オンラインカウンセリング実施中

ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

ITエンジニアのキャリアパスの選択肢として、ITコンサルタントという職業があります。ITコンサルタントになるには、ITエンジニアとしての実務経験やスキルレベルも重要になるでしょう。本記事ではITコンサルタントを目指したい人に向け、ITコンサルタントの仕事内容や必要なスキル、転職に役立つ可能性がある資格などをご紹介します。

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

目次

ITコンサルタントの仕事内容
ITコンサルタントとSEの違い
未経験からITコンサルタントになるには
ITコンサルタントにおすすめの資格
ITコンサルタントに向いている人
ITコンサルタントのやりがい
ITコンサルタントはきつい?
ITコンサルタントの年収
ITコンサルタントのキャリアパス
ITコンサルタントの将来性
転職に必要な知識を身につけよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITコンサルタントの仕事内容

厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、ITコンサルタントの仕事内容は「顧客のIT戦略に関して、コンサルティングを行い、提案、助言する」こと、顧客のIT投資においては「大局的な観点から、経営戦略の策定(目標やビジョンの策定)に関してコンサルティングを行ったり、具体的に、顧客の情報化に関して、課題の整理や分析、またその解決法を検討する」ことと説明されています。以下で仕事内容を3つのフェーズに分けて紹介します。

  • 現状把握と課題分析
  • クライアントへの提案
  • コンサルティングプロジェクトのマネジメント

※参考 : 職業情報提供サイト(日本版O-NET)「ITコンサルタント」

現状把握と課題分析

ITコンサルタントとして、プロジェクトのスタート段階でクライアントにヒアリングを行い、現状を把握することは重要です。この職務を担当する人は「アナリスト」とも呼ばれることがあります。

クライアントに対するヒアリングでは、クライアントの経営に携わる役員や情報システムに関する部署の責任者を交え、会社としての課題は何か、どのように解決したいのか、現在どのような業務で、どのようなシステムを利用しているかなどについて細かく確認します。その後、実際に部署へ出向き、各部門の業務内容や、導入されているシステム、現場の意見などを直接チェックしていくという流れです。

現状を分析し、新規システムを導入すれば良いのか、あるいは従来のシステムを改善するのが良いのか、改善するならどのような方法が最適かなどを考えて提案します。分析にあたっては、クライアント企業の今後の経営方針や事業戦略、関係する職種、業種といった業界およびその周辺の知見を踏まえることが大切です。ITコンサルタントが現状把握と分析を行う際は、顧客側の視点に立って最善策を考えなければなりません。

クライアントへの提案

クライアントの現状把握と分析が完了したら、解決方法をまとめて顧客に提案するのも重要な業務です。この職務を担う人は、「コンサルタント」とも呼ばれます。

基本的にはクライアント企業の課題に対し、ITを用いた解決方法を提案。提案する際はコミュニケーション力が必要です。論理的思考に基づき説得力あるプレゼンテーションを行うスキル、専門的技術についてわかりやすく説明する発信力・言語化能力などが、コミュニケーション力の例に挙げられます。

なお、最初のフェーズであるヒアリングでも、クライアントから的確に情報収集するコミュニケーション力は重要になるでしょう。

コンサルティングプロジェクトのマネジメント

クライアントへの提案が通ればプロジェクトが動き出し、ITコンサルタントがプロジェクト全体を管理することになります。この業務の担当者は、「マネージャー」と呼ばれることも。プロジェクトに必要な人員を選定し、スケジュール・予算・進捗・品質など多方面のマネジメントに従事するのが仕事です。

エンジニアをはじめとしたさまざまな職種と関わるため、プロジェクトに関わるメンバーをまとめるマネジメントや、各所との連絡はスムーズに遂行しなければなりません。また、プロジェクト開始後に問題が発生した場合は、迅速かつ最善のやり方で解決に動く必要もあるでしょう。このように、マネージャーにはマネジメント力に加えて、コミュニケーション力と問題解決力も求められます。

関連記事 : ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

ITコンサルタントとSEの違い

ITコンサルタントとシステムエンジニア(SE)は似たような職業と思われがちです。実際に明確に区別するのが難しい部分もありますが、ITコンサルタントの職務は基本的にクライアントの経営戦略、ビジネス課題、IT戦略などの実現、および事業課題の解決であるのに対し、SEの職務はクライアントが求めるシステムを開発することにあるというのが、一般的な違いと言えます。

ITコンサルタントは、クライアントの経営に近い人物からヒアリングを行い、分析を通じて課題を洗い出し、どのようにシステムを導入・改善すれば課題を解決できるかを考え、提案します。そして、コンサルティングプロジェクトを進めるために、システム化する業務の流れを明確にした業務要件定義を作成します。

一方、SEの役割は、実際にシステムを開発することにあるといえます。業務要件定義からシステム要件定義を行い、開発するソフトウェアや実装する機能などの細かい仕様を決めます。そして、プログラマーなどと協働しながら機能を実装し、導入前のテストまでを担当するのが一般的な仕事です。

このように、ITコンサルタントはSEよりもクライアントとの折衝が多く、より上流工程の仕事を担当していると言えます。

どちらの職種もITに関する知識が必要ですが、SEはエンジニア寄りの専門的なITスキルや開発経験が求められ、ITコンサルタントは、それに加えて経営の知識、幅広い業界知識、SEよりも広範囲をマネジメントする力、コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなどが求められます。そのため、スキル面から考えれば、一般的にITコンサルタントのほうが転職難易度は高くなっています。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

未経験からITコンサルタントになるには

未経験からITコンサルタントになるには、以下のような方法が考えられます。

  • SEなどITエンジニアからの転職
  • PMなど管理職やマネジメント職からの転職
  • 他業種の営業職やコンサルタント職からの転職

ITコンサルタントを目指したい人は、高度なIT知識や経営に関する知見を身につける必要があります。これらを習得する方法としては、関連資格の取得、ITスクールでの学習、本・Webサイトなどを用いた独学、経営やIT業界のセミナー・勉強会への参加などが挙げられるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

ITコンサルタントにおすすめの資格

ITコンサルタントを目指すうえで、専門知識を保有している証である資格は、転職に有効に働くと考えられます。「資格があれば必ずITコンサルタントになれる」というわけではなく、実務経験が重視される傾向はあるものの、資格は面接で知識レベルや向上心をアピールするのに役立つという点でメリットがあります。ITコンサルタントを目指す人におすすめと言える資格の例は以下のとおりです。

  • ITコーディネータ
  • 中小企業診断士
  • プロジェクトマネージャー試験
  • PMP
  • ITストラテジスト

ITコンサルタントの役割を考慮すると、IT以外に経営関連の資格も取得対象になるでしょう。

ITコーディネータ

資格名 ITコーディネータ
運営 ITコーディネータ協会(ITCA)
試験日 ITC試験 : 年3期(1〜2月、5〜6月、9〜10月)
ケース研修 : 年2期(5〜9月、11〜3月)
※2021年度の実績
受験料 ITコーディネータ試験 : 19,800円
(専門スキル特別認定試験 : 9,900円)
ケース研修 : 220,000円
合格基準 非公開
受験資格 なし


ITコーディネータは、2001年に国家プロジェクトの経済産業省推進資格として創設されました。IT技術を活用したIT経営を実現できる人材を育成するのが目的です。

試験範囲は、経営戦略からIT経営、IT資源調達、ITサービス、マネジメントまで幅広いのが特徴。経営とIT双方の知識が求められるため、いずれかに関係がある職種の経験者は取得しやすい可能性があります。なお、中小企業診断士やプロジェクトマネージャ試験合格者など特定資格の保有者は、試験が一部免除される「専門スキル特別認定試験」の受験が可能です。

ITコーディネータの資格認定を受けるには、試験に合格するだけでなく「ケース研修」の受講も必要になることを覚えておきましょう。ケース研修は、eラーニング・集合研修・フォローアップ研修で構成され、座学のほかプレゼンテーションのロールプレイなどが実施されます。

現役ITエンジニアとしての技術力を持ちつつ、ITコンサルタント転職に向けて経営面の知見を得たり、企業とのコミュニケーション力を高めたりしたい人におすすめと言える資格です。

※参考 : ITコーディネータ協会(ITCA)

中小企業診断士

資格名 中小企業診断士
運営 一般社団法人中小企業診断協会
試験日 第1次試験 : 7月中旬の土曜日・日曜日(2日間)
第2次試験 : 筆記は10月下旬の日曜日、 口述は12月下旬の日曜日
※2020年度の実績
受験料 第1次試験 : 13,000円
第2次試験 : 17,200円
合格基準 第1次試験 : 総点数の60%以上、かつ満点の40%未満の科目がひとつもないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率であること
第2次試験 : 筆記は総点数の60%以上、かつ40%未満の科目がひとつもないこと、口述は評定が60%以上であること
受験資格 第1次試験 : なし
第2次試験 : 受験年度もしくは前年度の第1次試験合格者


中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての国家資格です。大企業の経営を学ぶ「MBA」と比較すると中小企業の経営に重点を置いていることが特徴であると言えます。

試験範囲は、販売、会計、財務、マーケティングなど基本的に経営に関する内容です。多くの企業はこうした分野と関連する部や課を置いているため、ITコンサルタントを目指すなら習得しておきたい企業の基礎知識が身につきます。

試験の合格率は年度によって幅がありますが、1次試験・2次試験ともにおおむね20%前後で推移しており、難易度は低いとは言えません。取得するとITコンサルタントへの転職時に有利になり得るほか、フリーランスとして独立する際にも役立つでしょう。

※参考 : J-SMECA 中小企業診断協会

プロジェクトマネージャ試験

資格名 プロジェクトマネージャ試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 10月第3日曜日
受験料 5,700円
合格基準 100点満点中60点以上(午前I・午前II・午後I)
ランクA(午後II)
受験資格 特になし


プロジェクトマネージャ試験は、IPA(情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験のひとつです。IT系国家試験の中でも高度な知識や技能が求められ、プロジェクト全体の管理に従事できるスペシャリストを対象とします。2020年の合格率は15.1%であり、難関資格に数えられるでしょう。

試験内容はプロジェクトマネジメント分野がメインですが、システム戦略、法務、情報セキュリティなども出題範囲に含まれ、選択式だけでなく論文課題形式の問題も出題されます。ITに関する関連法令などまで幅広い知識が求められるため、受験するにはプロジェクトマネージャーとして経験があっても出題内容に即した学習が必要です。

プロジェクトマネージャ試験の対象者はシステム開発計画を円滑に運営する責任者とされているため、ITコンサルタントを目指す人にも適している資格と言えます。しっかりと試験対策をしてから受験しましょう。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 制度の概要 : プロジェクトマネージャ試験

PMP

資格名 PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
運営 プロジェクトマネジメント協会(PMI)
試験日 通年
受験料 PMI会員 : 405ドル(再受験は275ドル)
一般 : 555ドル(再受験は375ドル)
合格基準 非公開
受験資格 35時間のプロジェクトマネジメント研修を受けること、
また学歴などに応じて定められた一定年数以上のプロジェクトマネジメントの実務経験があること


PMP(Project Management Professional)とは、アメリカのプロジェクトマネジメント協会(PMI)が認定する、プロジェクトマネジメントの専門家であることを証明する国際資格です。PMPには受験資格が設けられており、学歴などに応じたプロジェクトマネージャとしての実務経験が求められます。

試験内容は、「人」「プロセス」「ビジネス環境」の3つの領域に分かれています。試験時間は230分と長丁場で、180題のうち5問は合否に関係しない問題なので、実質的には175問が採点の対象になります。

PMPを取得することで、プロジェクトマネジメントのスペシャリストであることが示すことができ、転職や社内での昇進にも有利になる可能性があるでしょう。PMPもまた、ITコンサルタントを目指す人におすすめの資格です。

※参考 : PMP試験について|PMI試験・資格について|一般社団法人PMI日本支部

ITストラテジスト試験

資格名 ITストラテジスト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 4月第3日曜日
受験料 5,700円
合格基準 100点満点中60点以上(午前I・午前II・午後I)
ランクA(午後II)
受験資格 なし


ITストラテジストは、IPAが実施する情報処理の国家試験のひとつです。受験対象者は、高度なIT人材として専門性を確立したスペシャリスト。企業の経営層にもITを活用した提案ができる人材とされています。よって、企業でも経営陣に近い人材や幹部候補などに適した試験と言えるでしょう。

試験では、IT知識に加え、事業や業務環境の調査・分析力、ITを活用した経営戦略の提案ができるかなどが問われます。選択式問題のほか、記述式や論文式問題も出題されます。2019年度の合格率は15.4%であり、プロジェクトマネージャ試験とともに難易度の高い資格になっています。ITコンサルタントを目指す人が最終的に取得を目指す資格としておすすめと言えます。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 制度の概要 : ITストラテジスト試験

関連記事 : ITコンサルタントの資格|仕事や転職に役立つおすすめの資格と難易度

ITコンサルタントに向いている人

ITコンサルタントに向いている人の資質としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 論理的な考え方が得意な人
  • 人とのコミュニケーションが好きな人
  • 新しい知識習得に貪欲な人

論理的な考え方が得意な人

「論理的な考え方が得意な人」はITコンサルタントに向いています。ITコンサルタントはクライアントが抱える課題に対して、適切な解決方法を提示しなければなりません。クライアントから現状をヒアリングし、そこから導き出される問題点と改善案を説明します。論理的思考ができなければ説明の根拠が乏しくなり、改善の必要性や重要性、メリット・デメリットなどが十分に伝わりません。

また、受注後のプロジェクトをマネジメントする工程でも、論理的に物事を考えて効率的な指示を出していけなければ、円滑にプロジェクトが進まないでしょう。

人とのコミュニケーションが好きな人

ITコンサルタントは「人とのコミュニケーションが好きな人」にも向いています。ITコンサルタントは、社内外の多くの人と、スムーズかつ的確にコミュニケーションを取らなければなりません。クライアントや関係者、社内のさまざまな部署の人とうまく連携しながらプロジェクトを進める必要があるからです。

新しい知識習得に貪欲な人

ITコンサルタントは「新しい知識習得に貪欲な人」にも向いています。近年のIT業界は新しい技術が頻繁に生まれ、各領域ごとのトレンドが移り変わるスピードも速くなりました。ITコンサルタントはITを活用して提案を行うため、最新の技術やトレンドを把握しておくことが大切です。日頃から新技術を吸収するのが好きな人はITコンサルタント転向後も、提案内容の質を高めていけるでしょう。もちろん、実際に新技術を提案する前に、クライアント企業のビジネス形態や業務知識について理解を深めておくことも大切です。

関連記事 : ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントのやりがい

ITコンサルタントの仕事のやりがいは、ITを活用して経営に近い大きな課題を解決できる点にあると言えるでしょう。近年では、中小企業庁などが中心となって、中小企業の経営課題を解決するためにITシステムやIoTシステムを導入・活用することを推奨しています。

※参考 : 中小企業庁 : 経営サポート「技術革新・IT化支援・省エネ対策」

ITコンサルタントは、経営課題という大きな課題を解決することが主な仕事内容です。自分が提案したITシステムを導入することで企業の業績がアップするなどの結果が数字として見えやすく、成果が分かりやすいことも、やりがいのひとつに挙げられます。一から自分で最善な解決策を考え出し、それによって企業の課題を解決できた際の達成感は大きいでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントはきつい?

ITコンサルタントの仕事がきついといわれることがある理由としては「大きな責任を伴う重要な業務を担当すること」が挙げられます。

ITコンサルタントはヒアリングから分析、提案、受注後のマネジメントなど多くの業務を担当します。これらはプロジェクトを進めていくうえで重要な業務ばかりで、重要な業務が多いということは、大きな責任が伴います。自分が考えた提案内容が適切でなければ、企業に損失を出す可能性があるというプレッシャーも抱えなくてはなりません。

しかし、大きな仕事を任されているという点はやりがいにもつながります。大きな責任がありながらも、経験を積み、それをやりがいとして受け止められるようになれば、ITコンサルタントとして活躍できるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアはきつい?|未経験だと大変?転職前のチェックポイント

ITコンサルタントの年収

2017年に経済産業省が公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、IT業界における「コンサルタント」の平均年収は928.5万円でした。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

IT系職種の中でも特に上流工程を担当する仕事であるため、同調査では高度SEやITアーキテクト、プロジェクトマネージャーといった職種よりも平均年収が高いというデータが出ています。

また、調査対象となったIT業界関連企業のうち57%の企業が、年功が給与水準に与える影響は「小さい」と回答しており、システム関連コンサルティング企業では、その割合が全体の60%を占める結果となっています。

一方、システム関連コンサルティング企業で働く個人向け調査では、約40%の人が「年功序列がベースだが、能力や成果によってある程度違いがある」と回答し、約20%の人が「年功序列がベースだが、能力や成果による違いが大きい」と回答しています。

以上の結果から、ITコンサルタントは年齢に応じて給与が上がる場合もあるものの、やはり能力や成果が重視されるケースが多いと言えます。

また、フリーランスのITコンサルタントは、実績を積むと講演会などを開催する機会も増える傾向にあります。本業のITコンサルタント以外に収入源が増えるのも、フリーランスITコンサルタントの年収が高くなる要因のひとつと考えられるでしょう。

なお、ここではITコンサルタントの年収の参考として、2021年3月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件をもとにした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスITコンサルタントの年収相場

参照元 : ITコンサルタントの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 936万円
最高年収 1740万円
最低年収 480万円


案件の平均月額単価は約78万円なので、単純計算で12ヶ月分を年収と考えると、およそ936万円になります。

なお、会社員とフリーランスでは社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給のほかにボーナスもあるなど、収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できない点はご注意ください。

関連記事 : ITコンサルタントの平均年収|高い理由や未経験から目指す方法を解説

ITコンサルタントのキャリアパス

ITコンサルタントのキャリアパスとしては、CIOアドバイザリーやIT戦略コンサルタントなど、より経営に近いコンサルタントを目指す道や、プロジェクト管理のスペシャリストを目指す道、ITコンサルタントの経験を活かしてITリスクコンサルタントや監査法人アドバイザリーなど、ほかのコンサルタント職へ転職する道などが挙げられます。

関連記事 : ITコンサルタントのキャリアパス|仕事内容や転職に必要なスキル、資格を解説

ITコンサルタントの将来性

ITコンサルタントは、将来性のある職種のひとつと見られています。企業におけるIT活用が広がり、日々生まれる新しい技術の導入が重要視されているためです。

近年はAIやIoT、クラウドを活用して業務効率化などを図る企業が増えており、古いシステムを最新のものに置き換えようとしている企業も出てきています。そのため、今後も需要が高いITコンサルタントでいるためには、AIやIoT、ビッグデータなどの先端技術に関する知識は重要になるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアの将来性|今後の需要が見込める仕事の種類やスキルを紹介

転職に必要な知識を身につけよう

ITコンサルタントは、ITに関する知識や経験を活用して企業の課題を解決するやりがいのある職種です。そのため、ITコンサルタントになるにはITエンジニアとしての経験や経営に関する知識、業界に関する知識などが必要になります。未経験からITコンサルタントを目指す人が少しでも知識を習得するためには、スクールに通ったり、資格を取得したりといった方法が有効でしょう。

関連記事 : ITエンジニアになるための勉強方法|プログラミング未経験から独学で転職するには?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ITコンサルタント案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとITコンサルタントの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.