期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

情報セキュリティに関する資格には、どんなものがある?
情報セキュリティの資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ITが不可欠になっている現代において、情報セキュリティに関する知識は必要性が高くなっています。当記事では、情報セキュリティの三大要件や、情報セキュリティに関する主な資格の紹介、紹介した資格を取得するメリットについて説明しています。情報セキュリティに関する資格の取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 情報セキュリティの三大要件について
2. 情報セキュリティに関する主な資格の概要
3. 上記資格を取得することのメリットについて

1. 情報セキュリティの三大要件について

情報セキュリティとは

情報セキュリティとは、コンピューターを安全に使用することができるよう、三大要件とされる特性の保護や維持を行うことを指します。情報セキュリティの三大要件は「機密性(confidentiality)」「完全性(integrity)」「可用性(availability)」とされており、それぞれの英語の頭文字をとって「CIA」と呼ばれることもあります。以下に、三大要件の詳細について見ていきましょう。

機密性

ある情報に接する正当な権利を持つ者だけが、その情報を利用できる状態にすること。そして許可を受けていない個人や団体に対して、情報の使用を禁じたり非公開にしたりすることを指します。具体的な対策としては、アクセス権の設定や情報漏えい防止などがあります。

完全性

完全性は、権利を持たない者によって情報を変更(改ざんや破壊、消去など)されないようにすることを意味しています。改ざん防止対策がこれにあたるといえるでしょう。

可用性

情報へのアクセス許可を受けている者が、その情報を必要な時に利用可能な状態にすることを可用性と称します。具体的には、システムの二重化対策や電源保護対策といった方法があります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 情報セキュリティに関する主な資格の概要

以下に、情報セキュリティに関する主な資格を挙げていきます。

情報処理安全確保支援士

「情報処理安全確保支援士」は、サイバーセキュリティに関わる専門的な知識と技術を持つ人材の育成を目的として創設された国家資格です。「登録セキスペ(登録情報セキュリティスペシャリスト)」という通称名で呼ばれることもあります。登録セキスペは、あらゆる企業や組織において情報システムの安全性をサポートし、セキュリティ対策に基づく助言を行うことが求められます。

ネットワーク情報セキュリティマネージャー

「ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)」は、サイバー攻撃やハッカーの
危険に対応するべく、情報セキュリティの専門家の育成と配置を目指して創設された民間の資格制度です。資格持っていることによって、セキュリティを扱うエンジニアや管理者として案件に参画する上で役立つことがあるかもしれません。

公認情報セキュリティマネージャー

「ネットワーク情報セキュリティマネージャー(CISM)」は、情報セキュリティを扱う国際資格です。情報セキュリティの管理に携わる人向けの内容となっているのが特色で、セキュリティマネージャーやセキュリティコンサルタント、セキュリティ担当役員などを認定対象としています。

3. 上記資格を取得することのメリットについて

最後に本項にて、上に挙げた資格を取得することのメリットについて解説します。

情報処理安全確保支援士

この資格を有していることにより、情報セキュリティの分野において高度な知識と技術を持っていることを証明することができるでしょう。また、定期的に開催されるオンライン講習と集合講習の受講を通じて最新の知見を得ると共に、これまで身につけてきたスキルの維持も期待できそうです。

ネットワーク情報セキュリティマネージャー

ベンダーフリーの資格であるため、1つの技術に依存することなくスキルを身につけられるのが特徴です。また、ログ解析やサーバー設定のような技術的な面から、リスクアセスメントをはじめとした管理系のスキルまで、体系的に学ぶことができるのもメリットといえるでしょう。

公認情報セキュリティマネージャー

この資格を取得することにより、情報セキュリティの専門家としてのイメージ向上につながる傾向があります。また、本資格は国際的に通用するので、プロフェッショナルとして世界的な認知を受けることにもつながる可能性があります。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?