活躍し続けるために必要なことって?
SE(システムエンジニア)の将来性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

企業にとってITが欠かせない存在となった今、システムエンジニアの需要は増加傾向にあります。専門性やビジネススキルを持つことで、長期にわたって活躍することができるでしょう。

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. SEとは
2. SEの適性
3. SEの将来性

1.  SEとは

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニア(SE)は、コンピューターシステムの基本設計から運用テストまでを行う技術者のことです。

システムエンジニアの仕事の基本的な流れは、クライアントに対するヒアリングを行い、かけられる時間や費用に基づいて最適なシステムは何かを判断することから始まります。

実現したい事柄に対して必要なシステムがわからないというクライアントも多く、相手の要望を聞きながら「クライアントが求めているものは何か?」を明らかにするのも仕事の1つです。

つくるべきシステムが決定した後は、システムに持たせる機能などを決める基本設計を行い、さらに詳細な設計へと進んでいきます。詳細設計はプログラマーがプログラミングをする際に必要になるもので、仕様を明確にして情報の漏れを防ぎ、クライアントの要望が確実に反映されるよう注意を払います。

プログラミングが完成した後はテストを行い、システムが想定した通りに動作するかの確認をします。問題が発生した際はその原因を調査し、他のエラーが発生しないかについて考えていきます。

案件によっては運用後もシステムのサポートを行い、使用中に発生した問題に対応するケースもあります。

システムエンジニアになるには?

システムエンジニアになるには、IT関係の専門学校で学ぶ方法や、プログラマーとして経験を積んだ後SEにキャリアアップする道があります。

プログラマーになるには特別な資格は必要とされず、独学や就職した企業の研修で基礎的な力を身につけていくことが多いです。システムエンジニアになったあとは開発プロジェクト内で補佐的な業務に取り組み、経験を積んでいくケースが多いようです。

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

2. SEの適性

仕事のやりがい

クライアントの要望からシステムを考える仕事の創造性はシステムエンジニアにとってのやりがいの一つといえるでしょう。クライアントの要望を超える提案ができれば、成長を感じることもあります。

仕事の厳しさ

システム作成には納期があるため、時期によっては業務時間が長時間に及ぶという大変さがあります。どこで問題が発生してスケジュールが狂うかわからないという面があり、調整が終わるまで体が自由にならないといったことも。

システムエンジニアに向いている人

コミュニケーション能力がある人

パソコンと向かい合って仕事をしているというイメージを持たれがちがちなシステムエンジニアですが、実際にはクライアントの要望を聞いたりチーム内でやり取りをしたりと、開発にかかわる人たちとの対話力が求められる仕事といえます。

クライアントはシステムに対する専門的な知識を持っていないことも多く、専門用語を噛み砕いて説明する力も大切になります。プログラマーとの意思疎通はシステムの仕上がりを左右するため、技術力以外の部分が問われます。

新しい知識・技術をキャッチアップしていける人

ITの技術は日々進化していくため、新しい技術に敏感に反応し勉強を続けられる人がシステムエンジニアに向いています。勉強の時間は業務とは別に確保する必要があるので、ITに興味があり、その習得に力を注げる方に向いている仕事といえるでしょう。

3. SEの将来性

システムエンジニアの需要は?

企業の運営やビジネスにとってITが欠かせないものとなった今、システムエンジニアの需要は増加する傾向にあるといえます。

IT分野の技術は短期間のうちに革新していくため、移り変わる環境に対応するためにもシステムエンジニアは求められ続ける職種。最近ではスマホアプリ開発などのためのSEの需要が伸びていて、これからも未知の分野が増えるたびにエンジニアへの要請は高まっていくでしょう。

スキルアップで将来が開かれる

システムエンジニア個人が長期にわたって活躍するためには、最新のIT技術を学ぶ姿勢が不可欠といえます。

また、報酬だけで仕事を選ぶのではなく、「自分がそこから何を学べるのか?」「新しく学ぶことはあるのか?」を考えることも大切です。移り変わる時代のニーズに対応するスキルを磨き続けることで、新しい仕事を得ることができるでしょう。

近年、システムが複雑化したことを受けてシステムエンジニアの分業化が進んでいると言われています。高度な専門性を身につけて自分の「売り」をつくるのも、システムエンジニアが活躍し続ける道のひとつ。深い知識を身につけユーザーに今までにない「新たな提案」ができるエンジニアは、貴重な人材として扱われるでしょう。

技術面以外には、チームを引っ張るリーダーとしての能力や営業に関するビジネス的なスキルを身につけることで、多数のエンジニアが長期にわたって第一線で活躍しています。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方はこちら
SE (システムエンジニア)の求人・案件
東京エリアでのSE(システムエンジニア)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?