事業主貸とは?

T.A 39歳 男性

T.A 39歳 男性

事業主貸とは何ですか?事業主借とはどう違うのでしょうか。

事業主貸とは、個人事業主の勘定項目の1つです。事業の資産から支払った事業に関係のない支出を指します。

詳しい解説はこちら

1.事業主貸とは、仕訳の勘定項目の1つです

事業主貸とは、個人事業主の勘定項目の1つです。個人事業主には、自身が運営している事業について収支計算をし、確定申告を行う義務があります。その確定申告の収支計算において、事業の資産である「預金」から支払った、事業に関係のない支出を「事業主貸」という項目で仕訳します。

まず個人事業主には「給与」という勘定科目がありません。そのため事業用の現金や預金を事業主個人の生活費などの私用な出費に充てる場合、もしくは事業主個人の税金や保険料などの事業の収支計算に関係ない支出があった場合に「事業主貸」という勘定科目を使います。なお個人事業主特有の項目なので、法人の経理には適用されません。

2.事業主貸と事業主借の違いとは?

個人事業主特有の勘定項目には、「事業主貸」のほかに「事業主借」という項目があります。名称が似ているこの2つの項目は、反対の意味を持っている勘定項目です。

まず「事業主貸」とは、上記でも説明したとおり事業の資産から個人事業主の支払い等でお金が移動した際に仕訳をする勘定項目を指します。一方「事業主借」とは、個人事業主の個人的なお金を事業の資産として移動させた、または事業の経費を個人のお金から支払った場合に使用する項目です。「事業主貸」と「事業主借」とは、個人用のお金と事業用のお金を明確に分けるための項目なのです。

また確定申告の際には、「事業主貸」と「事業主借」は相殺し、その差額を元入金(法人の資本金にあたるもの)に振り替えます。

3.事業主貸・事業主借の事例を見てみましょう

事業主貸の概要がつかめたところで、より事業主貸についてイメージがしやすいよう、事例をいくつか挙げてみましょう。

■事例1

「生活費10万円を、事業用の口座から引き落とした。」
この場合、生活費というのは完全に個人事業主のプライベートな支出なので、事業主貸となります。

■事例2

「個人的な食事代を、事業用の現金で支払った。」
この場合も、個人的な支出を事業用の資金で支払っているため、事業主貸です。

では逆に、事業主借に該当する事例はどのようなものがあるでしょうか。

■事例3

「事業で使用するファイルを、個人用の現金で購入した。」
この場合は、事業用の経費を個人的なお金で支払っているため事業主借です。

■事例4

「事業用の現金が少ないので、個人用の現金から補充した。」
プライベートから事業へのお金の移動なので、事業主借です。

以上のように、事例1・2は「事業主貸」、そして事例3・4は「事業主借」に仕訳されます。また、個人事業主の経費にすることができない所得税・住民税・加算税・延滞税などの税金も、事業主貸となります。事業主貸・事業主借は、法人会計にはない、個人事業主ならではの勘定項目です。確定申告の際に慌てないよう、事前に把握しておきましょう。また、できる限り口座やクレジットカードは事業用とプライベート用に分けて使用しましょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.