あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスが活躍している代表的な職種から仕事の取り方についても解説
フリーランス(個人事業主)の職種・年収目安一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスは、会社に所属するのとは一味違う、個人の裁量を存分に発揮できる働き方です。職種は様々ありますが、IT業界や出版業界、芸能界などで活躍する専門職が多い傾向があります。こちらの記事では、個人事業主として在宅で一人で行える仕事をご紹介します。

フリーランスの働き方について話を聞く

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランス(個人事業主)として活躍している人が多い職種
フリーランス(個人事業主)の職種例 :クリエイティブ系
フリーランス(個人事業主)の職種例 :エンジニア系
フリーランスの仕事の取り方

フリーランス(個人事業主)として活躍している人が多い職種

フリーランスとして働く人のことを「フリーランサー」と呼びますが、その方々が活躍している職種は多岐に渡ります。 Webサイトの文章を書く「Webライター」、企業が属する業界の動向を調査し効果的で的確な情報を提供する「リサーチャー」、法的な問題を一手に担う「弁護士」などが、その職種の一例として挙げられます。 様々な職種がある一方で、Web関係を中心にクラウドソーシングなどの新しい案件の受発注方式が広まっているため、フリーランスの職種として代表されるものはWeb関係に多くみられます。

関連記事 : フリーランスの仕事の種類

フリーランスの働き方について話を聞く

フリーランス(個人事業主)の職種例 : クリエイティブ系

在宅で働く職種としてイメージしやすいのが、ライターやイラストレーター、デザイナーのようなクリエイティブ系職種。クライアントから依頼を受け、その対価として報酬を得るというのがフリーランスの特徴といえますが、最近ではブログやYouTubeを活用して収入を得るという働き方もフリーランスに含めるケースもあります。ここではそうしたクリエイティブ系職種の例をご紹介します。

ライター

ライターは、Webメディアの記事や電子書籍などを執筆するのが仕事です。クラウドソーシングサービスには、未経験可のライター案件も多く掲載されているため、未経験者でも始めやすい仕事といえます。

ただし、未経験で受けられる仕事は単価が低い傾向があるので、好条件の案件に参画するには、単価の低い仕事をコツコツこなして実績を積んでくことが必要になるでしょう。

ライターの年収目安

ライターの年収はどんな案件を請けるかによるため、一概に言いづらい面があります。原稿単位で1本いくら、文字単価で1文字いくらというものがよくありますが、執筆者個人の名前で売り出す書籍などでは原稿料の他に、売上に応じた印税が入るというケースも。

その上で年収の参考になるものとしては、中小企業庁から発行された『小規模企業白書2016』があり「フリーランスとして得ている現在の年収(職種別)」の項を見ると、以下のようになっています。

  著述家※ 記者、編集者(ライター)
100万円未満 21.3% 12.8%
100万円300万円未満 31.9% 46.8%
300万円500万円未満 23.4% 23.4%
500万円800万円未満 16.0% 12.8%
800万円1000万円未満 4.3% 4.3%
1000万円以上 3.2% 0.0%

※著述家、脚本家、評論家、コピーライターなど

一般的な原稿を書くライターが該当しそうな「記者、編集者」の年収のうち、最も割合が大きいのが「100万円以上300万円未満」のレンジで46.8%、次点で「300万円以上500万円未満」のレンジで23.4%となっており、このあたりがライターの年収相場といえそうです。

「ライター」の中でも、シナリオライターやコピーライターであれば、「著述家」が該当するため、「記者、編集者」とは別の傾向が見られます。具体的には100万円未満のレンジの割合が増える、1000万円以上のレンジが3.2%存在する、といった点が挙げられます。

なお、この調査での年収は額面ではなく手取り年収であることや、副業としてフリーランスをやっている人も含まれている点にはご注意ください。

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログやWebサイト上で企業やクライアントの商品を紹介し、商品が売れた分だけ報酬を受け取るという仕組みのネットビジネスです。コンテンツ作成がメイン業務で、執筆力やSEO知識が問われるほか、Webサイト制作から行う場合はデザインやコーディングスキルも必要になります。

アフィリエイトは初収入を得るまでに時間がかかることが多いですが、収入が見込めるページが多数できれば、収入が自動化し不労所得を得られる可能性もあります。

アフィリエイトの年収目安

アフィリエイトの年収は、「特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会」の「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019年」の月収を元に計算してみます。アフィリエイトでの1ヶ月の収入でもっとも多かった金額は「1,000円未満」、次点が「1,000円以上5,000円未満」です。単純計算で年収換算すると、1万円ほど~6万円ほどとなります。ただし、75%の人は運営にかける時間が1日1~3時間程度であるため、副業として継続しやすいといえます。

動画配信

動画を撮影・編集し、動画共有サイトのYouTubeで配信することで、視聴数に応じた広告収入等を得る仕事です。爆発的な人気が出れば多額の収益が見込めますが、市場はレッドオーシャン化しているため、本業にするのはややハードルが高いでしょう。

副業として稼ぐにしても、視聴者が集まりそうなネタを考えることはもちろん、動画をコンスタントにアップロードし続ける根気が必要となります。また、最近では専用のアプリを使ってライブ配信を行い、閲覧者から投げ銭をもらう稼ぎ方もあるようです。

動画配信の年収目安

動画配信者の年収相場もまた、1再生の単価が動画サイトによっても異なる上に公式サイトが単価を明示していないため、ある程度の概算となります。例えばYouTubeでは1再生の単価は0.05円~0.1円と言われており、0.05円で月200万回再生された場合は単純計算で月収10万円、年収120万円を稼ぐことができます。そのような動画が何本もあれば、より高い年収が得られるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事は、企業やクライアントの要望に応じたWebサイトを制作することです。具体的には、大まかなレイアウト決めから、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使ったデザイン作成、Webサイトの構築を行うためのHTML・CSS・JavaScriptなどでのコーディングを行います。

専門的なスキルを要するため、未経験者の場合まず勉強から始める必要があるでしょう。すでにWeb制作の基本スキルを持っていて、デザイン業務を行っていた経験があるという人には始めやすい仕事といえます。

Webデザイナーの年収目安

フリーランスWebデザイナーの年収目安として、レバテッククリエイター内の単価診断ツールにて算出した以下の数値をご紹介します(週5日作業の場合)

実務経験 年収
実務経験1年未満の年収 336万円(28万円/月)
実務経験1年~2年の年収 384万円(32万円/月)
実務経験2年~3年の年収 432万円(36万円/月)
実務経験3年~5年の年収 480万円(40万円/月)
実務経験5年以上の年収 540万円(45万円/月)

なお上記の年収は実務経験に基づいて算出した概算であり、実際の金額は個々人の経験やスキル、具体的な案件状況などにより変動する点にご注意ください。

イラストレーター

イラストレーターは、企業やクライアントの依頼に応じてイラストを描くのが仕事です。デッサン力や色彩感覚、センスなど、依頼したいと思わせるような魅力的な絵を描ける力が求められます。

現在はデジタル絵が主流なので、PhotoshopやIllustratorといった主流のグラフィックソフトや、SAI、CLIP STUDIO PAINTといったペイントソフトの操作スキルは必須となります。Webメディアやソーシャルゲームなどによって活躍の場は増えているので、イラストを描くのが得意という人にはおすすめの仕事といえるでしょう。

イラストレーターの年収目安

フリーランスイラストレーターの年収目安も、レバテッククリエイター内の単価診断ツールにて算出した以下の数値をご紹介します(週5日作業の場合)

イラストレーター年収の目安(週5日作業の場合)
実務経験 年収
実務経験1年未満の年収 276万円(23万円/月)
実務経験1年~2年の年収 312万円(26万円/月)
実務経験2年~3年の年収 372万円(31万円/月)
実務経験3年~5年の年収 420万円(35万円/月)
実務経験5年以上の年収 540万円(45万円/月)

なお上記の年収は実務経験に基づいて算出した概算であり、実際の金額は個々人の経験やスキル、具体的な案件状況などにより変動する点にご注意ください。

ハンドメイド作家

ハンドメイド作品を売って収入を得る仕事です。一人でデザイン、材料の仕入れ、作品作り、販売まで行います。販売方法は、店舗に置いてもらう委託販売のほか、ネット通販、SNS、フリマアプリを使った方法などさまざまです。

ハンドメイド作品を売るためには、独自の世界観を持っていることはもちろん、センスやデザイン力も問われます。一般的には、趣味で始めたハンドメイド活動が軌道に乗ったことで勤めていた仕事を辞め、個人事業主になったというケースが多いようです。

ハンドメイド作家の年収目安

ハンドメイド作家の年収においては、GMOペパボ株式会社が運営するハンドメイドマーケット「minne」で出品している作家(主婦・主夫)を対象にしたアンケートを元に概算を出してみましょう。

この調査によれば、1ヶ月あたりの収入を尋ねる問いに対し「1~5000円未満」という回答の割合が27%と最も多くなっています。これを単純に年収換算すると「12円から6万円未満」となり、これがハンドメイド作家の年収目安といえそうです。

※上記はいずれも「minne byGMOペパボ」調べ

関連記事 : 自由に働くフリーランスデザイナーブログまとめ

フリーランス(個人事業主)の職種例 : エンジニア系

英語のengineerを直訳すると「技術者」という意味であり、何か専門知識・技能を持ち、それらを活かしてモノを生み出す職業に従事している人全般が含まれます。その中でもフリーランスとしての働き方で多くみられますのはITエンジニアの方々で、たとえば以下のような職種が挙げられます。

アプリケーションエンジニア

システム開発の中核を担う職種です。システム開発には主に、要件定義、外部設計、内部設計、開発実施、総合テスト、システムテストの一連のプロセスがあります。

各プロセスに対する高度な知識を持ち、積極的に現場を取りまとめることがアプリケーションエンジニアには求められます。「自分でシステムを作っている!」という実感を味わえる魅力的な職種です。

しかし、情報技術はただでさえ難しいのに、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データベースなど、各種幅広い知識が必要になるので、日々地道に勉強することが欠かせません。

一人前のアプリケーションエンジニアになるためには、独立行政法人情報処理推進機構が実施している各種国家試験を受験し、資格を取得する必要があります。実施回数が年に数回のもののありますので、日程を忘れずにチェックして下さい。

アプリケーションエンジニアの年収目安

レバテックフリーランスでの公開案件の単価を基にすると、アプリケーションエンジニア案件の平均月単価は76万円、これを年収換算すると912万円となります(2020年5月時点)。個別の案件例でいうと、スマホアプリや医療システムなどの開発といったものが、月単価60~95万円ほどの案件が見られます。

アプリケーションエンジニアの求人・案件一覧

インフラエンジニア

会社勤めの方の多くは、社内のインターネットが突然繋がらなくなった経験をしたことがあると思います。最近は作業の大半でPCを使用しますから、インターネットがつながらないと作業に直接影響が出ます。

そんな状況で、誰がネットワーク環境を復旧させているかご存知でしょうか?ここで活躍しているのがインフラエンジニアです。
ネットワーク、データベース、サーバに関する知見が豊富で、企業の情報システムの管理・運用を担当します。必要な言語は、サーバ側で動作するプログラミング言語である、Perl,Ruby,SQLなどです。

トラブル対処の際は、昼夜問わずデータセンターに駆けつけることもあり、過酷な一面もあります。しかし、サービスを稼働させる際の根幹を担うことができ、大変やりがいのある職種です。

インフラエンジニアの年収目安

レバテックフリーランスのインフラエンジニア案件の例でいうと、サーバーの構築や既存システムの更改などでは月単価50万円~60万円程度、新規サーバーやシステムの設計・構築では月単価80万円~95万円程度といった案件が見られます。公開案件の月単価平均は64万円との集計が出ており、単純計算した年収は768万円です(2020年5月時点)。

インフラエンジニアの求人・案件一覧

フロントエンドエンジニア

サーバ関連に長けているインフラエンジニアとは反対で、ブラウザ上のWebページの記述など、ユーザーが直接見たり操作したりする部分が主な担当範囲です。サーバサイドに対して、クライアントサイドという表現でもよく対比されます。

HTMLコーダーやマークアップエンジニアなど、複数の職種をまとめて表現する際に用いられる名称です。言語は主にHTML・CSS・Javascriptが必要になります。

HTML5やCSS3など、最新技術の普及にともなって、クライアントサイドを担当できるフロントエンドエンジニアの需要はますます高まっていく事が予想されます。
気になった職種の情報は積極的に取得して、自分のキャリアに活かしていきましょう。

フロントエンドエンジニアの年収目安

レバテックフリーランスの公開案件のデータでいうと、フロントエンドエンジニア月平均単価は74万円となっており、年収換算すると888万円となります(2020年5月時点)。BtoB、BtoCのWebシステムやスマホアプリのフロントエンドを担当する案件が一例で、高額案件であれば月単価100万円を超えるものもあります。

フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

スマートフォンエンジニア

スマートフォンエンジニアは、スマートフォンで使用されるSNSやゲームアプリなどの開発を行います。iPhoneアプリならばSwift、AndroidアプリならばJavaやKotlinの言語スキルが求められます。プロダクトによっては、スマホアプリと同等のWebアプリ版が存在するケースもあり、そうした場合はWebアプリ開発の知識・スキルもあると歓迎されることも。

また、開発を行う上では企画、要件定義、基本設計、詳細設計、実装、テストなどいくつかの工程が存在し、案件によって求められる工程の経験・スキルは異なります。当然ながら担当できる工程が広い方が活躍できる案件は広がります。

スマートフォンエンジニアの年収目安

前述の通り、一口にスマートフォンエンジニアといってもOSや担当工程によって行う作業やスキルが異なり、それによって収入も変わってくるため、年収額を一様に述べるのは難しい面があります。

その上でレバテックフリーランスのスマートフォンアプリ案件(公開案件)の単価を基にお伝えすると、平均月単価は77万円で、これを年収換算すると924万円になります(2020年5月時点)。

スマートフォンアプリの求人・案件一覧

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャは、プロジェクトの進行管理、問題発生時の対応などを含むマネジメントを行います。プロジェクトの準備から、クライアントとの企画立案に携わり、予算や納期の管理、人材のアテンドなどを行うのが主な業務です。クライアントやプロジェクトに携わるエンジニアのさまざまな職種の人々と接する必要があるので、高いコミュニケーション能力が必要とされます。

プロジェクトマネージャの年収目安

その上でレバテックフリーランスのスマートフォンアプリ案件(公開案件)の単価を基にお伝えすると、平均月単価は76万円で、これを年収換算すると912万円になります(2020年5月時点)。

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧

関連記事 : ITエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フリーランスの仕事の取り方

フリーランスは、実際どのように仕事を獲得しているかよくわからないという人も多いでしょう。フリーランスには人脈の活用やクラウドソーシングの利用など、さまざまな仕事の取り方がありますが、これからフリーランスになろうと検討している人や、駆け出しのフリーランスであれば想像しづらいかもしれません。ここではフリーランスの仕事の取り方をご紹介します。

人脈を活用する

まずは人脈を活用する方法です。知り合いや前職のクライアントなど、さまざまな人脈から仕事を受けているフリーランスの方は少なくありません。

とはいえ、駆け出しのフリーランスは案件を受注するための営業の時点から難しく、また、スキルが十分備わっていないフリーランスは単価交渉の面でも悩むはずです。

しかし、お互い信頼できる知り合いであれば、単価の大きい案件や長期的な案件を依頼してくれるケースもあります。したがって、フリーランスにとって人脈を活用して仕事を獲得する方法は重要です。

クラウドソーシングで始める

次はクラウドソーシングで仕事を受注する方法です。クラウドソーシングは、副業として気軽に始められるような案件から、大型の案件まで募集がされているサイトです。内容としてはアンケートやライティング、デザイン作成、プログラミング、音楽制作などの仕事があり、サイト内に一覧で表示されているのが一般的です。

クラウドソーシングが普及した近年では、未経験から始められる仕事や資格がなくても可能な仕事も存在するので、まずは自分の得意なジャンルの簡単な仕事から受注していくとよいでしょう。案件をこなしていくと、クラウドソーシング上での受注実績や評価が蓄積されていくので、クライアント側から提案を受けることも増えてくる可能性があります。

エージェントサービスを活用する

続いては、フリーランスに案件を紹介するエージェントサービスを活用する方法です。フリーランスエージェントは、営業や契約などを代行してくれるサービスとなっています。このエージェントを利用するメリットとしては、案件探しが安定する点でしょう。

フリーランスは収入の不安定さが常に心配されますが、エージェントを使うことで複数ある案件の中から選べたり、案件間のブランクがないように提案してもらえる可能性があります。

エージェントは、業種ごとに特化したサービスを行っているところもあるので、営業や契約の手間を省きたい場合は自分に合ったエージェントがないか探してみましょう。

自身のサイトやブログを作ってアピールする

次は自身のサイトやブログなどを作って、営業する方法です。自分で作成したサイトやブログは、ポートフォリオとなるので、クライアントへ自分のスキルをアピールすることができます。しっかりとしたポートフォリオができていれば、自身のサイトを見た企業が、案件を依頼してくることも考えられます。

サイトやブログ作成は比較的費用がかからず、中には無料でできるものもあります。また、クラウドソーシングなどで案件を受注する際、ポートフォリオの提出を求められることがあります。サイト上で自分のスキルをアピールできれば案件受注の可能性がアップするかもしれないので、フリーランスとして仕事をしていくなら、必要に応じて用意しておくとよいでしょう。

関連記事 : フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.