• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

情報セキュリティの求人・案件の傾向について

情報セキュリティの三原則は、「機密性」「完全性」「可用性」と定義されています。近年の高度情報化社会において欠かせない業務とされ、企業に属するひとりひとりに対しセキュリティ対策の知識が求められ始めています。そのため、プログラマだけでなく管理職や事務職として働く人に対しても、セキュリティ対策の資格取得を推奨する動きも高まっています。主な資格は、情報処理技術者試験の情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)や、情報セキュリティ管理士認定試験、CISSP認定資格などです。IT業界に限らず、カード会社・証券会社・通信会社などでも今後さらに情報セキュリティの求人・案件が増加することが見込まれています。

情報セキュリティについて

悪質ユーザによるフィッシング詐欺・不正アクセス・ウィルス感染など、システムを取り巻く脅威が後を絶ちません。
多くの企業では、情報セキュリティの求人・案件を増やすことで、ハイスキルをもったセキュリティコンサルやセキュリティエンジニアの取り込みを強化しています。
プログラムの設計ミスや不具合による脆弱性が存在したシステムをユーザが使い続けることにより、危険性はより増します。セキュリティコンサルやセキュリティエンジニアの役目は、情報セキュリティ機能の企画・要件定義・開発・運用を行ない、システムが良質な状態を維持できるようにサポートすることです。また、システムを利用するユーザに対する教育やセキュリティポリシーの作成も業務の一環となります。

今後、セキュリティ分野を目指そうと考えられているプログラマは、システム開発の品質管理経験やデータベース関連の知識をもっていると、ソフトウェアメーカーやインフラ系、Sler系における情報セキュリティの求人・案件で活躍しやすくなるでしょう。

また、ソフトウェアはさまざまな場面で予期せぬトラブルを発生するものです。そのため、経験や知識だけでなく、臨機応変に対応できる柔軟な発想力も情報セキュリティへの武器となります。インターネットやコンピュータを使うユーザが不安なく利用できるよう対処することが、プロとして求められる使命とされています。

他の求人・案件から探す
SASの求人・案件
AS/400の案件
Solarisの求人・案件

おすすめのキーワードから探す
サイト ITの求人・案件募集 COBOL プログラマの求人・案件募集 SE 英語の求人・案件募集
Java 業務アプリの求人・案件募集 PHP スマートフォン開発の求人・案件募集 モバイル エンジニアの求人・案件募集

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?