あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

資格取得のメリットやスキル・年収にもクローズアップ
プログラマに必要なおすすめ資格一覧|取得方法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

プログラマが持っていると有利な資格は、「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「Javaプログラミング能力検定試験」など複数あります。それぞれ受験料や試験実施日などが異なりますので、以下でご確認ください。

プログラマー案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プログラマに役立つ資格
プログラマに役立つ資格の取得方法
資格を取得することのメリット
資格取得への勉強方法
プログラマに必要なスキル
プログラマの年収
プログラマにとっての資格の有用性

プログラマに役立つ資格

プログラマとしての自分の知識レベルを証明するには、資格を取得しておくことは大変効果的です。

基礎的なプログラミングの知識を有していることをアピールできるので、スムーズな案件参画を決定する後押しになるでしょう。プログラマの資格には、情報処理系と言語関連系の2種類の資格があります。それでは具体的にはどのような資格を取得すれば良いのか、以下にご紹介します。

基本情報技術者試験

プログラマとしての基礎的な知識があることを証明できるのが、基本情報技術者試験と呼ばれる国家資格です。プログラムだけでなく情報システム全般の知識が必要です。一般企業からの認知や評価が高いため、取得しておくと有利でしょう。

応用情報技術者試験

基本情報技術者試験よりも高度な知識や技術が出題されます。プログラマーとしてさらにスキルを磨きたい方は、ぜひ挑戦してください。

C言語プログラミング能力検定試験

ゲームソフトや企業が利用する業務システムまでさまざまなところで利用されているC言語のプログラミング能力を認定する資格です。実際にコーディング・コンパイル・デバッグを行い、プログラムを作り上げる能力が必要です。

Java™プログラミング能力認定試験

Java™に関する基本知識を有し、Javaアプリケーションの作成方法を習熟していることを証明できます。プログラム技法が中心に出題されています。

Oracle Certified Java Programmer

オラクルが行っている認定資格で、Javaによるプログラミング能力を証明できます。レベルはブロンズ・シルバー・ゴールドの3段階です。ゴールドを受験するにはシルバーの資格を取得しなければなりません。ゴールドの資格を持つプログラマはかなり高度な技術をもっていることが証明されます。

関連記事:Webプログラマーの資格とは

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマに役立つ資格の取得方法

続いて、各資格の取得方法をご紹介します。

基本情報技術者試験の取得方法

情報処理推進機構(IPA)のホームページから試験の申し込みを行います。

  詳細
受験料 5,100円(税込)
試験実施日 ・春期4月第3日曜日
・秋期10月第3日曜日
試験形式 ・午前9:30~12:00多肢選択式
・午後13:00~15:30多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

応用情報技術者試験の取得方法

情報処理推進機構(IPA)のホームページから試験の申し込みを行います。

  詳細
受験料 5,100円(税込)
試験実施日 ・春期4月第3日曜日
・秋期10月第3日曜日
試験形式 ・午前9:30~12:00多肢選択式
・午後13:00~15:30多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

C言語プログラミング能力認定試験の取得方法

株式会社サーティファイのホームページから試験の申し込みを行います。

3級
  詳細
受験料 5,200円(税込)
試験実施日 1月、6月、9月
試験形式 60分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/cp/exam/content/
2級
  詳細
受験料 6,400円(税込)
試験実施日 1月、6月
試験形式 90分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/cp/exam/content/
1級
  詳細
受験料 7,800円(税込)
試験実施日 1月、6月
試験形式 150分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/cp/exam/content/

Javaプログラミング能力認定試験の取得方法

株式会社サーティファイのホームページから試験の申し込みを行います。試験の回数と受験料はC言語の試験と同じです。

3級
  詳細
受験料 5,200円(税込)
試験実施日 1月、6月、9月
試験形式 60分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/jv/exam/content/
2級
  詳細
受験料 6,400円(税込)
試験実施日 1月、6月
試験形式 90分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/jv/exam/content/
1級
  詳細
受験料 7,800円(税込)
試験実施日 6月
試験形式 150分多肢選択式
合格基準 得点率60%以上
URL https://www.sikaku.gr.jp/js/jv/exam/content/

Oracle Certified Java Programmerの取得方法

ピアソンVUEのホームページから試験の申し込みを行います。
※合格基準は変動する場合があります。

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 認定資格
  詳細
受験料 13,600円(税抜)
試験実施日 随時試験
試験形式 65分60問
合格基準 得点率60%以上
URL https://education.oracle.com/ja/java-se-bronze-available-only-in-japan/pexam_1Z0-818
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 11 認定資格
  詳細
受験料 26,600円(税抜)
試験実施日 随時試験
試験形式 180分80問
合格基準 得点率63%以上
URL https://education.oracle.com/ja/java-se-11-programmer-i/pexam_1Z0-815
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11 認定資格
  詳細
受験料 26,600円(税抜)
試験実施日 随時試験
試験形式 180分80問
合格基準 得点率63%以上
URL https://education.oracle.com/ja/java-se-11-programmer-ii/pexam_1Z0-816

関連記事 : フリーランスが習得すべき資格

資格を取得することのメリット

プログラマ関連資格はいくつもありますが、それらの資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか。考えられるメリットを挙げてみましょう。

  • 就活で役立つ
  • スキルアップや転職時に役立つ
  • 資格手当
  • スキルの証明としての安心材料

以下、それぞれのメリットを解説します。

就活で役立つ

プログラマ関連資格を持っていると就活で役立ちます。プログラマが就活する際、企業は実績や実務経験を重視するので、実務経験がない人は不利になりがちです。

実務未経験者の場合は、資格を役立てることができます。ただし、資格を所持していればすぐに現場で作業ができるということにはならないので、資格取得を通してプログラムの知識が身についていることや、自ら学んでいく姿勢をアピールする材料とするのです。学生が就活を行う場合には、プログラマ関連資格を持っていると他の学生との差別化が図れます。

転職時に役立つ

企業によっては資格があると一定のスキルや知識を持っていると判断するケースもあります。資格保有を重視する会社なら、未経験でも資格を持っていればプログラマとして採用する可能性が出てくるでしょう。ただし、基本的にプログラマの転職では実務経験が重要になることが多いです。実務未経験の場合は、資格を持っていることを知識や向上心のアピール材料として活用しましょう。

なお、資格を取得する際に転職したい会社が決まっている場合は、その会社で使用する言語や業務に関係する資格がどんなものか、あらかじめ調べておきましょう。

資格手当

該当する資格を取得すれば、毎月の給料に「資格手当」が上乗せされる制度を導入している企業もあります。また、資格試験に合格すると一時的な奨励金を支払うケースもあるようです。

会社によって額は異なりますが、合格率が低く取得難易度の高い資格ほど資格手当や合格推奨金が高くなる傾向にあります。手当が毎月支給される場合、年収も変わってきます。自分が取得しようとしている資格が資格手当に該当しているとモチベーションアップにもつながるでしょう。

スキルの証明としての安心材料

資格を取るためには勉強して知識を習得しますし、技能試験がある場合はスキルも身につきます。そのため、資格を保有していることはプログラマとして仕事をする上で一定のスキルがある証明になり得るでしょう。

就職や転職に際しても、資格を取得していれば一定のスキルがあることをアピールできます。実務経験が浅い場合、資格取得によってプログラムの知識が身についていることや、学習意欲をクライアントにアピールする材料とするのです

資格は自分の現状のスキルや知識レベルを把握できるので、自分ならどれぐらいのレベルの仕事ができるのかを考える際にも役立ちます。

関連記事 : プログラマーの将来性について

資格取得への勉強方法

これからプログラム資格の取得を目指す場合、どのように勉強を進めればよいのでしょうか。勉強方法には以下の2つがあります。

<勉強方法>

  • 独学
  • スクール・通信講座

どちらの方法でも資格試験対策や勉強を進められますが、自分に合った勉強方法を選ぶことが大切です。それぞれの勉強方法について特徴を見ていきましょう。

独学

独学で勉強する場合は、書籍で学ぶ方法とWebで学ぶ方法があります。

書籍で学ぶ場合は、プログラム資格関連の書籍や試験対策本、過去問題集などを使って学習を進めます。Webで学ぶ場合は、資格対策講座や動画サイトなどがあるので、自宅でプログラムの基礎から試験対策、過去問などを勉強することが可能です。

書籍以外に活用できる媒体が増えているため、意欲次第で独学でも十分に資格取得は可能です。ただし、独学の場合は使用する教材などを自分で選ぶので、自分の理解度やスキルに合ったものを選ぶことが大切です。

スクール・通信講座

資格を取るためスクールや通信講座に通うという方法もあります。スクールや通信講座ではカリキュラムにそった授業が行われるため、資格に関する知識・スキルを体系的に学べます。

また、勉強でわからないことがあれば講師からサポートを受けられるため、安心して学習を進められます。過去問を使った試験対策を受けられるのもメリットの一つです。ただし、授業料がかかるので、スクールや通信講座に通う時間に加え、ある程度まとまったお金の用意が必要になります。

関連記事 : 学習効率を上げる!勉強テクニックまとめ

プログラマに必要なスキル

プログラマには、専門的で高度な知識やスキルが求められます。しかしそれ以外にも、コミュニケーション能力や協調性などのスキルを身につけることもプログラマにとっては大変重要です。

プログラマは多くの場合一人で仕事をすることはありません。プロジェクトはチームで進められることがほとんどです。チームには、他のプログラマはもちろんSEなども参加します。自分ひとりだけで好きに開発できる環境ではないため、周りのメンバーとの連携を忘れず意思疎通することが大切です。

報告・連絡・相談をこまめに行い、チーム全員で作っているという意識を心に置いておくことをおすすめします。

関連記事:プログラマに必要なスキル

プログラマの年収

プログラマの平均年収はどのくらいなのでしょうか。厚生労働省の調査データを基に見てみましょう。

厚生労働省が発表している令和元年(2019年)賃金構造基本統計調査では、社員10名以上の企業に属するプログラマの平均年収は、賞与を含め約426万円とされています。

もちろん、プログラマと一口に言っても、正社員・派遣社員・フリーランスと言った就業形態によって平均年収が異なりますし、企業の規模によっても変化します。また、使用する言語によって年収が変動する傾向も見られるため、年収金額は目安にしてください。

関連記事 : プログラマーの平均年収

プログラマにとっての資格の有用性

ここまででご紹介した資格を取ることで「実際にどのぐらい役立つのか」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?しかし実際はケースバイケースで、資格だけでなくご自身のスキルや経験などと併せた総合力が求められます。

レバテックフリーランスでは「自分のスキルで案件があるのかな?」といったご相談や「プログラマ(PG)の単価相場っていくらぐらいなの?」といった声にもお答えします。ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:資格を持つことで、参画に有利になるか?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.