• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

情報セキュリティスペシャリストの求人・案件の傾向について

情報セキュリティスペシャリストは、開発に欠かせない安全対策に特化した国家資格です。ソフトに潜むウイルスや脆弱性を発見することを目的とし、ウィルス対策を対処するセキュリティエンジニアを目指す方に最適な資格です。また、情報セキュリティスペシャリストは、数ある国家資格の中でも高度情報処理技術者試験の1つで、求人・案件にとても有利なスキルといえます。また、これまで資格を活かし開発に携わってきた方なら、ご自身が積み上げられた経験が大きな自信とアピールポイントとなります。IT業界だけでなく、金融といった情報機密性を求められる分野でも高く評価される傾向がある資格です。

情報セキュリティスペシャリストについて

「情報セキュリティスペシャリスト」は、情報処理技術者試験の1区分である国家資格です。技術力はもちろん、開発プロジェクトや運用プロセスの管理、業務に付随する各制度への理解、法務関連など情報セキュリティ全般の総合スキルが問われます。
ハイレベルな高度情報処理技術者試験の1つとして知られており、スキルレベルは最高レベルの4です。
以前は「情報セキュリティアドミニストレータ試験」と「テクニカルエンジニア試験(情報セキィリティ)」という2つの資格がありました。2009年に情報処理技術者試験制度の改正が行われ、2つを統合するという形で「情報セキュリティスペシャリスト」が誕生しています。
合格率は13.1%(平成25年春)と低く、レバテックフリーランスの求人・案件より参画されたエンジニアの方であっても実際に取得されている方は少ないかもしれません。
意外にもエンジニア業界の間では、高度情報処理技術者試験の中で「情報セキュリティスペシャリスト」が一番易しい国家資格であると考えられています。その理由は2つあり、1つはスペシャリスト系の資格試験として唯一、春と秋の年2回取得試験が開催されることです。また、設問の午後IIが記述式となっており、語学力や国語力で正しく答えることができる例もあることが挙げられます。


おすすめのキーワードから探す
大阪 社内SEの求人・案件募集 東京 アプリ開発の求人・案件募集 ゲームプログラマの求人・案件募集
PHP Webシステムの求人・案件募集 プログラミング 池袋の求人・案件募集 Java 画面開発の求人・案件募集

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?