業白書によると、フリーランスとして働く理由で最も多いのは「前職を退職した」でした。これに続く回答は、「自分自身の力を試したい」であり、特技や経験を活かせる働き方を求めて独立する人が多いことが分かります。

Q. 日本にフリーランスはどれくらいいる?

フリーランス実態調査結果によると、国内のフリーランスの試算人口は462万人でした。近年フリーランス向けのサービスが増えていることなどから、フリーランス人口はさらに増加していると考えられます。

Q. フリーランスの年収はどれくらい?

フリーランス協会が公表するフリーランス白書2023によると、最も割合が多い年収は200~400万円未満(27.9%)でした。続いて400~600万円(20.9%)、200万円未満(19.5%)が上位の年収となっています。

※本記事は2023年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

希望に合う案件を紹介してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら