IT業界の仕事を整理する
ソフトウェア開発の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ソフトウェア開発はプロジェクトマネージャー、システムアナリスト、システムエンジニア、プログラマーなど、いくつかの職種によって成り立っています。それぞれ業務が異なるため、仕事内容やスキルなど分けて解説します。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. ソフトウェアとは、コンピュータ上で動作するプログラムを開発する仕事
2. それぞれの職種に必要なスキル
3. ソフトウェア開発の将来性について

1. ソフトウェアとは、コンピュータ上で動作するプログラムを開発する仕事

ソフトウェアの開発にあたって、プロジェクトマネージャーやシステムアナリスト、システムエンジニア、プログラマーといった職種が携わっています。それぞれの職種ごとに行っている仕事内容の例をご紹介します。

■プロジェクトマネージャー
プロジェクト全体を管理する立場の人です。クライアントに対するヒアリングを行った上で適したシステムを提案。円滑にプロジェクトを進めるためのプランを確立し、予定どおりに進行するための人員配置や環境の整備といったマネージメントを行っています。

■システムアナリスト
情報システムに関する知識に長けた人物で、その専門性よる戦略の提案やプロジェクトの調査・評価などを行います。最良の状態で開発を進められるようアシストしていく存在です。

■システムエンジニア
アプリケーションエンジニアやテクニカルエンジニアに分かれ、システムの設計や運用といった部分を具体的に進めていきます。

■プログラマー
システムエンジニアの作成した仕様書に基いて情報システムが実際に作動するように、プログラムの設計・開発を行っています。完了後の単体テストなども仕事の一つです。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. それぞれの職種に必要なスキル

ソフトウェア開発において必要になるスキルは、どの職種に携わるかによって異なります。

プロジェクトマネージャーの場合、クライアントとのコミュニケーションがスムーズに取ることができ、なおかつスタッフを適切にマネージメントできるかどうかがポイントとなります。システムや市場を理解し、うまく活用できるように幅広い知識と経験が要求されることでしょう。

システムアナリストは、いわばコンサルタントのようなポジションです。依頼されたソフトウェア開発がどういった方法でどの方向に進めばよいかを指し示すために、システムや企業活動の知識を蓄え、効果的なアドバイスをするスキルが必要となります。

システムエンジニアやプログラマーは、ソフトウェアが実際の要望にあった形で実現するためには具体的にどのような設計や作業を行えば良いかを知っておく必要があります。

システムエンジニアはクライアントとのやりとりの中で、要望を正確に理解できるかどうかも重要です。

プログラマーに関しては、プログラミング言語に関する知識ももちろん必要ですが、それを用いて正常な動作をするプログラムの作成スキルが要求されます。ソフトウェアの根幹部分を作る仕事なので、整然としたプログラミングを行う集中力や、バグがあった場合の原因を推理するスキルも役に立つでしょう。

3. ソフトウェア開発の将来性について

パソコンやスマートフォンはもちろん、電子レンジやテレビ、車、電車など生活のありとあらゆる場所でソフトウェアを基にした製品が使われています。利便性や時間の短縮などを求めてさらなる技術の発展は進むと考えて、まず間違いはないでしょう。よって、ソフトウェア開発の将来性は高いものと考えられます。

問題点があるとすれば、業界自体の需要に対して人員が足りていない状態です。それだけ需要が高まっている状態といえます。仕事内容に関しても、正確性が要求される作業や、柔軟な発想力を活かせるものなどさまざまなため、ソフトウェア開発の中でキャリアアップを進められます。その経験はどの分野においても役立てることができるでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

簡単60秒!無料会員登録

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

ご希望の働き方があれば選択してください

次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.