フリーランスと派遣の違いは?メリット・デメリットと副業についても解説

フリーランスは独立して活動する働き方であるのに対し、派遣社員は派遣会社と雇用関係にあり、派遣先企業で業務を行う働き方です。フリーランスと派遣はダブルワークもできるため、スキルや経験を培いたい、収入安定を図りたいといった希望も叶えやすいといえます。このほか、フリーランスと派遣にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、自身の希望条件と照らし合わせてワークスタイルを選びましょう。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスと派遣の違い
フリーランスのメリット・デメリット
派遣のメリット・デメリット
フリーランスと派遣はダブルワーク可能

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスと派遣の違い

フリーランスと派遣には、

  • 雇用形態
  • 業務内容
  • 報酬
  • リスク
  • 納税方法

などの違いがあります。それぞれの違いについて、解説していきます。

雇用形態の違い

フリーランスとは、特定の企業・団体・組織に雇用されず、独立して活動する働き方のこと。フリーランスは、企業と雇用契約を結ぶのではなく、案件ごとに契約を締結するのが特徴です。
対して派遣とは、派遣労働者と派遣会社が雇用契約を結ぶ働き方を指します。自身が登録した派遣会社から派遣先企業に派遣され、派遣先の指示のもと業務に携わるのが特徴です。雇用契約は派遣期間中のみ発生するため、登録しただけでは契約が成立しません。

業務内容の違い

フリーランスは自身で契約する案件を決めるため、業務内容や時間、作業場所も自分で決められます。さらに事務や税金関係の手続きなども自身で行う点が、会社員や派遣との大きな違いといえるでしょう。

派遣は、基本的に派遣先企業での勤務で、勤務時間も決まっています。企業や業務内容などはある程度自身の希望に沿って選択でき、職種を問わず幅広い業務に携わることも可能です。

報酬関係の違い

フリーランスは「請負契約」や「委任契約」で案件を請け負っており、契約内容に基づいた成果物または労務提供に対して報酬が支払われます。成果物の納品や労務提供期間などによって報酬が決まるため、通年で見れば月当たりの収入には幅があるといえるでしょう。

一方、派遣は登録している派遣会社から給料を受け取ります。会社員のようにひと月あたりの基本給が決まっているのが一般的なため、収入は安定しているといえるでしょう。

請負契約や委任契約に関する詳しい情報は「業務委託の種類(委任と請負の違い)」の記事で紹介していますので、ぜひご一読ください。

リスクの違い

フリーランスは自分で探すか、クライアントからの依頼により案件に参画します。営業不足をはじめ、スキルや経験、実績が足りていないと、案件を獲得できないリスクがあるでしょう。

派遣も契約期間が満了になると、次の派遣先が決まるまでは働き口がない点では、フリーランスと同じです。ただし、派遣先は派遣元企業が探すため、リスクとしてはフリーランスよりも低めといえるでしょう。

納税方法の違い

フリーランスは毎年、自分で確定申告をして納税をします。

派遣は、派遣元が年末調整を行う時点で雇用されていれば、企業が手続きを実施。一般的な会社員と同じように、自身では簡単な書類を作成するだけで良いとされています。
ただし、派遣会社により税金に関する取り扱いが違う点もあるため、事前に確認しておきましょう。

フリーランスと派遣の違いについてより詳しく知りたい方は「個人事業主と派遣の違い」もご覧ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスとして働くことを検討中の方は、メリットとデメリットを把握しておきましょう。これらを把握していないと、「イメージと違った」と感じやすく、挫折する恐れもあるからです。
以下で、フリーランスのメリットとデメリットについて、代表例を紹介します。

フリーランスで働くメリット

  • フリーランスのメリットは、自由度が高い
  • スキルに応じた収入が見込める
  • 人間関係のストレスが少ない

などが挙げられます。具体的な内容について解説していきます。

自由度が高い

前述したように、フリーランスは働く時間や場所、休日を自分で決められます。自由度が高く、ライフワークバランスを重視した働き方も実現できるのが魅力です。

スキルに応じた収入が見込める

フリーランスは、自分で参画する案件が選べ、報酬も成果物に見合った内容が支払われます。スキルが高かったり、請け負えるプロジェクト範囲が広かったりするほど、高収入が見込めるでしょう。自身のスキルや経験に応じた収入が期待でき、やりがいを感じながら働けます。

人間関係のストレスが少ない

フリーランスは在宅ワークで業務を進められる案件が多め。クライアント先で働く場合でも、参画期間が決まっています。そのため、特定の人間関係でのストレスが少ないといえるでしょう。

フリーランスのメリットは「フリーランス(個人事業主)と正社員それぞれのメリットとデメリット」でも具体例を挙げています。ぜひ合わせてご覧ください。

フリーランスで働くデメリット

フリーランスとして働くデメリットには

  • 諸手続きを自分で行う必要がある
  • 継続的な案件受注が確約されない
  • 孤独を感じやすい

といった内容が挙げられるでしょう。詳細について解説していきます。

諸手続きを自分で行う必要がある

前述した通り、営業や税金・保険関係の手続きなどを自分で行わなければなりません。近年はインターネットから手続き可能な内容も出てきていますが、必要書類の多さや煩雑さは残っているというように、比較的面倒であることは変わらないようです。

継続的な案件受注が確約されない

企業に所属していれば、プロジェクト終了後は次の案件にすぐに参画しますが、フリーランスは継続した案件の獲得は約束されていません。将来的な不安は解消しづらい面があるといえるでしょう。

孤独を感じやすい

在宅案件などで孤独を感じ、モチベーションが下がってしまう可能性も考えられます。普段から「一人のほうが良い」と考えている人でも、一人の時間が長いと人とのコミュニケーションを望みはじめることもあるようです。

派遣のメリット・デメリット

派遣として働く場合でも、メリットとデメリットは把握しておいたほうが良い内容です。フリーランスのメリット・デメリットも参考にしながら、自分に合う働き方を検討しましょう。
ここでは、具体的な例をご紹介します。

派遣で働くメリット

派遣として働く場合のメリットは、

  • 派遣元が仲介になってくれる
  • 福利厚生を受けられる会社もある

などが挙げられます。それぞれに関する詳細をまとめました。

派遣元が仲介してくれる

派遣先の企業との間に派遣元企業が入るため、業務で感じた不安や問題を相談できます。次の勤務先も派遣元企業が派遣先を紹介してくれるため、自分で営業を行う必要がないのもメリットです。

福利厚生を受けられる会社もある

派遣期間中は派遣会社と雇用関係にあるため、労働条件によっては社会保険だけでなく、健康診断や各種補助金・施設利用などの福利厚生を受けられます。

派遣で働くデメリット

派遣で働くデメリットには

  • 仲介手数料があり損をした気持ちになる
  • 実力が収入に反映されにくい
  • 希望通りの勤務先がない恐れがある
  • 安定した長期雇用が見込みづらい

などが挙げられるでしょう。それぞれについて解説していきます。

仲介手数料があり損をした気持ちになる

派遣会社が間に入ることで、仲介手数料が発生します。仲介手数料とは、派遣先が派遣元に支払う紹介料です。
労働者への給料とは別の料金として発生しているものではありますが、「本来は自分に還元されるべき料金では」「仲介手数料があるために自分の給料が低めに設定されているのでは」と気になる人も多数います。

実力が収入に反映されにくい

派遣元には人事評価を行う義務があるものの、実際の現場にいないため正確なチェックは派遣先からの声が重要です。しかし、派遣は契約期間が満了になると別の派遣先にいくため、派遣先によって「派遣社員に対するスキル評価」の整備度合いが異なります。派遣期間の長さによっては正しい評価ができないほか、継続的に雇用するわけではなく派遣先企業にとってはメリットがないためです。
自身のスキルチェックができないのは元より、正しい評価がないため次の派遣先や給料にも影響が出てしまいます。

希望通りの勤務先がない恐れがある

派遣は派遣元の営業担当者と定期的に連絡をとり、希望の条件の職場を伝えます。しかし、契約期間満了後に希望条件を満たす派遣先が見つかるとは限りません。状況によっては、数週間~数ヶ月単位で勤務先が見つからない恐れがあるでしょう。

安定した長期雇用が見込みづらい

繰り返しになりますが、派遣は有期雇用契約となり契約期間を過ぎると別の企業で働かなければなりません。契約期間は数ヶ月~数年単位とさまざまであるものの、数十年単位での長期雇用は期待できないでしょう。
ただし、派遣は通算5年以上同じ派遣先に勤めた場合、労働者の申請により無期雇用契約に切り替えられます。無期雇用契約は労働契約の更新がなくなる一方で、「待遇や業務内容などは変わらない」または「責任が重くなる」といったリスクがあるため、どうするかはよく考えてから申請するべきだといえるでしょう。

フリーランスと派遣はダブルワーク可能

派遣は派遣元・派遣先の就業規則によって副業の可否が決まっているものの、正社員と比べると良しとされていることが多いようです。自由に案件を選べるフリーランスも当然ながらダブルワークが可能。そのため、フリーランスとして活動しつつ派遣社員としても働くことができます。

フリーランスと派遣をダブルワークするメリット

フリーランスと派遣のダブルワークをするメリットには

  • 安定した収入が期待できる
  • 社会保険に加入できる
  • スキルや経験を培える
  • 人脈や案件基盤の構築も期待できる

などが挙げられるでしょう。詳しい説明を以下でご紹介します。

安定した収入が期待できる

繰り返しお伝えしているように、フリーランスとして働く不安要素は収入面。派遣とのダブルワークをすることで、一定の収入と安心感を得ながらフリーランスの案件に着手できます。

社会保険に加入できる

フリーランスは、社会保険に入れる雇用契約を交わしていない限り、自分で保険料を全額支払う国民健康保険への加入しなければなりません。派遣は社会保険に加入するため、ダブルワークをすれば保険料をおさえられるでしょう。

スキルや経験を培える

派遣による定期的な職場の転換と、フリーランスでの多彩な案件により、数多くの経験が積めるでしょう。案件内容や派遣先の研修制度によっては、スキルアップの機会も期待できます。

人脈や案件基盤の構築も期待できる

スキル・経験に関するのと同様、多様な現場での活躍を通して、人脈や案件基盤の構築が期待できます。派遣先の社員をはじめ、フリーランスでの参画先などでも人との交流を大切にしていきましょう。

フリーランスと派遣をダブルワークするデメリット

フリーランスと派遣のダブルワークをするデメリットは

  • スケジュール管理が重要になる
  • 体調管理も十分に気を配る必要がある

などが考えられます。どういうことか、以下の解説をご覧ください。

スケジュール管理が重要になる

派遣は基本的に勤務時間が定められています。週の大半を派遣として勤務するのが前提となるでしょう。フリーランスの案件を、就業後に行うのか休日に進めるのかは自由ではありますが、スケジュール管理を徹底しないと、どちらの業務も中途半端になってしまう恐れがあります。

体調管理も十分に気を配る必要がある

スケジュール管理につながる部分ではありますが、体調にも気を配らないと身体を壊したり業務に支障がでたりする恐れがあるでしょう。特にフリーランスは有給休暇がないため、体調不良による急な休みは収入面に影響を与えるリスクもあります。

※本記事は2022年3月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。