オンラインカウンセリング実施中

ITコンサルタントの資格|仕事や転職に役立つおすすめの資格と難易度

ITコンサルタントは資格が必須の職種ではありませんが、取得しておくと仕事や転職に役立つ可能性がある資格としては、中小企業診断士、ITストラテジスト試験、ITコーディネータ、プロジェクトマネージャ試験、PMPなどが挙げられます。本記事では、これらの資格の試験内容や取得方法、難易度、おすすめの勉強方法などを紹介しています。

ITコンサルタント案件を提案してもらう

目次

ITコンサルタントになるには資格が必要?
ITコンサルタントにおすすめの資格
スキルを証明して仕事や転職に役立てよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITコンサルタントになるには資格が必要?

ITコンサルタントになるのに必要な資格はありませんが、コンサルティング会社などにITコンサルタントとして就職・転職する際、仕事に関連する資格を持っていると一定のスキルの証明や学習意欲のアピールに役立つ可能性はあります。

経済産業省・IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が定めた「ITスキル標準V3」における「コンサルタント」の職種説明をもとにすると、ITコンサルタントとは、顧客が経営戦略やビジネス戦略、IT戦略を策定するにあたって、カウンセリング、提案、助言などを行い、顧客のビジネス戦略やビジョンの実現、課題解決に貢献し、IT投資の経営判断を支援する職業です。

※参考 : 経済産業省・IPA(独立行政法人情報処理推進機構)「職種の概要と達成度指標(3)コンサルタント」

厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)の「ITコンサルタント」のページによると、ITコンサルタントになるには「情報系や経営系の大学・大学院を卒業し、IT企業や経営コンサルティング会社で実務経験を積むのが一般的である」とされ、「ITシステムの構築や運用を長く経験した者」もしくは「様々な経営コンサルティングに携わりITの専門能力も高い者」が、ITコンサルタントになることが多いと紹介されています。

※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「ITコンサルタント」

ITコンサルタントは顧客や市場、業界についての深い理解や、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識などが求められる仕事といえるため、これらの知識・スキルを証明できる資格を取得すると、就職・転職にも有用であると考えられます。

また、ITコンサルタントには「アナリスト」「コンサルタント」「マネージャー」「パートナー」といったキャリアパスが設けられていることがあり、より上位の職位へのキャリアアップを目指すうえでも、資格の勉強を通じて身につけた知識は有益なものになるでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

ITコンサルタント案件を提案してもらう

ITコンサルタントにおすすめの資格

ITコンサルタントが取得すると役立つ可能性がある資格として、以下の5種類を紹介します。

  • 中小企業診断士
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ITストラテジスト試験
  • ITコーディネータ
  • PMP

ITコンサルタントという名がついた資格はありません。上記に挙げた資格は、ITコンサルタントの業務に活かせる資格と考えておきましょう。

中小企業診断士

資格名 中小企業診断士
運営 一般社団法人中小企業診断協会
試験日 第1次試験 : 7月中旬の土曜日・日曜日(2日間)
第2次試験・筆記試験 : 10月下旬の日曜日
第2次試験・口述試験 : 12月下旬の日曜日
※2020年度の試験実績より
受験料 第1次試験 : 13,000円
第2次試験 : 17,200円
合格基準 第1次試験 : 総点数の60%以上、かつ満点の40%未満の科目がひとつもないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率であること
第2次試験(筆記試験) : 総点数の60%以上、かつ40%未満の科目がひとつもないこと
第2次試験(口述試験) : 評定が60%以上であること
受験資格 第1次試験 : 特になし
第2次試験 : 当年度もしくは前年度の第1次試験合格者

※参考 : J-SMECA 中小企業診断協会

試験内容

「中小企業診断士」は、中小企業の経営課題に対し診断・助言を行う専門家であることを認定する国家資格です。試験は第1次試験と第2次試験に分かれており、1次に合格すると2次が受けられます。

第2次試験は筆記試験と口述試験に分かれており、筆記試験に合格した者だけが口述試験に進み、口述試験に合格すると、15日間以上の実務補習もしくは診断実務従事を経て、中小企業診断士になることができます。

また、第1次試験に合格後、中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了して中小企業診断士になることも可能です。

第1次試験は多肢選択式または短答式による筆記方式で、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目に分かれています。

第2次試験の筆記試験では、以下のような中小企業の診断および助言に関する4つの実務事例をもとに、それぞれ回答していきます。

  • 組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例
  • マーケティング・流通を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例
  • 生産・技術を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例
  • 財務・会計を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例

筆記試験に合格すると口述試験に進めます。筆記試験の事例などをもとに、個別面接で1人あたり10分間の試験となります。

この資格は「中小企業の経営課題に対し診断・助言を行う専門家」とあるように、IT分野に限らず経営全般に関するコンサルティング能力が問われる資格といえます。これに合格すれば会社全体の課題を見据えたコンサルティングが可能となり、高度な提案ができる証明になるでしょう。

なお、2021年4月時点で、1次試験の科目合格者に対する資格名の付与や、更新時の対面による実務研修のオンライン化といった制度改革が検討されています。最新情報は中小企業庁のWebサイトにある中小企業診断士の情報ページなどを確認しておきましょう。

※参考 : 中小企業庁 : 中小企業診断士関連情報

難易度

2020年の試験結果では、第1次試験の受験者数が13,622人(欠席科目がない受験者数は11,785人)、合格者数は5,005人、合格率は42.5%となります。

第2次試験の筆記試験受験者数は6,400人(欠席科目がない受験者数は6,388人)で、合格者数は1,175人、合格率は18.4%でした。口述試験に進めたのは6,388人中1,175人です。口述試験の合格者は1,174人であるため、筆記試験さえ通れば口述試験は難しくはないといえるでしょう。

全体としてみると欠席科目がない受験者数11,785人に対し、第2次試験の合格者は1,174人で、合格率は約10%となっており、難易度は高いといえます。

この試験は第1次試験で経済学や財務・会計、企業経営理論、運営管理などの企業経営に関する幅広い知識が要求されます。よって、ITコンサルタントというよりは、経営コンサルタントの試験と捉えて勉強を進めたほうがよいでしょう。

勉強方法

中小企業診断協会では公式サイトで過去に出題された問題を公開していますので、はじめにこれを見て要求されている知識がどのようなものであるかを把握する必要があります。掲載されている問題の内容は経営における専門的な内容であるため、まずは過去問の解答が分かるようなレベルの各分野の専門書を探すことをおすすめします。

また、中小企業診断協会では試験に関する公式の参考書は出していません。市販の参考書の中には、過去問を中心とした解答と説明を記載したものもあるので活用することは可能です。しかし、できれば参考書だけではなく、専門書も利用して勉強してみましょう。なぜなら、そういった企業経営に関する専門書を読み込むことが、コンサルタントとしての能力アップにつながるからです。

ITコンサルタントとして、その企業のために必要なシステムはどんなものであるかを提案するうえでは、企業経営というものがどんなものであるかを知らないと、適切な提案はできないでしょう。それができなければITコンサルタントとして実績を残していくことも難しいといえるため、スキルアップという観点では中小企業診断士の資格は近道をせず、じっくりと取り組むことも重要です。

プロジェクトマネージャ試験

資格名 プロジェクトマネージャ試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 例年10月第3日曜日
受験料 5,700円
合格基準 午前I・午前II・午後I : 100点満点中60点以上
午後II : ランクA
受験資格 特になし

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 制度の概要 : プロジェクトマネージャ試験

試験内容

「プロジェクトマネージャ試験」は、その名の通りプロジェクトマネージャーとしてのスキルを測る試験です。ITスキル標準V3の「コンサルタント」のスキル領域にも「プロジェクトマネジメント」が含まれているように、ITコンサルタントの業務にも役立つ知識が含まれる試験といえます。

※参考 : 経済産業省・IPA(独立行政法人情報処理推進機構)「スキル領域とスキル習熟度(3)コンサルタント」

ITコンサルタントは、提案した内容が顧客の予算範囲に収まるか、希望納期に間に合うか、技術的に可能か、などの具体的な問題も考慮して提案をしなければなりません。予算内に収まるよう開発計画を作るのは基本的にプロジェクトマネージャーの仕事ですが、事前にある程度の見当を付けておかないと、実現不可能な提案をしてしまう可能性もあります。そういった事態を未然に防ぐためにも必要なスキルが試される試験です。

プロジェクトマネージャ試験は、午前I、午前II、午後I、午後IIの4つの試験からなります。

「午前I」は、システム監査技術者試験などのほかの高度情報処理技術者試験と共通の試験となり、スキルレベル3相当の問題が出題されます。内容は論理演算、データベース、ネットワーク、セキュリティ、プロジェクトマネジメント、システム企画、経営戦略マネジメント、企業活動と法務まで幅広い内容です。

「午前II」からは、プロジェクトマネージャ試験の専用問題になります。プロジェクトマネージャーとして知っておかなければならないプロジェクト管理手法を中心に出題されます。2020年度の試験から、セキュリティが出題範囲の重点分野に含まれるようになりましたが、問題がスキルレベル4相当に引き上げられたほかの高度情報処理技術者試験と異なり、スキルレベル3相当となっています。

「午後I」はプロジェクトの具体的な状況を説明した説明文が記述されており、それを読んだうえで設問に記述回答する方式です。プロジェクトの状況説明文は3つ用意されており、その中から2つを選んで設問に答える必要があります。状況説明文は1つひとつが、複数ページに及ぶ長文で、詳細な状況説明がされています。それをしっかり読み込まないと設問には解答できないようになっています。説明文にはプロジェクトマネージャーとして知っておかなければならない専門用語も多く出てきますので、それらを知らないと読みこなすことはできません。

「午後II」は、自分が実際にマネジメントを行ったプロジェクトについて、どのようにして分析、対応をしたのかを記述します。2問中1問を選んで回答する形式です。記述する内容は問題文で指定されているので、それに沿って記述しましょう。

難易度

2020年のプロジェクトマネージャ試験では、9,672名が受験し、合格率は15.1%という結果です。難易度は相当に高い試験だといえるでしょう。特に午後の記述式の問題などはしっかりと対策していないと、時間内でスムーズに回答していくのは難しいと考えられます。

プロジェクトマネージャ試験は情報処理技術者試験の中でもトップレベルの難易度であり、ITコンサルタントとしては持っていればその実力の証明に役立つ資格です。また、要件定義段階でコンサルティングを行ったメンバーが実際の開発にも関わることも多いため、ITコンサルタントを目指す人にとってプロジェクトマネジメントの知識は重要といえるでしょう。

ITコンサルタントとプロジェクトマネージャーを比較した場合、ITコンサルタントのほうがさらにシステム開発の上流工程を担当する職種にあたります。そのため、ITコンサルタントにプロジェクトマネジメント能力が身についていると、関係者とのコミュニケーションも図りやすいでしょう。難易度の高い試験ですが、ITコンサルタントを目指すのであれば、取得する価値の高い資格です。

勉強方法

試験の運営元であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構)では、試験に関する公式の参考書などの販売は行っていません。しかし、プロジェクトマネジメントについての専門書やプロジェクトマネージャ試験の対策本は数多く市販されていますので、自分に合ったものを探してみましょう。

また、公式サイトでは出題範囲が示されているシラバスや、過去問、回答例、採点講評が無料で公開されています。特に午後の記述問題は、試験時間を意識しながら回答をまとめることに慣れておく必要があるため、過去問を活用して勉強しましょう。

ITストラテジスト試験

資格名 ITストラテジスト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 例年4月第3日曜日
受験料 5,700円
合格基準 午前I・II・午後I : 100点満点中60点以上
午後II : ランクA
受験資格 特になし

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 制度の概要 : ITストラテジスト試験

試験内容

「ITストラテジスト試験」は、経営戦略にもとづいたIT戦略の策定、提案、推進や、組み込みシステム・IoTを利用したITシステムの企画、開発戦略・展開戦略の策定、推進などに関するスキルを証明できる試験です。

公式サイトにも「ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適」と紹介されているように、ITコンサルタントの仕事内容と結びつきの強い知識が問われる試験となっています。

プロジェクトマネージャ試験と同じく、ITストラテジスト試験は午前I、午前II、午後I、午後IIの4つに分かれています。

「午前I」についてはプロジェクトマネージャ試験と同様に、ほかの高度情報処理技術者試験と共通の試験となり、スキルレベル3相当の問題が出題されます。

「午前II」からは、ITストラテジスト試験の専用問題になります。出題範囲のうち、システム戦略、システム企画、経営戦略マネジメント、ビジネスインダストリ、企業活動が重点分野となっており、2020年度(新型コロナウイルス感染症の影響により2020年度の試験は中止となったため、実質的には2021年度)から、セキュリティも重点分野に追加されました。いずれもスキルレベル4相当の内容となっています。

「午後I」は架空の会社におけるシステムの方向性と現状、課題と評価などが3ページ程度で説明され、それを読んで設問に記述回答するという内容です。説明文の中には専門用語や行政用語も多用されているので、用語に対する知識を知らないと、読みこなせない内容になっています。4問中2問を選択して回答する形式になっており、例年1問は組み込み・IoTシステムに関する内容です。

「午後II」はITの活用事例が示され、それに沿って受験者自身が実際に行った問題解決や対応事例を記述式で述べるという内容です。3問中1問を選択して回答します。そのうち1問は、組み込みシステムに関連するテーマとなります。

難易度

ITストラテジスト試験は、ITの知識だけでなく、ビジネスに関する知識も問われるため、IPAの情報処理技術者試験の中でも特に難易度が高い試験といわれることがあります。2019年のITストラテジスト試験実績では、7,527人が受験し、合格率は15.4%でした。実務経験を十分に積んだうえで、しっかりと受験対策をしてから試験に臨むことをおすすめします。

難易度が高い分、この資格を得ると、医師や弁護士、税理士、公認会計士などと同様に、厚生労働大臣が定める基準に該当する「専門的知識等を有する労働者」として、労働基準法で原則3年間と定められている有期労働契約の契約期間の上限が5年間になる特例の対象となります。

※参考 : 厚生労働省「労働基準法第十四条第一項第一号の規定に基づき厚生労働大臣が定める基準の一部改正について(◆平成27年03月18日基発第318004号)」

勉強方法

ITストラテジスト試験の運営元であるIPAから販売されている公式の参考書はありませんが、市販の参考書は多くの種類があるほか、プロジェクトマネージャ試験と同様、シラバスや過去問、回答例、採点講評は公式サイトで無料公開されているので、まずはそれらをチェックしてみましょう。

また、午後I・IIの記述試験は、実際の現場経験があることが前提となっている出題内容といえるため、独学だけで合格するのは簡単ではありません。受験にあたっては、十分な勉強時間を確保しておきましょう。

ITコーディネータ

資格名 ITコーディネータ
運営 ITコーディネータ協会(ITCA)
試験日 ITC試験 : 年3期(1〜2月、5〜6月、9〜10月)
ケース研修 : 年2期(5〜9月、11〜3月)
※2021年度の実施実績より
受験料 ITコーディネータ試験 : 19,800円
(専門スキル特別認定試験 : 9,900円)

ケース研修 : 220,000円
合格基準 非公開
受験資格 特になし

※参考 : ITコーディネータ協会(ITCA)

試験内容

「ITコーディネータ」は、2001年に通商産業省(現・経済産業省)による国家プロジェクトの一環として設立された資格制度で、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)が運営する経済産業省の推進資格となっています。

SaaS/クラウドといった技術の登場による新たな経営革新、業務改革のニーズも踏まえたうえで、戦略的なIT技術の利活用のために、経営者の立場に立って助言、支援を行い、IT経営を実現する人材であることを認定する資格です。IT資格の中でも求められるレベルが高い分、ITコンサルタントとしてのスキルの証明に役立つでしょう。

ITコーディネータ資格の認定を受けるには、ITC試験に合格することと、ケース研修を受講することが条件です。順番はどちらが先でもかまいませんが、両方を4年度以内に完結する必要があります。

ITC試験は、誰でも受験可能なITコーディネータ試験と、特定の資格を持っている場合に受験できる専門スキル特別認定試験の2種類があります。専門スキル特別認定制度の対象となる資格には、弁護士資格や税理士資格、IPAの高度情報処理技術者試験、ITパスポート(750点以上の合格)など多岐にわたるため、公式サイトから確認してみましょう。

※参考 : ITC専門スキル認定制度 | ITコーディネータ協会

試験問題は、ITコーディネータ協会が発行する「IT経営推進プロセスガイドライン」に沿って総論(IT経営の説明と進め方)、IT経営認識領域、IT経営実現領域、IT経営共通領域の4つの項目から出題されます。この本をしっかり勉強することが合格の鍵です。

ITコーディネータ試験の場合、基本問題40問、応用問題20問の必須問題60問と、選択問題40問の合計100問が出題されます。なお、選択問題は経営戦略、業務改革、IT戦略に関する経営系問題と、IT戦略、IT利活用に関する情報系問題の2コースがあり、どちらを受けるかを申し込み時に選択しておく必要があります。専門スキル特別認定試験の場合は、必須問題60問のみとなります。

試験内容については出題範囲が公開されているほか、サンプル問題集などの試験に役立つ情報も公開されているので、これらにも目を通しておくとよいでしょう。

難易度

第44回(2021年)のITコーディネータ試験では受験者の65.7%が合格するという、比較的高めの合格率になっていますが、資格の認定要件として受講料22万円のケース研修を受ける必要もあり、受験者数があらかじめ絞られていることが要因のひとつといえるため、合格率が高いからといって難易度が低いというわけではありません。

また、高度情報処理技術者試験合格者などに対してITコーディネータ試験の一部を免除する専門スキル特別認定制度が設けられており、そのような資格保持者が受験することを想定しているレベルの試験といえるため、企業経営に関する知識が十分にないと、合格するのは難しいでしょう。

そのほか、ITコーディネータは資格取得後も維持のためには毎年更新条件を満たしたうえで所定の手続きを行っていく必要があります。これはIT技術の進歩が速いことなどを考慮した処置で、資格取得後も日々スキルの研鑽が欠かせない資格といえます。

勉強方法

公式サイトでは、出題元となるITコーディネータ協会が発行する「IT経営推進プロセスガイドライン」のほか、認定研修期間が実施、提供している試験対策講座やeラーニング、認定教材の案内などが掲載されています。

基本的には「IT経営推進プロセスガイドライン」をベースに勉強するとよいでしょう。しかし、無料公開されているダイジェスト版などを読んで内容が難しいと感じた場合は、もう少し難易度の低い書籍などを使って学習しましょう。

PMP

資格名 PMP
(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
運営 プロジェクトマネジメント協会(PMI日本支部)
試験日 ピアソンVUE社を通じて希望日に受験可能
受験料 PMI会員 : 405ドル(再受験の場合 : 275ドル)
一般 : 555ドル(再受験の場合 : 375ドル)
合格基準 非公開
受験資格 正式なプロジェクトマネジメント教育のコンタクト・アワー(講師から直接指導を受けた時間)が35時間以上であること

高校卒業の場合5年/60ヶ月以上、4年制大学卒業の場合3年36ヶ月以上、GAC認定プログラムによる学士号取得または大学院卒業の場合2年/24ヶ月以上にわたる、受験申し込み前の8年間に連続して蓄積された一意かつ重複しないプロジェクトマネジメントの実務経験

※参考 : PMP試験について|PMI試験・資格について|一般社団法人PMI日本支部

試験内容

「PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)」は、アメリカに本部を持つPMI(プロジェクトマネジメント協会)が認定するプロジェクトマネジメントの国際資格です。

コンサルタント業務ではなくプロジェクトマネジメント業務の資格ですが、PMIが策定したプロジェクトマネジメントの知識体系であるPMBOKガイドにもとづいて実施される試験であり、実践的なノウハウを習得したり、体系的なプロジェクトマネジメントの方法論として自身の経験を再整理したりするのに役立ちます。

「PMP」の試験内容は2021年1月2日から変更されており、各領域について、下記の割合で出題されます。

領域 テスト項目の割合
42%
プロセス 50%
ビジネス環境 8%


また、昨今のプロジェクトマネジメント実務者がさまざまなプロジェクト環境で業務に従事し、複数のプロジェクト・アプローチを活用していることを鑑みて、試験のおよそ半分は予測型プロジェクトマネジメント・アプローチに関するもの、残り半分はアジャイル・アプローチ、またはハイブリッド・アプローチに関するものになっています。

試験時間は230分で、10分間の休憩が2回入ります。問題数は180問で、5つが予備問題となっているため、実際に採点される問題は175問です。

難易度

試験の合格基準や合格率は公表されていませんが、受験資格として年単位の実務経験が求められるため、まず受験するまでのハードルが高いという点では、一定の難易度がある試験といえます。

ただし、受験資格のある1年間以内であれば3回まで受験することが可能であるため、一度不合格となってから勉強して再チャレンジすることもできます。

勉強方法

PMIが発行するPMBOKガイドにもとづいて問題が出題されるため、PMBOKガイドの内容を深く理解することが必要です。

そのほか、市販の参考書や、民間の模擬試験、eラーニング、試験対策講座といったサービスを活用して勉強する方法もあります。

関連記事 : プロジェクトマネージャーに役立つ資格|試験概要や難易度、勉強方法を紹介

スキルを証明して仕事や転職に役立てよう

ITコンサルタントにとって大切なのは、顧客から信頼を得ることと、良い実績を残すことです。顧客の信頼を得るために資格が有効となる場合があるので、転職時や独立時にスキルを証明するためにも、資格を取得しておくことをおすすめします。

関連記事 : ITコンサルタントのキャリアパス|仕事内容や転職に必要なスキル、資格を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ITコンサルタント案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとITコンサルタントの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.