基本を理解するために
機械学習の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

機械学習を用いた仕事の例として、アプリ開発や分析などが挙げられます。データ入力やレジ係など、従来は人間が行った仕事を機械ができるようになることから、「将来は仕事がなくなる」という声もあるようです。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. 機械学習とはコンピュータが大量のデータを解析しパターンを見つけること
2. 機械学習を用いる仕事の例は、アプリ開発や分析など
3. 人間と機械がどのように協働するかが着目点です

1. 機械学習とはコンピュータが大量のデータを解析しパターンを見つけること

機械学習とは、コンピュータに大量のデータを与え、ルールや法則などのパターンを見つけ出させること。機械学習では、開発者がすべての動作をプログラムするのではなく、データから導き出したパターンに沿って処理を行わせることができます。

機械学習の具体的な活用例は、数字認識や顔検出、会話理解など。ほかにも医療診断や株式取引などで活用され、今後も適用範囲が広がると予測されています。

例に挙げた数字認識では、封筒に記載されている郵便番号を読み取ることで、地域別の仕分けが可能です。

また、顔検出では人の画像を大量に読み込むことで、特定の人物を識別できるようになります。この機能により、人物ごとに画像を仕分けることが可能です。

さらに、会話理解では、 iPhoneに入っているSiri を思い浮かべる人が多いかもしれません。Siriユーザーの発言を識別し、要求への対応を試みる機能があります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 機械学習を用いる仕事の例は、アプリ開発や分析など

機械学習を用いた仕事内容として、以下のような例が挙げられます。

・アプリケーション開発
アプリケーション開発の際は、設計や開発、動作チェックなど一連の流れを担当します。アプリに画像認識を活用したい場合は、領域抽出や画像データからのノイズ除去といった画像処理が必要です。

・分析
企業の課題を把握して解決のための仮説を立て、膨大なデータを解析するのが仕事です。ほかにも、自社メディアのユーザーの行動特性から規則性を見出し、提供するサービスの改善・向上を図る業務もあります。

3. 人間と機械がどのように協働するかが着目点です

近年ではSiriやPepper、Google Nowなどに代表されるように、日常生活のさまざまなシーンで機械学習を活用した事例に接しています。そして、機械学習の活用の一つとして、業務効率化へ注目が集まっています。

機械学習の進展によって、たとえばデータ入力やレジ係、案内係など、従来は人間が行った仕事を機械ができるように。このような状況から、「将来は仕事がなくなる」という声もあるようです。

しかし、現在において人間しか持っていない能力もあります。たとえば、リーダーシップや枠にとらわれない発想力、ホスピタリティの心など。仮説を導き出したり、人間の複雑な気持ちを理解して相手のモチベーションを高めたりする力は、人間だからこそ持ち得る能力です。

今後もAIの技術は急速に進歩していくと考えられるため、人間と機械がどのように協働するかに関心が集まっています。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.