こうすればいい!フリーランスが屋号に困ったときに見るべきブログまとめ

屋号をつけるか迷っているフリーランスの方に向け、メリットや決め方のポイント・注意点を解説。「会計管理を楽にしたい」「クライアントが案件を依頼しやすいようにしたい」という方にとって、屋号をつけるのはメリットが大きいといえます。実際に活動中のフリーランスの方が作成した屋号に関する記事の紹介や、よくある質問に対する回答も行っていますので、屋号を決めかねている方はぜひご一読ください。

フリーランスの屋号について相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

屋号とは

屋号とは、フリーランスや個人事業主が事業を運営する際に用いる名称のことです。事業所や店舗を構える場合は、それぞれ事業所名・店舗名にあたります。法人でいう「社名」「商号」に該当するものと考えてよいでしょう。

しかし、屋号は商号のように届出が必須ではありません。開業届には屋号を記入する欄がありますが、つけない場合は空欄のまま提出しましょう。屋号と商号の違いを詳しく確認したい方は「屋号と商号の違い」をご覧ください。

フリーランスの屋号について相談する

フリーランスが屋号をつけるメリット

フリーランスが屋号をつけるメリットには、以下の内容が挙げられます。

  • 屋号のついた銀行口座が開設でき会計管理がしやすくなる
  • 事業内容や職種を明確にし企業側の依頼ハードルを下げられる
  • 社会的な信用につながりやすい

詳しく紹介していきます。

屋号のついた銀行口座が開設でき会計管理がしやすくなる

屋号で銀行口座を開設でき、会計管理がしやすくなります。個人名義の銀行口座で取引を行うと、プライベートと事業の収支が混ざってしまい、財政管理がしづらくなってしまうためです。フリーランス(個人事業主)として働く場合、事業用に銀行口座を作ったほうがベターといえるでしょう。

個人事業主が口座を分ける場合と分けない場合の違い」では屋号を使用した銀行口座開設手続きや、公私で口座を分ける際の注意点などをまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。

事業内容や職種を明確にし企業側の依頼ハードルを下げられる

詳しくは「屋号を決めるときの注意点」でお伝えしますが、屋号は事業内容や職種などが分かる名称にするのがポイントです。これは、請け負っている業務内容が明確だとクライアントも依頼できるかどうかをイメージしやすくなるためです。

たとえば屋号に「◯◯デザイン」という言葉が入っているだけでもデザイン関係の業務を請け負っていることが分かりやすく、相談や依頼が来る可能性が高まるといえます。

社会的な信用につながりやすい

屋号を登録するには、税務署への開業届の提出が必要です。開業届を提出すると公的に事業が認知されるほか、税制上の優遇が受けられ、個人事業主向け共済に加入することも可能になります。各種制度の利用と補償が期待できることでクライアント側も安心を得られ、社会的な信用度が上がります。

法人のように安定した基盤がないフリーランスは、社会的信用度の高さが案件の依頼数に影響するため、屋号をつけた方が受注につながりやすいといえるでしょう。

屋号の決め方のポイント

屋号を決める際は、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 読みやすく印象に残る屋号であるかを意識する
  • 業種をイメージできるようにする

詳細を解説します。

読みやすく印象に残る屋号であるかを意識する

馴染みのない言葉は読みにくさや分かりにくさがあり、人の印象には残らない傾向にあります。クライアントとなりうる企業にフリーランスへ依頼したい業務ができても、すぐに依頼対象として名前が上がってくる可能性は低くなってしまうでしょう。

業種をイメージできるようにする

先述したように、屋号は業種が分かりやすい名称にするのがおすすめです。業種がひと目で分かることで、依頼内容を具体的にイメージできます。職種によっては、業務全般の依頼が来る可能性があるだけでなく、一部業務を任されることもありえるでしょう。

業種をイメージしやすい屋号の一例としては、エンジニアであれば「◯◯システム」、ライターなら「◯◯ライティング」、フォトグラファーでは「◯◯フォトスタジオ」などが一例として挙げられます。

なお、名刺には屋号のほか事業内容や職種も記載することで、より業種が明確になることもポイント。「フリーランスが名刺にのせるべき内容|肩書の書き方や参考になる記事と合わせて解説」では、屋号の記載を含む名刺作成のポイントをまとめていますので、参考にしてください。

屋号を決めるときの注意点

屋号を決めるときは、次の注意点に気を配りましょう。

  • 法人と誤解される名称は避ける
  • 既存の名称や類似の屋号がないか事前に調べておく

詳しい内容を解説します。

法人と誤解される名称は避ける

屋号はフリーランスや個人事業主のビジネスに用いられるもの。「株式会社」「コーポレーション」「Co.ltd」といった法人格と誤認されやすい名称は使用できません。「銀行」「証券」など、法律で定められた特定業種名に関する名称も禁止されているので、検討する際にはあらかじめ気をつけておきましょう。会社名と屋号の違いについては「会社名と屋号の違い」をご覧ください。

既存の名称や類似の屋号がないか事前に調べておく

自分で考えた屋号が、すでに商標登録されている名称と同じだった場合、利用不可能になる場合があります。届け出る前に、あらかじめインターネットで屋号を検索し、同じ名称や過度に類似しているものがないか確認すると良いでしょう。法務局によるオンライン登記情報検索サービスや、特許庁の特許情報プラットフォームを活用することも可能です。

フリーランスが屋号を決める際に役立つブログ一覧

ここでは、実際にフリーランスとして活躍中の方が作成した、屋号に関するブログをご紹介します。

覚えやすさと読みやすさ業務の分かりやすさから決定

「フリーランス人事が言いたいこと。」は、永見さんが代表を務めるAldiniのサイトです。永見さんは、フリーランスで人事の業務を行うために、2016年にそれまで働いていた職場から独立。Aldoniという屋号を取得し、フリーランスで人事のプランナーおよびコンサルタント業務を行っています。

永見さんは屋号を決める際、どういう名前にすればよいか最初は見当もつかなかったそうです。インターネットで屋号の付け方について検索した結果、「覚えやすい」「読みやすい」「業務内容がよく分かる」という3つのポイントを押さえることが大事だと把握した永見さんは、試行錯誤を繰り返した結果、今のAldoniという屋号に辿りつきました。

詳しい経緯やAldoniの意味については「9月からフリーランス人事としてスタートするために屋号をどうやって決めたか」の記事に書いてあります。サイトには、Aldoniのサービス内容についての記載もありますので、興味のある方はあわせて読んでみてください。

※参照:https://www.aldoni-hr.com/yago-kimekata

電話口でも伝わりやすいかを重視

「たけろぐ」は、フリーランスのWebデザイナーでWebディレクターでもある、たけ(@take_it02)さんが管理・運営を行っているブログです。

ブログにはフリーランスの業務や生活に関する記事が多数掲載され、中には屋号の付け方に関する記事もありました。

「屋号を付ける時に考えておきたい5つのポイント」には、屋号をつける時に押さえておきたいポイントが5つ紹介されています。一例としては、電話口でも聞き取りやすい名前であるか、メールアドレスを伝える際に分かりやすい文字列で作成できる名称であるかなどです。

5つのポイントを押さえた上で屋号を考えていくと、イメージ通りの名前をつけやすくなるでしょう。気になる内容は、記事の中でチェックしてください。

ほかにもブログには、フリーランスの方にとって役立つ情報が掲載されています。フリーランスになったばかりの方は、ほかの記事もあわせて読むことで、新たな発見ができそうです。

※参照:http://take-a-job.info/archives/90

人生の目標や業務に対する想いを込めた名称に

「Sourire Web Studio」は、神戸・明石を拠点に、Webサイト制作を行っている今村真理子さんのサイトです。2児のママでフリーランスのWebデザイナーでもある彼女は、2012年に開業しました。

サイトタイトルにもなっている屋号Sourire web studio(スリール ウェブスタジオ)の"Sourire"とはフランス語で"笑顔”を意味する言葉。「自分もお客さまも笑顔になれるような業務をしたい」との思いが屋号に込められています。

屋号を決める流れは「屋号、あげました!!フリーランスWEBデザイナーデビュー?!」というタイトルの記事に綴られているので、ぜひ参考にしてみてください。

屋号の最終決定はお子さんに委ねたそうですが、大満足のネーミングに今村さんのやる気は更にアップしました。開業届や年金・保険の手続きもテキパキと捗ったようです。

屋号をどうするかで悩んでいる方は、今村さんのように人生の目標や業務への思いもネーミングに取り入れてみるのも良いでしょう。

参照:https://sourire-web-studio.com/blog/webdesign/free-lance-debut/

自分が納得できるかを大切に

クリエイターやフリーランスで活躍している方向けの記事を数多く掲載している「factory70blog」は、企画やデザインのアイデア探しをしたいとき、フリーランスの日常を垣間見たいときなどにおすすめのブログです。

「フリーランス・個人事業主の屋号。私はこうやって決めました。」という記事では、フリーランスでWeb制作とイラストレーターの業務をしているniaoさんが、ご自身が屋号を決めたときのエピソードをもとに、名称変更に関してや命名時に注意したい点などを伝えています。

屋号には、「覚えやすい方が良い」「Web検索に強い方が良い」などのポイントがありますが、niaoさん曰く「自分が納得していることがいちばん大事」とのこと。屋号候補が複数ある時は、一番しっくりくるものを選ぶと良いでしょう。

※参照:https://creator-hey.com/freelancers-work-tips/deciding-trade-name

屋号や青色申告など個人事業主に必要な手続きを紹介

フリーランスとして働く際に何からはじめるべきかわからない方は、「がんじゅう豆知識」というWebサイトに公開されている「個人事業主の届出に必要なのは?屋号はどうする?青色申告とは?」という記事を読んでみると良いでしょう。

個人事業主になるための手続きの仕方や、最大で年間65万円の控除が受けられる青色申告についての情報とともに、屋号を決めるときのポイントが7つ紹介されています。オリジナリティーのある良い屋号を付ける際の参考になるでしょう。

同サイトにはほかにもビジネスや健康、年間行事などさまざまなジャンルの記事がラインナップされています。より良い業務やプライベートを充実させるためのヒントを得られる可能性があるため、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

※参照:http://ganjuu.com/1657.html

濁点や半濁点をつけるのが記憶に残るネーミングのコツ

フリーランスでライター兼編集者として活躍している泥ぬマコさんのブログ「泥ろぐ」。ブログ内に掲載されている「記憶に残るネーミングのコツは゛濁点にあり サイト名・サービス名・会社名の決め方のヒント」は、屋号付けに役立つユニークな記事です。

泥ぬマコさんは、ネーミングを考えるのに行き詰まったら、「濁点や半濁点に注目すべし!」と提案しています。濁点や半濁点を含んだ言葉は、発音をする時にエネルギーを要するので印象に残りやすく、言葉の響きにもインパクトを与えるそうで、自身の体験や実例を交えてわかりやすく説明しています。

この発想は、日頃からたくさんの言葉に触れるライターならではのものなのかもしれません。屋号や商品名を考える際には、言葉の意味だけでなく、響きにも目を向けてみましょう。

※参照:http://doronumako.com/post-1300

法人番号公表サイトを使用した社名チェック方法を紹介

業務や家事の効率化、会計・税金、ITに関する記事などが掲載されている「Balance」を運営しているのは、システムエンジニアの経験を持つ税理士の佐竹正浩さんです。彼はブログの中で、フリーランスで仕事をしている人にも役立つ情報を発信しています。

「法人番号公表サイトの使い方。社名(商号)を決める時に要チェック。」という記事には、屋号を付ける時に知っておきたいことが書かれていました。

屋号は、ほかの会社との被りを避けるもの。佐竹さんは、法人番号公表サイトを使って社名を調べる方法をレクチャーしています。

また、あわせてお勧めしているのは、商標権のチェックです。商標登録されている屋号を使ってしまうと、商標権の侵害により損害賠償請求をされる可能性もあります。

屋号を考えるときには、ネーミングの被りがないかも事前にリサーチしておく必要がありそうです。

※参照:http://balance-blog.com/houjin-bangou-name


キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、「フリーランスとは?年金・保険などの手続きも解説」もあわせてご覧ください。「フリーランスとは?」といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、幅広い情報をお伝えしています。

フリーランスの屋号に関するFAQ

ここでは、フリーランスの屋号に関するよくある質問について回答していきます。

屋号にアルファベットや数字は使用できますか?

アルファベットと数字、どちらも使用可能です。ただし、馴染みが薄く分かりにくい名称は覚えてもらえない可能性があります。読みやすい名称であるか、印象に残りやすくなっているかなどには注意した方が良いでしょう。

屋号はどれくらいの長さが適切ですか?

屋号の長さには決まりがありません。しかし、長すぎると相手側が覚えにくい、表記ミスが起こりやすいといったデメリットがあります。印鑑や書類を作成する際にもバランスを取るのが難しくなるでしょう。相手にとっても丁度良い長さであるかも考えながら作成した方が無難です。

屋号は変更できますか?

屋号は登録後でも変更ができます。ただし、屋号登録において「開業届でのみの届出である」「商号登記している」「商標登録している」など状況によってやるべき手続きは違うので注意しましょう。詳しい変更方法は「個人事業主が屋号を変更する際に必要な手続き」でまとめていますので、ぜひお役立てください。

屋号を記載する書類にはどんなものがありますか?

屋号付き口座を開設する際に、提出書類に記載します。ほかにも、取引先に渡す請求書や領収書、融資を受ける際の申込書なども挙げられるでしょう。請求書や領収書などの作成では、屋号を記した印鑑で済む場合もあります。

※本記事は2022年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの屋号について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。