CMSの概要やスキルも解説
CMSの仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

CMSの仕事としては、WordPressやMovable TypeといったメジャーなCMSを用いてWebサイトを構築したり、問い合わせフォームやショッピングカート機能を追加したり、といった内容が例として挙げられます。CMSの仕事では、PHPやPerlといったプログラミング言語のスキルや、HTMLやCSSのようなマークアップ言語のスキルが求められることが多いでしょう。以下に、CMSに関連する業務について、以下に解説していきます。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. CMSとはWebサイトを構築できるシステムのこと
2. CMSに関わる業務とは?
3. 開発系言語やマークアップ言語などの知識が大切

1. CMSとはWebサイトを構築できるシステムのこと

■CMSとは
CMSとは「Contents Management System」の略で、Webサイトを構築できるシステムのことを指します。HTMLやCSSといったWebサイトの制作に大切な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけでサイトを更新できます。

■CMSのメリット・デメリット
前述したとおり、CMSを導入することで専門知識のない者でも効率的に更新作業を行えるため、更新コストが減ることが大きなメリットです。

記事コンテンツを更新する際は、新着情報、カテゴリ分け、タグ付けなどに関連するリンクの更新が自動的に更新されるため、作業の手間が省けるだけでなく、リンク切れなどのエラーも起きにくくなります。

一方、CMSの仕様に沿ったサイトを作る必要があることや、既存のWebサイトがある場合はCMSへの移行作業にコストがかかることなどがデメリットとして挙げられます。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. CMSに関わる業務とは?

代表的なCMSとしてWordPressやMovable Typeが挙げられます。これらのCMSを使ってWebサイトを構築する、というのがCMSを使った仕事の一つです。デフォルトの機能だけでは満たすことの難しいニーズもありますので、要望に併せて細かく改修するということもCMSに関連する業務としてあります。

他にも問い合わせフォーム機能やショッピングカート機能を実装したり、Photoshop・Illustratorなど作ったデザインを元にCMSでコーディングする、といった内容も、CMSに関連する業務として挙げられます。また、既存のCMSでは要望を満たせないというケースでは、オリジナルのCMSをイチから開発するケースもあるようです。

3. 開発系言語やマークアップ言語などの知識が大切

前述した代表的なCMSであるWordPress、MovableTypeを例として挙げると、WordPressであればPHP、MovableTypeであればPerlが開発言語となっており、データベースには両者ともMySQLが採用されています。サイト構築や機能追加などにはこれらのスキルが必要となってきます。

また、見やすい画面を制作するためにHTMLやCSSのようなマークアップ言語のスキル、HTMLやCSSだけでは困難なリッチな表現を実現するためにJavaScriptのスキルがあるとベターでしょう。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.