Pythonエンジニアの平均年収|他言語との年収比較や未経験からの入門・転職方法

Pythonエンジニアは、Webアプリや機械学習などの開発に携わります。最近ではAI人材を求める企業からのニーズが高く、注目が高まっている職種です。
そのため、これからPythonエンジニアを目指す方も多いと思いますが、まずはPythonエンジニアの平均年収や仕事内容、将来性・需要などを把握しておきましょう。
本記事では、Pythonエンジニアの平均年収と他言語との年収比較や、未経験からの転職方法などをご紹介します。

Python案件を提案してもらう

目次

Pythonエンジニアの平均年収
海外のPythonエンジニアの平均年収
そもそもPythonとは
Pythonエンジニアの仕事内容
Pythonエンジニアの需要
未経験からPythonエンジニアとして年収を得るには
Pythonエンジニアの年収アップに必要なスキル
年収はどうなる?Pythonエンジニアの将来性
Pythonエンジニアへの就職・転職は計画的に進めて年収アップを目指そう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Pythonエンジニアの平均年収

Pythonエンジニアの年収の参考として、2022年1月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランス機械学習エンジニアの年収相場

参照元 : 機械学習エンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 996万円
最高年収 1740万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給のほかに賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

他言語の平均年収

2022年1月時点でレバテックフリーランスに掲載中の求人案件をもとに算出したJavaエンジニア、PHPエンジニア、Rubyエンジニア、JavaScriptエンジニア、C#エンジニア、Go言語エンジニア、Swiftエンジニア、C言語エンジニア、COBOLエンジニアの年収は以下のとおりです。Pythonエンジニアと同様に、こちらもあくまで目安の数字と考えてください。

プログラミング言語別の平均年収と平均月額単価
言語 平均年収 平均月額単価
Java 828万円 69万円
PHP 864万円 72万円
Ruby 960万円 80万円
JavaScript 864万円 72万円
C# 804万円 67万円
Go言語 984万円 82万円
Swift 948万円 79万円
C言語 792万円 66万円
COBOL 732万円 61万円


表から分かるとおり、エンジニアの平均年収は取り扱う言語によって異なります。Go言語のように、スキルの希少性が高い新しい言語は、平均年収が比較的高い傾向だといえるでしょう。

Python初心者が転職したときの年収

Python初心者が転職したときの年収の目安として、厚生労働省が発表した2019年の「賃金構造基本統計調査」におけるシステムエンジニアの年収の参考にしてみましょう。

経験年数0年の男性システムエンジニアの平均所定内給与(月給)は、約25.8万円です。12ヶ月分で約309万円となり、年間賞与その他特別給与額の平均約19.2万円を合計すると、平均年収は約328.2万円となります。
ただし、このデータには新卒者も含まれると考えられるほか、残業代などの手当が支給される場合もあるため、実際にPython初心者が転職したときの年収相場とは異なる可能性があるため目安として捉えてください。
なお、経験年数が1~4年になると、平均所定内給与(月給)は約27.8万円、12ヶ月分換算の年収は約333.7万円になり、年間賞与その他特別給与額の平均約77.1万円を合計すると、平均年収は410.8万円ほどになります。

このデータから分かるとおり、エンジニアの年収には実務経験が大きく関係します。なぜなら実務経験が長い人材はスキルが高く、成果につながりやすくなるためです。また、年齢が上がると管理職に就くため年収が高まることもあるでしょう。
紹介データはシステムエンジニアに関するものですが、Pythonエンジニアにおいても、経験年数に応じて同様の年収変動があると予想できます。

参照 :令和元年賃金構造基本統計調査| 厚生労働省

Python案件を提案してもらう

海外のPythonエンジニアの平均年収

Pythonエンジニアに限定したデータではありませんが、経済産業省が発表した「IT人材に関する各国比較調査」によると、海外のIT人材の平均年収は以下の通りです。

海外のIT人材の平均年収
年収
アメリカ 1,157万円
インド 533万円
韓国 498万円
中国 354万円
タイ 195万円
インドネシア 192万円
ベトナム 85万円

参照 : IT人材に関する各国比較調査結果報告書|経済産業省

同調査における日本のIT人材の平均年収は598万円。日本は上記の国の中ではアメリカに次いで2番目に高い年収水準となっていますが、アメリカとは2倍近くの差があることが分かります。
日本を含む諸外国に比べると、アメリカは高度な知識や技能を有するIT人材が多いことも年収に影響していると考えられるでしょう。Pythonエンジニアの年収についても、アメリカでは高い水準となっていることが推測できます。

そもそもPythonとは

Pythonエンジニアの年収をイメージできたところで、そもそもPythonがどんな言語なのか確認しておきましょう。
Pythonとは、アプリケーション開発や統計解析に用いられるオブジェクト指向言語で、GoogleやYahoo!など多くのWeb系の企業で導入されている実績があります。

Pythonの特徴の一つは、文法がシンプルで分かりやすく、1行の中で多くの処理を記述できることです。コードを書く際はインデントを使用し行末にセミコロンを打つ必要がないので、ほかの方が書いたものでも読みやすく、誰もが同じようなコードを書けます。JavaやC言語のソースコードと比べると、Pythonの方が簡単で短く、プログラミングをやったことがない方やソースコードを書くのが苦手な方にもおすすめです。

また、Pythonはソースコードがシンプルでありながら、非常に高い汎用性を持っており、UnixやWindows、macOSなど幅広い環境で利用でき、ほかのプログラミング言語と連携しやすいことも特徴です。
Pythonが得意とする分野は、膨大なデータを取り扱う統計処理や数値計算で、近年では機械学習・深層学習(ディープラーニング)の分野でも活用されています。
アプリケーション開発分野や機械学習・統計解析分野で活躍したいエンジニアの方は、Pythonを身につけておくと良いでしょう。

Pythonでできること

Pythonでは、以下のような開発が可能です。

  • Webアプリケーション開発
  • 組み込みアプリケーション開発
  • 機械学習アルゴリズム実装
Webアプリケーション開発

PythonはWebアプリケーションを開発できます。ソースコードが少なくて済むといった特徴から、大規模なWebアプリケーション開発に活用されることも少なくありません。たとえば「YouTube」や「Instagram」の開発にもPythonが活用されています。

組み込みアプリケーション開発

Pythonは、組み込みアプリケーションの開発にも用いられる言語です。
具体的には、冷蔵庫やエアコンといった家電製品などを制御するアプリの開発に使用されています。最近は、AIが搭載された家電が出てきており、今後も組み込みアプリケーション開発でPythonが活用されるでしょう。

機械学習アルゴリズム実装

Pythonは、機械学習の分野で最も活用されている言語の一つです。機械学習の分野でPythonが人気な理由としては、ライブラリやフレームワークの充実が挙げられます。機械学習分野では「NumPy」や「Pandas」などさまざまなライブラリ・フレームワークが使用されます。

Pythonエンジニアの仕事内容

Pythonエンジニアは主に以下のような仕事内容を任されます。

  • プログラミング
  • データ分析
  • アルゴリズム設計

プログラミング

プログラミングは、Pythonエンジニアの主な仕事内容の一つです。Pythonエンジニアはソースコードを入力して画面や処理を作って1つの機能に仕上げます。この機能同士をさらに合体させて、Webアプリケーションなどを作り上げていきます。プログラミングでは、ライブラリを活用すると機能を一から作らなくてすむため、ライブラリも使いこなせると良いでしょう。

データ分析

Pythonエンジニアはデータ分析を行うことがあり、統計処理や解析も仕事内容となります。データ分析をするときは、数値計算を高速で行える「NumPy」「SciPy」「Pandas」などのライブラリを活用します。
Pythonはデータサイエンティストに求められるスキルでもあるので、データ分析のスキルを磨けばPythonエンジニアからデータサイエンティストに転身することもできるでしょう。

アルゴリズム設計

Pythonエンジニアの仕事内容には、データ分析のための「アルゴリズム設計」も含まれる場合があります。
機械学習では、機械が学習するためのモデルの構築が必要ですが、このとき学習内容に応じたアルゴリズムの選択や新規開発を行うのがPythonエンジニアの仕事です。

Pythonエンジニアの需要

「2019年度プログラミング言語別新規求人割合ランキング」(レバテックキャリア)において、PythonはJava、PHPに続く3位となっており、Pythonエンジニアに高い需要があることが分かりました。

Pythonでは大規模なWebアプリ開発、マーケティングにおけるデータ分析、AIの開発などが行えるため、今後も国内外の業界でPythonエンジニアの需要は続くと考えられます。
また、Pythonを使ったアプリやサービスが増えるほど、すでに稼働しているPythonを用いたシステムの運用保守の需要も高まるでしょう。

機械学習、データ分析などの高度なスキルや実務経験を持つPythonエンジニア人材であれば、フリーランスで高単価案件を受注し高い年収を得ることも可能となるはずです。

参照 : 【2020年7月発表】プログラミング言語別求人案件ランキング|レバテックキャリア

未経験からPythonエンジニアとして年収を得るには

未経験からPythonエンジニアになるには、Pythonを学んでから求人に応募する方法が一般的です。
まず独学でPythonを勉強したり、プログラミングスクールに通ったりして、Pythonの基本的な知識やスキルを身につけることは必要不可欠といえます。
それに加えて、IT職種そのものが未経験の場合は、基本的なITリテラシーを身につけるための勉強も必要でしょう。

ある程度のスキルを身につけた後は、Pythonに関するスキルをアピールするためのポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオがあると、面接時にスキルレベルが伝わりやすくなります。
ポートフォリオの作成には一定のスキルが必要ですが、長期的に目標を立てて学習を進め、最終的には自分のスキルをアピールできるWebアプリなどの制作を目指しましょう。

未経験からPythonエンジニアを目指す場合は、未経験者を歓迎している企業の求人に応募する方法もあります。この方法には、「実務経験をより早く積める」「研修などを通して働きながらスキルを磨ける」というメリットがあります。
特に、ほかの言語でITエンジニアとして開発経験がある人は、この方法でPythonエンジニアへ転職できる可能性もあるでしょう。

Python入門の方法

未経験からPythonのスキルを身につけていく方法には、以下のようなものがあります。

  • 本やテキストで独学する
  • サイトやブログで勉強する
  • プログラミングスクールで学ぶ
Pythonを本やテキストで独学する

本やテキストで独学する方法は、ほかのプログラミング言語を習得した人や、勉強したい内容が定まっている人におすすめです。Pythonをはじめとするプログラミング言語の教材は、ものによってレベルが異なります。入門・応用といった自分のレベルに合った教材を探して学習を進めましょう。
本やテキストを使うときは、読むだけでなく実際にプログラムを書いてみるのがおすすめです。

Pythonをサイトやブログで勉強する

最近では、Pythonを含むプログラミングの勉強ができるサイトやブログ、アプリなどが登場しており、これらを使って独学でPythonの勉強が行えます。

Webサイトで勉強するメリットは、実際にプログラムを書きながら学習ができることです。入門や応用、テストなどにコースが分かれている場合は、理解度をチェックするのにも役立ちます。無料で利用できるサイトもあるので、まずは自分が学びやすいサイトを使ってみましょう。

関連記事 : Pythonを習得するときに役に立つサイトまとめ

Pythonをプログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールでは、独学と比べて基礎から応用までのスキルを効率的に習得できるのがメリットです。プログラミングスクールには、主に通学型とオンライン型があり、自分に合った学び方を選べます。

通学型では、直接講師からプログラミングを教えてもらえます。プログラムを書いていて分からないところがあればすぐに質問できるので、初心者でも勉強をスムーズに進められるのがメリットです。
ただし、オンライン型よりも料金が高い、通学の時間を確保しなくてはならない、といったデメリットがあります。

一方、オンライン型はスクールに比べると安価で、比較的自分のペースで学習を進められる特徴があります。
通学型のように近くに講師はいませんが、スクールによってはその場でチャットを通じて質問できる、月に数回現役エンジニアに質問ができる、といったサービスを用意している場合があります。

関連記事 : Pythonの勉強法|初心者の入門におすすめの学習方法とは?

Pythonエンジニアを目指す転職活動のポイント

未経験からPythonエンジニアを目指す転職活動のポイントとしては、以下が挙げられます。

  • ポートフォリオの作成
  • 資格の取得
  • モチベーションのアピール
ポートフォリオの作成

実務経験がない未経験からの転職では、ポートフォリオはPythonのスキルをアピールするのに有効です。Webアプリなどの成果物を提示すれば、知識だけでなくスキルを証明できるためです。
Djangoなどのフレームワークを活用し、志望先に合わせたポートフォリオを提示できるように、できればいくつかのポートフォリオを作成しておきましょう。

資格の取得

IT・職種がまったく未経験であれば、ITリテラシーを高めるために「ITパスポート」「基本情報技術者試験」などITエンジニアにとって基礎的な資格を取得すると一定の知識をアピールできます。
また、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の「Pythonエンジニア認定試験」も良いでしょう。レベルごとに試験が分かれているので、まずは基礎レベルの受験がおすすめです。

関連記事 : Pythonの資格|入門におすすめの資格は?試験内容や種類、難易度を比較

モチベーションのアピール

最後は「モチベーションのアピール」です。未経験者に対しては、とびきり高いスキルレベルを持ち合わせていることよりも、やる気やモチベーションを重視する企業も多くあります。したがって、日頃からPythonエンジニアになるために、どのような自己研鑽を行っているかを伝えることが重要になるでしょう。

Pythonエンジニアの年収アップに必要なスキル

Pythonエンジニアが年収アップを目指すために必要なスキルには、以下のようなものが挙げられます。

  • 2系と3系を使いこなすスキル
  • マネジメントスキル
  • 他言語のスキル
  • 機械学習、AIに関する知識やスキル

2系と3系を使いこなすスキル

Pythonには2系と3系の2つのバージョンがあり、Pythonエンジニアは2系と3系の両方を使いこなす力を求められます。
2系と3系には後方互換がなく、printやrangeなどを筆頭にソースコードの書き方にも差異があります。2系・3系の使い分けができたとき、Pythonエンジニアとしての付加価値が増して年収アップにつながるでしょう。

マネジメントスキル

プロジェクトの進行管理や人員管理などのマネジメントスキルを習得することで、より上流のポジションにつきやすくなるでしょう。プロジェクトマネージャーやリーダーなど、プロジェクトや現場において管理的な役割を担当できるようになると、昇給による年収アップが見込めます。
マネジメントスキルを高めるために、現在エンジニアとして働いている方は、日頃からプロジェクト全体を意識して業務を行うのがポイントです。

他言語のスキル

Pythonは、C言語などほかの言語との連携が行いやすいプログラミング言語です。Python以外の言語をあわせて使用する現場もあるので、複数の言語スキルがあればさらに活躍の場を広げられ年収アップを見込めるでしょう。
また、Pythonはグローバルな大企業で導入されている実績があります。これからプログラミング言語を学ぶ方は、まずはPythonからはじめ、Java・C言語と徐々に幅を広げていくことで、年収が高いグローバル企業に就職できる可能性も出てきます。

機械学習、AIに関する知識やスキル

PythonはAIや機械学習の分野で多く活用されています。そのため、機械学習・ディープラーニングなどの知識やスキルを蓄積しておくと、AI・機械学習分野での開発に携われるようになります。
AIに対応できるPythonエンジニアの数は需要に対してまだ多くないため、機械学習などのスキルを習得するとPythonエンジニアとしての評価が上がりやすく、年収アップにつながるでしょう。

機械学習エンジニアの平均年収

Pythonエンジニアから機械学習エンジニアに転身した場合、年収はどうなるのでしょうか。
ここでは、機械エンジニアの年収の参考として、2022年1月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランス機械学習エンジニアの年収相場

参照元 : 機械学習エンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 996万円
最高年収 1740万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

機械学習の分野は日本では比較的新しく、スキルを持ち合わせたエンジニアがまだまだ不足している状況です。上記の年収は目安に過ぎませんが、一定のスキルを持ち合わせた機械学習エンジニアは、市場価値や需要が高い傾向にあり、その分年収が上がると考えられます。
機械学習の分野は、将来的にもさらに需要が高くなることが予想されます。したがって今後は今まで以上に機械学習エンジニアの平均年収が上がる可能性もあるでしょう。

関連記事 : 機械学習エンジニア(MLエンジニア)とは?仕事内容やフリーランス事情を解説

年収はどうなる?Pythonエンジニアの将来性

Pythonエンジニアの将来性は期待できるといえます。先述したとおり、国内ではAIや機械学習に対応できる人材が足りていないためです。

AIは日本でもあらゆる業種で活用が進んでおり、マーケティング活動やユーザーへのサービス提供、危険予知など、さまざまな目的で運用され始めています。文書作成業務や、画像収集など日常的に行う作業を自動化し、業務を効率化させる企業も少なくありません。

一方で、多くの企業はAIを扱える人材の確保に苦慮しています。総務省の「令和2年版情報通信白書」では、IoT・AIなどのシステム・サービスを導入していない企業のうち、43.7%が「使いこなす人材がいないから(導入していない)」と回答しています。
このことから、AI開発が行える先端技術を持ったPythonエンジニアは、今後も引き続き需要があると考えられ、スキル次第では高い年収を狙えるでしょう。

参照 : 令和2年版情報通信白書|総務省
関連記事 : DXエンジニアとは|DX人材に求められるスキルやおすすめの資格

Pythonエンジニアへの就職・転職は計画的に進めて年収アップを目指そう

Pythonは機械学習などに使われることから、Pythonエンジニアは今後も高い需要が続くと予想できます。働き方や保有するスキルレベルによっては、ほかの言語を扱うITエンジニアと比べても高い年収を目指すことが可能です。
転職する際は、どのようなスキルをいつまでに習得し、ポートフォリオをいつまでに作成するか、など計画的に準備を進めましょう。

※本記事は2022年1月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Python案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとPythonの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。