ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITコンサルタントはクライアント企業の経営課題に対し、IT戦略策定やシステム構築・導入を支援し、課題解決まで導く職種です。この記事ではIITコンサルタントの仕事内容や必要なスキルから、フリーランスになった場合の事情まで解説します。

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

目次

ITコンサルタントの仕事内容
ITコンサルタントとSEの違い
ITコンサルタントに向いている人
ITコンサルタントのやりがい
ITコンサルタントに必要なスキル
ITコンサルタントに役立つ資格
ITコンサルタントになるには
未経験からITコンサルタントになるには
ITコンサルタントのキャリアパス
ITコンサルタントの将来性
フリーランスのITコンサルタントで働く場合
フリーランスITコンサルタントの年収(編集部追記)

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントは、クライアントの経営課題に対してIT戦略を軸にアドバイス・提案・支援することが主な仕事内容です。クライアントに寄り添いながら、最終目標を定め、課題に対して、各分野の専門家とチームを組み、協業しながら解決策を導き出していきます。

働き方改革など、クライアントが変革したい事案に対してITシステムを使うことにより、業務を改善することはもちろん、導入するシステムに合わせて組織自体を改変することもあります。

クライアントによって、既存のITシステムを導入することがマッチしている場合もあれば、カスタマイズされたITシステムをゼロから構築することが中長期的にみて解決策になる場合もあるなど、解決策はさまざまです。イチからITシステムを構築する場合も、エンジニアに任せるのではなく、システムの設計・開発・動作検証まで一貫してチェックします。

ITコンサルタントは、どのようなときもクライアントの立場になって、ITシステムの導入を検証し、導入までサポートします。
業務の流れを整理すると、

  • (1) クライアントが抱える経営課題をヒアリングする
  • (2) 解決の糸口を探す
  • (3) 解決策を提案する
  • (4) アイデアを実現可能にするために、各専門家に相談する
  • (5) プロジェクトマネージャが、プロジェクトを実現するまでのプロセスを計画し、チームを束ね、プロジェクトを遂行する
  • (6) ITコンサルタントは、仕上がった計画を確認し、プロセスのフェーズごとに、アイデアが生かされているか、軌道修正するべきところはないかなどを見守る

となっています。
昨今は、医療・介護・農業・製造業・スポーツといった分野でも、ITコンサルタントが活躍しています。

多くのクライアントは、同業他社よりも、少しでも早くITを導入し、結果につなげたいと考えているため、的確なアドバイスをくれ、最終的な目標までサポートしてくれるITコンサルタントとの出会いを求めています。

多くの案件は、数カ月から数年の期間を要し、費用もかさみます。クライアントとしては費用対効果を明確にしたいので、当初の予算と実際のコストが乖離したときにどう判断するかを、顧問税理士や会計士、弁護士、行政書士、社労士など、士業の専門家のアドバイスも参考し、先に決めておくことが重要だと言えます。

多くのクライアントは大きなリスクを背負いたくはありませんし、莫大なコストを調達ができないこともあります。費用を補うために融資をあてにしていた場合、融資が下りない可能性があっても、融資前からコンサルタントは動き始めなければなりません。

また、他のクライアントに導入している成功実績などがあったとしても、個々のクライアントに戦略をマッチさせるためには、提案を段階的に導入するのか、代替案を提案するのかなどを、コスト調整を含めて細かく決定していかなければなりません。

たとえば、クライアントの経営陣と、現場のチームの考え方が乖離していたり、クライアント自身が、課題に取り組んできた失敗体験をもっていて、必要以上にネガティブであったりすることもあります。

上記のようなケースも考慮し、提案を確実に受け入れられるものにするためには、細やかに柔軟に、提案を調整できるようにしておくことが大切な要素だと言えます。

関連記事 : ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

ITコンサルタントとSEの違い

ITコンサルタントとシステムエンジニア(SE)は似たような職業と思われがちです。実際に明確に区別するのが難しい部分もありますが、ITコンサルタントの職務は基本的にクライアントの経営戦略、ビジネス課題、IT戦略などの実現、および事業課題の解決であるのに対し、SEの職務はクライアントが求めるシステムを開発することにあるというのが、一般的な違いと言えます。

ITコンサルタントの役割


ITコンサルタントは、クライアントの経営に近い人物からヒアリングを行い、分析を通じて課題を洗い出し、どのようにシステムを導入・改善すれば課題を解決できるかを考え、提案します。そして、コンサルティングプロジェクトを進めるために、システム化する業務の流れを明確にした業務要件定義を作成します。

SEの役割

一方、SEの役割は、実際にシステムを開発することにあるといえます。業務要件定義からシステム要件定義を行い、開発するソフトウェアや実装する機能などの細かい仕様を決めます。そして、プログラマーなどと協働しながら機能を実装し、導入前のテストまでを担当するのが一般的な仕事です。

このように、ITコンサルタントはSEよりもクライアントとの折衝が多く、より上流工程の仕事を担当していると言えます。

求められる知識やスキル

どちらの職種もITに関する知識が必要ですが、SEはエンジニア寄りの専門的なITスキルや開発経験が求められ、ITコンサルタントは、それに加えて経営の知識、幅広い業界知識、SEよりも広範囲をマネジメントする力、コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなどが求められます。そのため、スキル面から考えれば、一般的にITコンサルタントのほうが転職難易度は高くなっています。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

ITコンサルタントに向いている人

ITコンサルタントに向いている人の資質としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 論理的な考え方が得意な人
  • 人とのコミュニケーションが好きな人
  • 新しい知識習得に貪欲な人

論理的な考え方が得意な人

「論理的な考え方が得意な人」はITコンサルタントに向いています。ITコンサルタントはクライアントが抱える課題に対して、適切な解決方法を提示しなければなりません。クライアントから現状をヒアリングし、そこから導き出される問題点と改善案を説明します。論理的思考ができなければ説明の根拠が乏しくなり、改善の必要性や重要性、メリット・デメリットなどが十分に伝わりません。

また、受注後のプロジェクトをマネジメントする工程でも、論理的に物事を考えて効率的な指示を出していけなければ、円滑にプロジェクトが進まないでしょう。

人とのコミュニケーションが好きな人

ITコンサルタントは「人とのコミュニケーションが好きな人」にも向いています。ITコンサルタントは、社内外の多くの人と、スムーズかつ的確にコミュニケーションを取らなければなりません。クライアントや関係者、社内のさまざまな部署の人とうまく連携しながらプロジェクトを進める必要があるからです。

新しい知識習得に貪欲な人

ITコンサルタントは「新しい知識習得に貪欲な人」にも向いています。近年のIT業界は新しい技術が頻繁に生まれ、各領域ごとのトレンドが移り変わるスピードも速くなりました。ITコンサルタントはITを活用して提案を行うため、最新の技術やトレンドを把握しておくことが大切です。日頃から新技術を吸収するのが好きな人はITコンサルタント転向後も、提案内容の質を高めていけるでしょう。もちろん、実際に新技術を提案する前に、クライアント企業のビジネス形態や業務知識について理解を深めておくことも大切です。

関連記事 : ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントのやりがい

ITコンサルタントの仕事のやりがいは、ITを活用して経営に近い大きな課題を解決できる点にあると言えるでしょう。近年では、中小企業庁などが中心となって、中小企業の経営課題を解決するためにITシステムやIoTシステムを導入・活用することを推奨しています。

※参考 : 中小企業庁 : 経営サポート「技術革新・IT化支援・省エネ対策」

ITコンサルタントは、経営課題という大きな課題を解決することが主な仕事内容です。自分が提案したITシステムを導入することで企業の業績がアップするなどの結果が数字として見えやすく、成果が分かりやすいことも、やりがいのひとつに挙げられます。一から自分で最善な解決策を考え出し、それによって企業の課題を解決できた際の達成感は大きいでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントの将来性|今後の需要や仕事内容、必要なスキルは?

ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントに必要なスキルは以下の通りです。

論理的思考力とパラレル思考

ITコンサルタントは、複雑に絡み合っているクライアントの抱える問題をきちんと整理・解決するために、論理的な思考が要求されます。単なる思いつきや感情に任せて提案するのではなく、必ずしも1つでない問題点や課題を見極め、きちんと整理された解決方法が提案することが求められます。

プレゼン能力も必要ですが、格好の良い資料を用意するというよりも、クライアントや各専門家に伝わるようにすることが大切です。

  • いつ
  • だれが
  • なぜ
  • どのように
  • 何をおこなうか

という点が、明確になっていると、訴求力が高くなります。

論理思考のなかでも、同時に複数の情報を処理できる、パラレル思考を身につけておくことが大切です。

問題の1つひとつを別々に考えていると効率が悪くなり、対応が遅延していく可能性があります。複数の案件をリアルタイムに処理するスキルを身につけておくことは、ITコンサルタントとして成功する鍵だと思います。

情報活用能力

ITの分野もビジネスの分野も、日々刻々と変化していきます。幅広い分野で情報を取り入れておくことが、コンサルティングするうえで、さらには意思決定をするうえで貴重な判断材料となります。

業務に関係のある最新の正確な情報に通じておくのはもちろんのこと、一見すると関係のない分野の情報も取り入れておくことで、ビジネスに必要なアイデアや、時流の傾向を見極めることができます。

知りたい情報を探し出すという点で、インターネットは効率の良い情報収集ツールだと言えます。加えて、情報ソースの正確さだけでなく、最新の情報かどうかを見極めることが大切です。日ごろから、無料・有料の質の良いコンテンツを閲覧することで、収集するセンスを磨いていくことができます。

ビジネス書など、業務に役立つ専門書を読む、研修やセミナーに参加するなども、エッセンスの詰まった情報を収集の方法です。また、仕事上で知り合った専門家と交流をもっておくとアイデアのヒントに繋がることもあります。

関連記事 : ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントに役立つ資格

ITコンサルタントの仕事は幅広いため、ITにまつわる資格だけでなく企業経営に関する資格もあるとよいでしょう。特に「ITコーディネータ」「プロジェクトマネージャ試験」「ITストラテジスト試験」「中小企業診断士」といった資格を取得しておくと、一般的なITコンサルタントとして活躍できる基礎が身についていることの証明になります。それぞれどのような資格なのか、具体的に見ていきましょう。

ITコーディネータ

ITコーディネータ協会が実施する経済産業省推進資格です。こちらは、ITと企業経営両方の知識が問われ、経営戦略をIT化支援サービス含め、実現するための専門家であることを証明する資格になります。取得に向けては、IT経営推進プロセスガイドラインから出題される試験への合格と研修の受講が必須となっています。また、この資格は有効期限が1年であり、毎年資格更新の手続きが必要となります。

試験会場のパソコンにて選択問題を説いていき、試験の合否もその場で出るCBT方式(コンピュータ上で完結するテスト方式)になります。ここで取り上げている資格の中では合格しやすいものとされていますが、難易度は高く業務未経験者にとっては難しい試験に変わりありません。ITと経営について幅広い知識を得ることができるため、ITコンサルタントとしての勉強をしたい人が最初に学ぶ資格試験として最適です。

※参考 : ITコーディネータ協会(ITCA)

プロジェクトマネージャ試験

IPAが実施する高度情報処理技術者試験のひとつです。こちらは、システム開発計画をスムーズに推進する責任者の能力を問われる試験になります。システムやネットワーク、データベースなどITに関する多岐にわたる基本的な選択問題の他、システム企画や開発管理技術、プロジェクトマネジメントからリスクマネジメント、さらには法務に関する選択・記述式問題と、実務経験を基にした課題論文が出題されます。

プロジェクトマネージャ試験は実務経験者でも難しい試験として知られ、その難易度はITストラテジスト試験に匹敵すると言われています。こちらも業務未経験の状態で合格することは難しいのですが、ITに関する知識はITコンサルタントとして活躍するために必要です。特にSEとして実務経験を積んでいる人にとっては、さらに深い知識を身につけることができるため、ITコンサルタントへのステップアップとして最適な試験です。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:プロジェクトマネージャ試験

ITストラテジスト試験

プロジェクトマネージャ試験と同様に情報処理推進機構(IPA)が実施する高度情報処理技術者試験のひとつです。ストラテジスト(Strategist)とは「戦略家」という意味で、その名の通り企業の事業戦略・事業計画について、経営者とともにITシステムの面から改革・立案・最適化する能力を問われます。システムやネットワーク、データベースなどITに関する多岐にわたる選択問題の他、情報セキュリティやプロジェクトマネジメント、システム戦略企画などといった幅広い知識を有する選択・記述式問題が出題されます。さらに、実務経験を基にした課題論文の出題もあります。

ITストラテジスト試験はIT系の資格では最難関のものとされており、資格取得者は厚生労働大臣によって弁護士や医師などと並んで「専門的知識等を有する労働者」に指定されています。業務未経験者が取得することは難しいのですが、ITコンサルタントとして必要な知識とはなにか、体系的に勉強することができます。最終的にはこの資格を取得することを目標とすると、ITコンサルタントとして活躍するための道筋がつけやすいでしょう。

※参考 : 厚生労働省|労働基準法第14条における「専門的知識等を有する労働者」
※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ITストラテジスト試験

中小企業診断士

中小企業支援法に基づく国家資格です。こちらは、中小企業の経営課題に対し助言や診断を行う専門家資格のため、経営面に関し深い知識を持っていることの証明となるでしょう。

1次試験、2次(筆記・口述)試験、実務補習・実務従事の3ステップをこなす必要があり、各ステップの合格率は20%程度と、非常に難易度の高い試験です。ITシステムよりも経営に重点をおいた資格試験のため、企業に対して経営戦略のプロとしての観点からITシステムについてアドバイスができるようになります。

※参考 : J-SMECA 中小企業診断協会

システムアナリスト試験

システムアナリスト試験は、ITコンサルタントにとって有用な知識や経験値が盛り込まれています。経営戦略を正しく理解し、経営上の課題のなかからITで解決できる要素を抽出し、システムの構築構想と情報戦略を立案します。業務革新に貢献するシステム開発のために、分析し設計し、効果やコスト、リスクを評価するなど、より実践的な内容を身につけることができます。

関連記事 : ITコンサルタントの資格

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントになるためには、大学/大学院などを卒業して新卒入社する方法と、ITエンジニアなどから転職する方法があります。それぞれどのような方法なのか、具体的に見ていきましょう。

大学・大学院などを卒業して新卒入社する

新卒で入社する場合は、大学の情報系/経営系専攻学部・大学院を卒業し、総合コンサルティングファームやシンクタンク、大手SIerに入社後、ITコンサルタントとしてキャリアを積んでいくケースが一般的です。

総合コンサルティングファームに入社したい場合には、ITコンサルタントとしての募集に応募するとよいでしょう。大手SIerやシンクタンクに入社する場合は、上流工程にあたる経営課題や業務改善などを担当することが多い企業を選んで応募するとよいでしょう。ただし、そのような企業に入社できたとしても、ITコンサルタントとして働けない部門に配属される場合もあります。その場合は、上記の資格やスキルを身に付けながら、部門の異動を申し出るなどの方法も検討してみてください。

ITエンジニアなどから転職する

転職する場合は、ITシステム構築の深い知識、特に上流工程やプロジェクトマネジメントについての知識を身に付けた状態で、コンサルティングファームに応募するとよいでしょう。

IT業界から転職する場合は、具体的に経験したプロジェクトの詳細と、自身が行った提案やマネジメント手法についてプレゼンを行いましょう。技術だけでなくプレゼン能力の高さも、ITコンサルタントとしてのアピールポイントになります。もし、あなたが業界未経験の場合は、所持する資格やこれまでの知識をアピールポイントとして、ITコンサルタントとしての適性をプレゼンするとよいでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントのキャリアパス|仕事内容や転職に必要なスキル、資格を解説

未経験からITコンサルタントになるには

未経験からITコンサルタントになるには、以下のような方法が考えられます。

  • SEなどITエンジニアからの転職
  • PMなど管理職やマネジメント職からの転職
  • 他業種の営業職やコンサルタント職からの転職

ITコンサルタントを目指したい人は、高度なIT知識や経営に関する知見を身につける必要があります。これらを習得する方法としては、関連資格の取得、ITスクールでの学習、本・Webサイトなどを用いた独学、経営やIT業界のセミナー・勉強会への参加などが挙げられるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

ITコンサルタントのキャリアパス

ITコンサルタントへのキャリアパスとして、

  • ネットワークやデーターベースといった環境を構築するシステムエンジニアからキャリアを磨いていく方法
  • ITシステムの設計開発のシステムエンジニアを経て、さらにアナリストへとキャリアを積み上げていく方法
  • コンサルティングのプロ集団である、コンサルティングファームに転職して、スキルや経験を蓄積していく方法

などがあります。

どの方法が優位かどうかは一概に言えることではありませんが、コンサルタントになることを目指しているのであれば、早いうちからコンサルティングに関われる仕事が体験できる業種を選択しておくのは結果的にプラスに働くでしょう。

ITコンサルタントからのキャリアアップには、自社内で昇格していくケースや他のコンサルティングファームへ転職するケース、事業会社に転職するケースなどがあります。

ITコンサルタントとして活躍するためには、クライアントを納得させられるだけの提案力・営業力をもっているかが重要です。また、グローバルスキルをもっていると、さらに活躍の幅を広げることができるでしょう。どのような現場でも、現状維持ではなく、いつも問題解決に立ち向かい、周りに納得してもらいつつ提案を受け入れてもらえるようになれば、ITコンサルタントとしての資質を有していると言えます。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

ITコンサルタントの将来性

ITコンサルタントは、将来性のある職種のひとつと見られています。企業におけるIT活用が広がり、日々生まれる新しい技術の導入が重要視されているためです。

近年はAIやIoT、クラウドを活用して業務効率化などを図る企業が増えており、古いシステムを最新のものに置き換えようとしている企業も出てきています。そのため、今後も需要が高いITコンサルタントでいるためには、AIやIoT、ビッグデータなどの先端技術に関する知識は重要になるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアの将来性|今後の需要が見込める仕事の種類やスキルを紹介

フリーランスのITコンサルタントで働く場合

ITコンサルタントとしてのスキルがあれば、フリーランスで働くこと自体はたやすいでしょうし、人材が不足しているので案件の数で心配することは少ないかもしれません。ただし、案件が成約するまでにはきちんとした契約書の策定をすることや、報酬体系に関してのしっかりとした基準をもっていないと難しい場合があります。

実際、提案をしても成約に至らず提案だけを持ち逃げされるケースもあります。そうならないためには、提案を魅力あるものに見せつつも小出しにしておき、他の人にはできない、自分だけの手法をもっておく必要があります。

このような懸念をある程度、払しょくできるのが、企業常駐型の案件(準委任)を受け入れていくことです。自分自身の実力を試す機会になりますし、なによりも完全なフリーランスよりも、安心して仕事に携わることができます。

ITコンサルタントとして個人事業主のフリーランスで働くことが逆に難しくなってくるのは、案件あたりの単価が高くなってきたケースです。この場合、フリーランスでいるよりも、むしろ法人・会社化したほうが効率よく働けることも多いです。ITコンサルタントとして先を見据えつつ、複数の顧問をもつことができるくらい安定してきたなら、会社を立ち上げ組織的に事業を展開することは難しいことではありません。

なお、法人化する/しないにかかわらず、フリーランスのITコンサルタントとして大切なことは、自分自身が責任をもって取り組む姿勢を見せ続けることです。そうすることで、クライアントからの信頼を勝ち得ていくことができるでしょう。

フリーランスITコンサルタントの年収(編集部追記)

ここではITコンサルタントの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした年収例をご紹介します。

フリーランスITコンサルタントの年収相場

参照元 : ITコンサルタントの求人・案件一覧(2022年1月時点)

平均年収(フリーランス) 912万円
最高年収 1740万円
最低年収 480万円

※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もあるなど収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

※本記事は2022年1月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとITコンサルタントの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。