あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

「フリーランスやめとけ」の意味は?フリーランスになる前に確認しておこう!
なぜフリーランスはやめとけと言われるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアになりたいと思って情報収集していると、ネガティブな情報が出てくることもあります。たとえば、「フリーランスになるのはやめとけ」といった類の記事です。これらを見て、フリーランスになるのを躊躇した人もいることでしょう。では、なぜフリーランスは「やめとけ」と言われるのでしょうか。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスはやめとけと言われる理由
フリーランスエンジニアのメリット・デメリット
フリーランス支援サービスを有効活用するのも手

フリーランスはやめとけと言われる理由

一般的なフリーランスのイメージとして、「自由になれる」というものがあります。たとえば、働く時間や仕事の内容が自分で選べたり、会社などでの煩わしい人間関係から開放されたりといったものです。しかし、すべてのフリーランスがこのようなメリットを受けられる訳ではありません。その理由は以下の通りです。

スキルがないと仕事を選びづらい

フリーランス向けの案件は、即戦力を求められるものが多い傾向にあります。実務経験やスキルが不足していると参画できる案件が限られるため、自分が望まないような案件でも受注しなければならないというケースがあります。

また、フリーランスの働き方には、自主的なスキルアップが欠かせません。自身のスキルを伸ばすことで、今までやったことのない業務にもチャレンジできるようになります。

一方で、勉強を怠れば成長が止まり、フリーランスの仕事が「今あるスキルの使い回し」になってしまうことも。こうなると、同じような内容の案件しか受けられなくなってしまう可能性があります。

プライベートがなくなる可能性がある

スキル不足から低単価の案件を受け続けることを余儀なくされている場合、仕事に割く時間がほとんどになり、プライベートの時間がなくなってしまうこともあり得ます。また、「今は十分に稼げていても、来月・再来月はどうなるかわからない」という不安から、もらった仕事をがむしゃらにこなし続けて、結局仕事漬けになってしまうというケースもあるようです。

プライベートの時間が欲しいと思ってフリーランスになった人が、こうした状況に陥ってしまうと本末転倒でしょう。

良好な人間関係は必須

人間関係が面倒でフリーランスになりたいと思っている人にとっては意外に感じるかもしれませんが、フリーランスはコミュニケーション能力が重視されることが多いです。

フリーランスは基本的に自分で仕事を獲得しなければなりませんが、人脈で仕事を得るなら良好な人間関係を築くことが大切です。セミナーや講演会などで横のつながりを作ったり、過去の取引先の人に定期的に連絡を取るなど、積極的に周りの人と関わっていかなければなりません。

内容をまとめると、「以下に該当するのであれば、安易にフリーランスを目指すべきではない」ということが言えるでしょう。

  • フリーランスとして活動していくためのスキルが十分でない
  • 「フリーランスになれば全てが自由になる」と過度な期待を持っている

関連記事 : フリーランスで失敗を避けるために気をつけるべきこと

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

前述の通り、フリーランスになれば、誰もが自由に好きな仕事ができるというわけではありません。しかし、十分なスキルとやる気があれば、魅力的な働き方であるのは確かです。ある程度仕事を選ぶことも可能になりますし、会社員として働くより高い収入を得られる可能性があります。

これからフリーランスエンジニアとして活動しようと思っている人は、メリットおよびデメリットとなり得る点をしっかりと把握しておきましょう。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアのメリットとしては、以下が挙げられます。

スキルと努力次第で収入アップを狙える

会社員エンジニアとして勤める場合、目に見える成果を出したとしても、給与が大幅に上がることはほとんどないでしょう。それに対し、フリーランスエンジニアは、スキルや頑張り次第で、大幅な収入アップを狙うことができます。

ある程度仕事を選ぶことができる

会社員に所属していると、会社の指示によって動くことになるため、基本的に仕事を選ぶことはできません。一方フリーランスなら、その業務を行えるだけのスキルさえ持っていれば、ある程度自分のやりたいことを選り好みすることができます。

達成感・充足感を得やすい

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の「フリーランス白書2019」によると、フリーランスは、会社員と比べて、就業環境や仕事上の人間関係、達成感・充足感のなどにおける満足度が高い傾向があるようです。

人生のなかで仕事が占めている時間は長いですから、「仕事で充足感を得やすい」というのは重要なポイントなのではないでしょうか。

参考:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアのデメリットとしては、以下が挙げられます。

収入が安定しづらい

フリーランスになるにあたって一番不安に感じるのが「収入が安定しづらいこと」ではないでしょうか。仕事がなくなってしまったり、体調不良やケガで業務を行えなくなってしまったりすれば、収入はゼロになってしまいます。「今は稼げていても、将来はどうなるかわからない」と不安を感じているフリーランスも少なくないでしょう。

案件獲得のための営業が必要

フリーランスとして活動するなら、継続的な案件の獲得が必要になります。友人・知人から案件を紹介してもらえれば良いですが、コネやツテがない場合は、自分から営業活動を行わなければなりません。

確定申告を行わなければならない

会社員として働く場合、税金関係は会社側がまとめて処理を行ってくれますが、フリーランスは、自分で確定申告を行わなければなりません。確定申告とは、1年間の収支とそれにともなう税金の額を申告し、納税額を確定することです。

関連記事:フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランス支援サービスを有効活用するのも手

フリーランスをやめておいてほうが良いと言われる理由、フリーランスのメリット・デメリットについて見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。中には、「収入が安定しないのは不安」「営業ができないから難しい」と感じた方もいるかと思います。しかし、これらはフリーランス向けに案件提案を行っているエージェントを利用することで、解消する可能性があります。

フリーランス向けエージェントを使うメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 案件獲得のための営業を行う必要がない
  • 幅広い選択肢の中から、自分のやりたい案件を選べる
  • 個人では獲得しづらい案件も受注できる
  • 収入が安定しやすくなる

また、案件の提案だけでなく、参画中の不安や悩みもフォローしてもらえるので、はじめてフリーランスになるという人にぴったりです。興味のある方は利用してみてください。

関連記事:フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.