あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

キャリア選択後の後悔やミスマッチを防ごう
フリーランス増えすぎなのか|増加の背景とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

社会的な認知度が上がったことや環境整備が進んだことにより、近年フリーランス人口が増加しています。「自由が欲しい」という理由でフリーランスに興味を持っている方は、独立後のミスマッチを防ぐためにも、まず「自分が自由を感じるポイントはどこなのか」を知ることが大切です。フリーランスのほかにも、転職や副業など、広い視野でキャリアを検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスは実際に増えている?
会社員は本当に「自由に生きられない」のか
「求める自由が叶えられる働き方はどんなものか」柔軟に考えよう

フリーランスは実際に増えている?

2019年7月24日に公表された内閣府による分析・調査レポートでは、フリーランス(副業で行っているケース含む)の人数を306万人~341万人と試算しています。

また同レポートでは、フリーランスの人数を追った公的な統計はないと述べる一方で、建設技術者やシステムコンサルタントのような特定の発注者に依存する自営業を「雇用的自営業」とし、これがフリーランスを本業としている人に近いとしています。

この雇用的自営業は1985年~2015年の30年間で128 万人から 164 万人へと増加しており、フリーランスが増加傾向にあるといえるものとなっています。

参考 : 「政策課題分析シリ-ズ 17 日本のフリーランスについて ―その規模や特徴、競業避止義務の状況や影響の分析―」

フリーランスが増えた背景とは

フリーランスが増えた要因としてはさまざまなものが考えられますが、その中でいくつかをピックアップしてご紹介します。

副業解禁

政府の方針により、「副業を解禁する企業が増えたこと」は大きな理由の一つと言えるでしょう。

いきなり独立するとなると、ハードルが高く感じますよね。
しかし、副業であればリスクが低いので、始めやすいと感じる人が多いようです。

また、副業としてフリーランス活動を始める利点はほかにもあります。
それは、「事業が軌道に乗ったところで独立することができる」という利点です。
趣味としてフリーランス活動を始めることで、家族からの理解も得られやすくなるようです。

フリーランス向けの設備やサービスの充実化

フリーランスの社会的な認知度はどんどん高くなっています。
ネットでチェックしてみると、フリーランス案件が目に付くことも多いですよね。

フリーランスの認知度が上がった理由としては、クラウドソーシングの隆盛、ブログやSNSでフリーランス活動を発信する人が増えたことなどが挙げられるでしょう。

こうして認知度が上がったことにより、フリーランスを対象としたコワーキングスペースが増えました。
また、フリーランス向けの交流会やイベントも多く開催。フリーランスを対象とした確定申告代行サービスや、案件提案サービスも増えています。

フリーランス向けサービスが増えたことで、よりハードルが下がったことが理由として考えられます。

働き方の多様化

現在はテレワークやフレックス出社制など、多様な働き方が認知されつつあります。

一昔前には当たり前とされていた年功序列制が崩壊。従来の定時出社、定時退勤を見直す企業も増えています。

「当たり前」の働き方がなくなりつつあることで、フリーランスが注目されるようになったと考えられます。

関連記事 : フリーランスITエンジニアの需要はどこにある?スキル別の求人・案件数から探る今後の市場動向

フリーランスになれるか相談する

会社員は本当に「自由に生きられない」のか

フリーランスの魅力として連想されやすいのが「自由さ」ではないでしょうか。

たしかに、フリーランスは自宅やカフェで作業して、平日の昼間からジムに通うような生活を送るような人もいます。
毎日満員電車に揺られて出勤して、決められた業務をこなす会社員からすると、羨ましいと思うポイントではありますよね。
「会社員には自由がない」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、本当に会社員という働き方には自由がないのでしょうか?

会社員でも比較的自由な働き方ができる例

会社員であっても、業務内容や勤務時間を自由に選びやすいケースもあります。

会社がフルフレックス制やリモートワークを導入している

企業によっては、フルフレックス制を導入している企業があります。
フレックス制ではコアタイムが指定されていますが、フルフレックス制ではコアタイム無しで自由に出勤時間を調整することができます。

また、会社の規定によりますが、リモートワークが導入されていれば、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事をすることができます。

これらは、会社員でありながら「時間的自由」「作業場所の自由」がある働き方だと言えるでしょう。

知人の会社を手伝っている

立ち上げから知人の会社を手伝う場合、0から組織や仕組みを作っていかなければなりませんが、業務内容は自分たちで考えながら進めます。
完全に自由という訳ではありませんが、「業務を選べる自由」が比較的あると言えるでしょう。

好条件の企業とフリーランス、求められるスキルのレベルはどちらも高い

「そんなに条件の良い企業はそうそうない」「どうせ高スキルじゃないと採用されない」「会社の立ち上げなんてコネクションがなかったら無理」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

まさに仰る通りです。
労働環境が自由な会社は競争率が高く、高い技術を求められます。知人の会社を手伝うようなケースでは、コネクションや運も必要でしょう。

ですが、それはフリーランスでも同じことです。
クライアントと信頼関係を結ぶためには、スキルや実績が不可欠ですし、特に独立したばかりはコネクションを持っているかどうかが重要になってきます。

関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

「求める自由が叶えられる働き方はどんなものか」柔軟に考えよう

「何に自由さを感じるか」「何に不安を感じるか」は人それぞれです。

たとえば、以下のように、全く同じ条件、同じ境遇であったとしても感じ方は違うでしょう。

会社員の働き方について

Aさん:「目の前の仕事をこなしていれば収入が入って来るし、社会的地位も担保される。責任が少なくて精神的に自由!退勤後の時間は、何も考えず好きなように使える!」

Bさん:「決められた人間関係のなかで、与えられた仕事だけをこなすことは窮屈…」

フリーランスの働き方

Aさん:「収入が保障されていないし、全部が自己責任なので、精神的に自由を感じられない…働く時間を自己責任で決めなければいけないことにもプレッシャーを感じる…」

Bさん:「収入の保障はないけど、仕事を1件1件自分で選べること、付き合う相手を選べること、月の労働時間を自分で決められることに自由を感じる!やりたい仕事にもどんどん挑戦できる!」

「フリーランスはやめとけ」?自分の求める「自由さ」とは何か

自分が潜在的に求めていた自由と、実際のフリーランスの自由のミスマッチが起こると、精神的に追い詰められて挫折してしまうケースもあります。

「フリーランスはやめとけ」と言われる理由の中には、このようなミスマッチが原因となっているものも少なくありません。

あなたは、フリーランスのどこに「自由さ」を感じますか?

決められた拘束時間がない点でしょうか?
あるいは作業場所の自由さでしょうか?
はたまた人間関係のストレスが少ない点でしょうか?
好きな業務にコミットできる点でしょうか?

そのポイントは、一人ひとり違うと思います。

独立後のミスマッチを防ぐためにも、自分が求める「自由さ」とは何か、何が欠けると「自由さ」を感じられなくなってしまうのか、把握しておきましょう。

会社員?フリーランス?広い視野でキャリアを選ぼう

ところで、ごく一般的な企業に勤めていても、「自分の求める自由」さえ感じられていれば、それは自由に働いていると言えるのではないでしょうか?

人間関係のストレスから開放されたいなら、人間関係の良い部署に異動したり、そのような会社を探したりするのはどうでしょう。
もっと裁量を持って働きたいのであれば、スタートアップ企業に参画するのはどうでしょうか?

選択肢をいきなりフリーランス一本に絞るのも良いですが、「自分で環境を選ぶ」という視点でキャリアを検討してみると、視野が広がる可能性があります。

ちなみに、副業として好きな仕事に従事するのも、立派なフリーランスです。
「自由時間をさらに減らすなんて…」と思うかもしれませんが、趣味として自分の好きな仕事へコミットすることで「自由さ」を感じられるケースもあります。

フリーランスに関して、もし疑問や不安等がございましたら、弊社でも無料相談にてお話をうかがいます。
相談ベースで利用される方もいらっしゃるので、ぜひ気兼ねなくご相談くださいね。

関連記事 : フリーランスの自由な点

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.