Sass の求人・案件一覧

SassはCSSの一つで、Webページのレイアウトや装飾で使用されます。また、Sassで記述したものをCSSファイルに変換するソフトウェアでもあります。プログラミング言語処理も取り入れており、変数や算術演算、外部ファイルの読み込みなど、従来のCSSにはない機能を備えていることが特徴です。フリーランスの求人・案件ではフロントエンドエンジニアが多く見受けられます。また、プラットフォーム開発においても活躍が期待できます。他のエンジニアと差を付けるためには、compassを初めスキルを磨くことはもちろん、能動的に動けるフットワークや、他のエンジニアやクライアントとのコミュニケーション能力を高めておくことも大切です。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【Sass】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

Sassについて

Sassは一般的に「サス」と呼ばれ、開発におけるコーディングの作業量を減らし効率アップに繋がる有効な手段として多くのプログラマから用いられています。
また、記述方法は入れ子構造やあらかじめ定められた変数定義、制御構文によって構成され、コーディング簡略化を目的としたSASSと、よりCSS記述に近いSCSSの二通りがあります。どちらを開発で活用するかは現場の方針により異なります。
近年、開発工数やコスト削減のためにSassの導入を検討する企業が増えており、SCSS記述の経験やフロントエンドエンジニアとしてのスキルを求める求人・案件が目立ってきています。

【Sassを導入するメリット】
◆変数を活用できる
◆ネスト構造なので可読性が高い
◆条件分岐および繰り返し処理を活用することができる
◆関数を作成することができる
◆コメントアウトを//で容易に記述することができる
◆複数のファイルを1つにまとめることができ、容量削減と実行速度の高速化に繋がる
◆コンパイルのオプション設定により変換方法を変更することができる

Sass系の求人・案件では、主にフロントエンドエンジニアとして参画するケースが多いようですが、活躍できる業界やサービスの分野が広域であるため多様な経験を積むことができます。将来的にバックエンドエンジニアとしてキャリアチェンジが可能なスキルだと言えます。

よく見られているお悩み相談はこちら
SE(システムエンジニア)の仕事内容 システムエンジニアの資格について ネットワークエンジニアの資格について

他の求人・案件から探す
Delphiの案件 SASの求人・案件 AS/400の求人・案件

その他の求人・案件を探すOTHER

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.