オンラインカウンセリング実施中

テックリードとは?役割や年収、キャリアパス、求人の傾向を解説

「テックリード」は、エンジニアチームでリーダー兼窓口を担うポジションとして、すでに欧米などでは身近な存在です。近年日本でもエンジニアの求人の中にテックリードという職種が見られるようになりました。本記事では、テックリードの役割、年収やキャリアパスなどがどのようになっているのか解説します。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

テックリードとは
テックリードとCTOの違い
テックリードの役割
テックリードの年収
テックリードの求人
テックリードのキャリアパス
テックリードの面接内容
円滑な業務にテックリードの働きは重要

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

テックリードとは

テックリードは、エンジニアチームでリーダーと窓口の2つのポジションを担当します。窓口として他の部署との問い合わせ対応や会議への出席などを行う一方、リーダーとしてチームの業務進捗や生産性などの管理、メンバーのスキル育成などを行います。

一見するとエンジニアリングマネージャーと同様に思えるかもしれませんが、テックリードとエンジニアリングマネージャーの大きな違いは部下を持つかどうかです。テックリードはチームやプロジェクトに対してコードやデザインといった技術的な面や品質についての責任は負い、リーダーシップを発揮しますが、基本的に上司として部下のキャリアパスなどに責任を負うことはありません。

テックリードのポジションは日本ではまだメジャーとは言えません。しかし、他部署との連携を行う人物がおらず、チームの開発業務が円滑に進まない状況であれば、テックリードの配置によって改善できる可能性があります。

エンジニアとして長く勤務すると、コードレビューやデザインレビュー、問い合わせへの対応などが増えてくることがあります。これらはテックリードの役割と関連する業務であるため、エンジニアのキャリアパスとしてテックリードを目指すことも可能です。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

自分に合う案件を提案してもらう

テックリードとCTOの違い

「CTO(Chief Technical Officer)」は、最高技術責任者のことで、組織において最も高い技術レベルを持ち、技術的な面で責任を負うポジションです。CEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)などと並ぶポジションであり、エンジニアのキャリアパスのゴールとしてよく挙げられます。

一般的にCTOは経営上層部のポジションであり、ビジネス戦略や技術戦略、投資先の決定などに関わります。一方、テックリードはあくまでもチーム単位のリーダーであり、決定権が及ぶのは自分が担当するエンジニアチームに関することだけです。

CTOとテックリードの業務はテクノロジーを使うという点で一部共通しますが、その目的が異なります。CTOはテクノロジーによって事業成果を出すのが仕事です。ただし、規模が小さいスタートアップ企業や、小規模企業のCTOの場合、テックリードに近い業務を行うケースもあり得ます。チームが小規模であれば、コーディングなど開発の実務の一部にCTOが携わる可能性もあります。

それに対してテックリードは事業成果を出すというよりも、チームが開発に集中できる環境づくりがメインの業務となります。

関連記事 : 常駐フリーランス→CTOへ。「プログラミングで世の中を良くしたい」Repro CTO 橋立友宏氏

テックリードの役割

テックリードの役割としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • チームの生産性向上
  • 進捗管理
  • プロダクト設計
  • 他部署への対応
  • チーム内のメンター
  • コード・品質向上

チームの生産性向上

テックリードはチームの生産性を最大化させる役割を担います。そのため、プロジェクトを進めていく上でチームに無理や無駄が発生しないよう、あらかじめ障害になる業務やフローを取り除いて開発環境を整備することが必要です。

プロジェクトが動き出す前の段階から企画ミーティングに出席し、他部署との情報共有や今後の流れについて何度も確認を行います。このミーティングでは、プロジェクトが技術的に実現可能か、無理がないか、などについてテックリードが意見を出すこともあるほか、開発や実装の段階で起こり得る工程のやり直しや待機期間などを防ぐために、細かな確認をしていきます。

テックリードは開発チームの負担を減らすためにプロジェクトが動き出す前段階から積極的に動きます。そのため、チームの生産性向上のために、テックリードには多角的な考え方とともに、事前に問題となり得ることを予測する洞察力や課題発見力、さらにトラブルを防ぐための課題解決力が求められます。

進捗管理

テックリードには、プロジェクトの進捗管理を行う役割もあります。具体的にはプロジェクトの進捗状況を可視化し、スケジュール通りに問題なくプロジェクトが進むよう管理を行います。進捗管理がスムーズにできるよう、個人単位でタスクのやり取りをするのではなく、チーム全体がメンバーのタスクを共有できるツールを選定したり、導入したりすることなどもテックリードの役割です。

プロジェクトが開始すると、テックリードは日々プロジェクトの進み具合を観察し、エンジニアリングマネージャーなどと適宜ミーティングを行って、作業の優先順位を見直していきます。こまめに進捗管理を行うことで、トラブルやスケジュールの遅れを最小限に留めるよう注力します。

また、チームが滞りなく業務に専念できるように、突発的な修正やドキュメント作成などはテックリードが引き受けることもあります。

進捗管理においてテックリードには、プロジェクトを計画的に進められる調整力、チームの内外との交渉をおこなうためのコミュニケーション力、突発的なトラブルや変更に対応できる素早い判断力などが求められるといえます。

プロダクト設計

テックリードは、プロダクトの設計にも携わります。テックリードが全ての設計を行うわけではなく、テックリードとチーム内のエンジニアが協働します。どのような方針で設計していくか、どのようなソフトウェアを使うか、どのデータ形式を使ってどのように保存していくか、どのライブラリを使用するか、などを決定するのもテックリードの役割です。

テックリードはチームの主動的立場となってメンバー全員が問題なく開発に取り組める環境を整え、最終的な決定に関しても責任を持ちます。また、チーム内のエンジニア全員が納得して開発を進められるような設計を行うことが大切なので、チーム内で議論が必要になりそうな点については、会議の前にあらかじめ議論の材料になる資料などを用意しておくことも重要な業務といえるでしょう。

もしメンバーから「このような新しい技術が使いたい」といった意見があれば検討し、提案された技術で開発が可能かどうかを考える必要があるため、テックリードには自身のシステム開発スキルに加えて、新しい技術への知見も求められます。

他部署への対応

テックリードは、プロジェクトを進めるうえで必要な他部署への対応を行います。他の部署との窓口的な役割を行うので、高いコミュニケーション力が必要です。

他部署やクライアントからの質問も多い現場では、メールやチャットの対応に時間をとられることも少なくありません。しかし、テックリードが窓口の役割を担うことによって、チームメンバーは開発に専念できるようになり、負荷が減って生産性の向上につながります。

ただし、テックリードが技術的な質問について対応できなければ、結局チームメンバーに負担をかけてしまいます。したがって、テックリードには高い技術力が不可欠といえます。開発の実務経験が豊富であることに加え、JavaやRubyなどのプログラミング言語やAWS(Amazon Web Services)・GCP(Google Cloud Platform)といったクラウドサービス、GitHubなどの情報共有ツールの知識も必要となるでしょう。また、それを相手にわかりやすく説明できる高い言語化能力も求められます。

チーム内のメンター

テックリードには、チーム内でのメンター(指導者・助言者)や相談役としての役割があります。プロジェクトを進めていく際にチーム内でのトラブルや不満、あるいは意見対立が生まれることは少なくありません。そのためテックリードは、月に1回は各メンバーと1対1で話をする機会を設けるなど、メンバーから業務に対して意見を聞き出し、解決するために行動をとることも重要な役割です。

チームメンバーから聞き取った問題点や意見などは、内容によってはテックリードだけで解決できるとは限りません。そういった場合は、他部署やマネージャーに伝えて解決方法を検討します。

テックリードはメンバーができる限り円滑に業務を進められるよう、相談にのったり交渉を行ったりする必要があるので、相手が相談しやすく、自分も相手から率直な意見を引き出せるコミュニケーション力が求められるでしょう。

コード・品質向上

コードを含むプロジェクトの品質向上もテックリードの役割のひとつです。システムが問題なく動作し、セキュリティ水準もクリアして、先々のメンテナンスがしやすいようなコード作成をするよう促します。そのためには、テスト手法の選定やテストの自動化、検証項目の選定なども必要です。

しかし、テックリードひとりですべてのコードの品質管理をしてレビューすることは簡単ではありません。そこで、チームのコード・品質に関する意識改革をすることも重要です。チームの意識改革をするために、テックリードはメンバーに対し、コードや業務についてフィードバックを行います。場合によってはクライアントからのフィードバックをメンバーに伝えなくてはならないこともあるため、プロジェクトで使用する技術に関する知識は必須です。指摘が的確でないと、メンバーからの信頼を失うことになりかねません。

関連記事 : PMOとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

テックリードの年収

会社員として勤務するテックリードの平均年収については、省庁などから発表されている公的なデータはありません。そのため、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」におけるITエンジニアの平均年収データを参考として見てみましょう。

テックリードの業務に近いと考えられる職種では、高度SE・ITエンジニア(基板設計担当・ITアーキテクト)の平均年収が778.2万円、SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)の平均年収が593.7万円となっています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

フリーランスのテックリードの収入も見てみましょう。2020年9月時点でレバテックフリーランスに掲載されているテックリード案件の月額単価は、65万円から115万円ほど。90万円前後が月額単価の目安と考えて年収に換算すると、90万円×12ヶ月で、年収1,080万円になります。ただし、これは税金などを差し引く前の金額であり、案件の単価は求められるスキルレベルや業務内容によって大きく異なるので、あくまでひとつの目安と考えましょう。

エンジニアの年収の傾向としては、一般的に上流工程を担当するほど年収が高くなること、能力や成果が給与に影響しやすいことなどが挙げられます。さまざまな知識や経験が求められるテックリードの年収は、他のIT系職種と比べても高い傾向にあります。

関連記事 : プロジェクトマネージャーの年収

テックリードの求人

テックリードの求人は、職種としての募集だけでなく、アプリケーションエンジニアにテックリード業務を依頼するといった内容の募集も見受けられます。

フリーランスの案件では、テックリードやリードエンジニアとしての経験、Java・Python・Linuxなどを用いた開発経験、AWSやGCPの開発経験などが求められ、開発経験では年数が指定されている場合もあります。特にJavaScriptやデータベースなどの開発・実装経験、クライアント対応の経験などは重視されるといえるでしょう。

会社員の求人で求められるスキルはフリーランスよりも少しハードルが下がるケースもあり、APIやSaaS、アジャイル開発などの基礎知識、Webやスマホアプリケーションの開発経験、Rubyの実務経験などが求人の応募条件として提示される場合があります。

関連記事 : Rubyの女神×Microsoft MVPクリエイターが効率的な勉強法を伝授!

テックリードのキャリアパス

長くエンジニアとして勤務していると、さまざまなプロジェクトを経験し、自然にテックリードのようなポジションになっている可能性があります。たとえば、チーム内でエンジニアとして3~5年程度働いてある程度のスキルを身につけると、打ち合わせに呼ばれたり、チームメンバーの相談に乗ったりする機会が増えていきます。クライアントや他部署からの質問に答えられるようになると、窓口担当と見なされていることもあるようです。このような形で、エンジニアからテックリードになるというのがひとつのキャリアパスです。

テックリードから先のキャリアパスとしては、ITアーキテクトがまず挙げられます。クライアントの企業戦略や要望に基づき、アプリやソフトウェアなどのIT技術を活用したシステムの構築・設計を行う仕事です。さらに、エンジニア視点からビジネス戦略や投資先の選定などに関わるCTOという経営側のポジションへ進むことも、キャリアパスとしては考えられます。

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

テックリードの面接内容

テックリードの求人に応募したときの面接では、志望動機やキャリアビジョンなど一般的な質問以外に、以下のような質問をされる可能性があります。

  • エンジニアとしての経験年数
  • 各言語の開発経験年数
  • チーム教育の経験
  • プロジェクト立ち上げの経験

テックリードには、システムやアプリケーションなどの開発経験や、チームにおけるリーダー的な業務経験が求められます。そのため、自分がエンジニアやチームをまとめてきた経験談やエンジニアとしての成果などを伝えられるようにまとめておきましょう。どのような状況でどのような行動をし、その結果どういった成果に結びついたか、ということを意識すると、具体性のあるエピソードが構築できます。

テックリードのポジションで求人募集がある場合、新規プロジェクト立ち上げのタイミングであるケースもよくあります。プロジェクト立ち上げ経験がある場合は、規模や分野、自分が担当した業務、プロジェクトが完成したか、どのように進んでいったかなどを説明できるようにしておきましょう。なお、面接でコーディングテストを実施する企業もあるようです。

関連記事 : キャリアパスとは?

円滑な業務にテックリードの働きは重要

テックリードはエンジニアチームのメンバーが開発業務に専念できるよう働きかけることが役割なので、視野の広さや素早い行動力が求められます。また、チーム内ではメンターや相談役にもなり、メンバー間のトラブルや問題解決に向けて積極的に働きかけ、チームをまとめ上げなくてはいけないので、マネジメント力も兼ね備えることが必要です。テックリードは、ある程度実務経験があるエンジニアなら目指せるキャリアパスのひとつなので、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : 初めてでも安心!フリーランスエージェント

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとテックリードの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.