あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

データサイエンティストに向いている人や将来性・需要についても要チェック
データサイエンティストの資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

データサイエンティストは、データ解析を通じて課題解決を行うスペシャリストです。必須となる資格はありませんが、統計検定やオラクルマスター、OSS-DB技術者認定試験などを取得しておくと実務に役立つと考えられます。

データサイエンティスト案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

データサイエンティストに有効な資格
データサイエンティストに向いている人
データサイエンティストの将来性・需要

データサイエンティストに有効な資格

データサイエンティストになるために必須という資格はありません。

しかし、データサイエンティストとして活動するには、主に情報処理、データエンジニアリング、ビジネスなどの知識が必要となるでしょう。データサイエンティストに関する資格をいくつか挙げてみます。 

統計検定

統計関係の資格のひとつです。日本統計学会公式認定の資格で、学生からビジネスパーソン向けまで幅広く難度が設定されています。 

オラクルマスター

日本オラクル社が定めているデータベース認定試験です。情報処理の中では知名度が高く、取得を目指すIT技術者も多いでしょう。 

OSS-DB技術者認定試験

PostgreSQLなどオープンソースデータベースに関する資格で、SQLやデータベースの知見をはかる指標となります。特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が主催しています。

関連記事:データサイエンティストとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

データサイエンティスト案件を提案してもらう

データサイエンティストに向いている人

データサイエンティストになるためには、統計学やIT系以外のスキルや適性を持っていることが望ましいと言えます。主なものをピックアップしてみましょう。 

情報収集や分析することに関心がある

情報を集めることはもちろん、得た情報を分析してまとめることが求められるのがデータサイエンティストです。また情報を分析するにあたり、正しい答えを導くための論理的な思考が求められます。数字を扱うことが得意な方向きの職種といえるでしょう。 

ビジネス・経営的な視点を持っている

データサイエンティストの仕事は、データを分析してビジネスに活かすことです。そのためビジネスや経営に関心が高く、常にデータとビジネスを連動させて考える力が必要になります。

IT業界のみにとどまらず、世の中のニュースや経済の動きを素早くキャッチしながら業務に反映させていきましょう。

関連記事:データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの将来性・需要

ビッグデータは、一般的なソフトウェアツールでは処理するのが難しい巨大なデータの集積物です。誰しもが簡単に扱えるものではなく、そのためデータ処理のスペシャリストであるデータサイエンティストの価値は非常に高くなっています。

近年では、ビッグデータを扱う専任組織を設けている企業もあります。認知度の広まりにつれて求人・案件も増えており、データサイエンティストは将来性・需要ともに高い職種であると言えます。 

上記に挙げた資格取得の際に必要な専門知識だけでなく、プログラミング能力(Python/Hadoop 等)、ビジネスについての知識、データ分析プログラムの知識なども活用することになるでしょう。

要求される能力は幅広いため、日々の業務や資格の勉強を通して、スキルの範囲を広げていきましょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

データサイエンティスト案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとデータサイエンティストの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.