データマイニングエンジニアの仕事内容

D.M 30歳 女性

D.M 30歳 女性

データマイニングエンジニアの仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

データマイニングエンジニアは、データの分析や検証、アルゴリズムの調査と実装、システム構築といった作業を行う技術者です。同職種に必要とされるスキルには、統計学・機械学習・自然言語処理などがあります。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.データマイニングは主にマーケティング支援に利用されます

■データマイニングとは

「データマイニング」とは、企業が収集しているデータを分析してそこに何らかの有用性を見つけ、マーケティングをサポートする手法のことを指します。つまりデータマイニングの目的は、商品についてのデータ(売れ筋、将来性、評判など)や顧客についてのデータ(性別、年代、地域、ターゲットなど)を分析すること、その上でマーケティングにおける課題を解決することであるといえます。
データマイニングは、「統計解析」と比較して論じられることもあります。データマイニングにおいては扱うデータ量が多く、知識発見要素がある点が特色となっています。それに対し統計解析は、扱うデータ量が少なく仮説検証的な性質があるという点が特徴の一つにあります。

2.データ分析を通して事業課題の解決につなげます

■データマイニングエンジニアの仕事内容

データマイニングエンジニアはその職種名の通り、案件参画に際してデータマイニング作業に携わる技術者ということになります。
データマイニングエンジニアに求められるのは、他の参画者と協力しつつ多様なデータの分析を行い、企業が抱えているビジネス上の課題を解決に導くこと。そうした事業課題の代表的な例としては、商品の売上アップやサービス改善(ユーザーの利便性向上)、新規施策の立案、コスト削減などが挙げられるでしょう。
実際にデータマイニングエンジニアが行う作業には、データの分析・検証、分析を合理的に行うための基盤やツールの整備、機械学習、アルゴリズムの調査と実装、システム全体の構築、仮設立案、ビッグデータ活用推進および方針策定などがあります。

■データマイニングエンジニアの将来性

ビッグデータは近年大きな注目を集めており、大量データ時代に対応できる技術者の需要は今後も伸び続けていくことが予想されます。とりわけ機械学習は、マーケティングにおいて欠かすことができないものでありながら、高度な専門知識・スキルを有する人材は不足傾向にあるのが現状です。そのためデータを扱う技能に長けたデータマイニングエンジニアは、将来性が十分にある職種ということができそうです。

3.データマイニングエンジニアに必要な3つのスキル

■統計学

統計学の素養があれば、データマイニングの正確な理解と活用に役立つかもしれません。案件によっては、統計学の専門的な知識やスキルが必須の参画条件とされるケースもあるからです。統計学に関しては、Web上にも参考資料が豊富に見受けられます。初心者向けにわかりやすく解説したスライドなどもあり、意欲さえあれば気軽に勉強を始めることが可能です。

■機械学習

機械学習は、コンピューターに過去のデータを学習させることで特定のパターンを見出させ、さらに未来のデータの予測も行わせる手法です。データマイニングではもちろんのこと、SNSや検索エンジン、マーケティングなど、あらゆる領域において活用されています。統計学と同様、案件参画時の必須スキルとなる場合もあるようです。

■自然言語処理

自然言語処理は、日本語や英語といった人間が用いる言語(自然言語)をコンピューター上で処理する技術。中でも「統計的自然言語処理」は、上に紹介した統計学や機械学習と共にデータマイニングの分野との関係が深く、データマイニングエンジニアにとっては身につけておきたい知識・スキルの1つといえます。自然言語処理を扱う案件としては、声による情報処理や認証を行うアプリケーション開発などがあります。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.