ナビゲーター : 杏

セキュリティエンジニア の求人・案件一覧

セキュリティエンジニアは、急速に需要が高まっている職種で、セキュリティシステムに特化したエンジニアとして、企画設計から、実装、テスト、運用フェーズまで幅広く携わります。セキュリティエンジニアとしてのキャリアパスを描くのであれば、プログラミングの他、システム構築や運用経験を積むことが望ましいでしょう。多様な業務のシステムに触れておくことで、セキュリティの知識をより深く掘り下げることができます。また、CISSPやGIAC等の資格取得に挑戦すると、大きな自信に繋がるでしょう。セキュリティエンジニアの求人・案件は、ソフトウェアメーカーや商社の他、セキュリティコンサルティングなど、多方面に亘ります。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【セキュリティエンジニア】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の勤務形態を選択してください(複数可)

セキュリティエンジニアについて

生活に利便性をもたらすインターネットですが、その急激な普及に伴い、セキュリティ被害が深刻化しています。コンピュータウイルスや、不正アクセス等の脅威が蔓延している現代において、セキュリティ意識は急速に高まっており、情報セキュリティに特化した「セキュリティエンジニア」は、重要な職種となっています。
セキュリティエンジニアの求人・案件では、セキュアプログラミングや、セキュリティアーキテクチャの知識を要求されることがあります。設計や実装段階では、システム運用を深く理解しつつ、セキュリティを考慮した設計を施し、安全を維持しなければなりません。また、セキュリティエンジニアの需要が最も高いと言える運用段階では、インシデントレスポンスやフォレンジックを行い、ネット攻撃に迅速に対応する必要があります。最近では、認証取得に関連したコンサルティング業務の求人・案件も増加しており、管理面に強いセキュリティエンジニアを目指すのであれば、ISMSやプライバシーマーク、関連法令・規格の知識を習得しておくのも良いでしょう。クライアントや現場担当者など、様々な人とコミュニケーションをとる機会が多いため、物事を論理的に説明できる力や、対話力が求められます。また、トラブルや予想外の状況に思いを巡らせることができる発想力、変化を見逃さない洞察力が重要です。セキュリティを扱う職種であるため、高い倫理観も不可欠です。

よく見られているお悩み相談はこちら
フリーランスの仕事内容とは システムエンジニアのスキルについて SE(システムエンジニア)の仕事内容

他の求人・案件から探す
Pascalの求人・案件 PowerBuilderの案件 SASの求人・案件

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

オススメの求人・案件一覧

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.