あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

ITエンジニアの4つの主たるキャリアパスについて解説
ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ITエンジニアのキャリアは人によって様々。大まかなタイプで分けると、「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」「社内SE」「SE/プログラマ」を目指す方が多いようです。「自己分析をしっかりすること」「改善のために行動すること」「好奇心を持つこと」の3点を心がけて、キャリアアップしていきましょう。詳細は下記の解説をご覧下さい。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

ITエンジニアのキャリアパス
エンジニアのキャリアアップに必要なこと

ITエンジニアのキャリアパス

20代後半まではITエンジニアとしてがむしゃらに働いて、30歳目前でふと「これからどうしていこう?」と悩む方が多いようです。エンジニアとしてのキャリアを充実させるためにも日頃から考える癖を付けましょう。

エンジニアが目指すキャリアとして、一般的に下記の4つが挙げられます。 タイプ別に見てみましょう。
 

マネージャータイプ:プロジェクトマネージャー

プロジェクトの管理者として、人員配置をどうするのかなどのヒューマンマネジメント、クライアント折衝、要件定義、品質管理、スケジュール管理、コスト管理などを行います。コミュニケーションスキルに自信があり、リーダーとして積極的に組織を引っ張って行きたい方に向いています。

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧
プロジェクトマネージャー(PM)の正社員求人一覧

コンサルタントタイプ:ITコンサルタント

ITの観点から、クライアントの経営改善のためのコンサルティングサービスに携わります。ERPを導入してクライアントの業務改革(BPR)を実現させたり、CRMシステムを導入して、クライアントのサービスを利用するユーザーのニーズを把握し、最適なサービスを提供する基盤を作ったりするなど、コンサルティング内容は多岐に渡ります。幅広い業態のビジネスに強い関心があり、知らないことでも学んでいくモチベーションがある方、経営者的な広い視点を持っていて、なおかつ物事を客観的に見ることができる方に向いています。

ITコンサルタントの求人・案件一覧
ITコンサルタントの正社員求人一覧

ゼネラリストタイプ:社内SE

プロジェクトにおいてベンダーコントロールに携わったり、情報システムの企画・導入・運用に関連する業務を全般的に行います。ITについての専門スキルと経営面でのマネジメントスキルの両方が必要です。SE、ITコンサルタントを経験し、その中でもっと自社のシステム全般を担当したいと考えて、キャリアアップする方が多いようです。

社内SEの求人・案件一覧
社内SEの正社員求人一覧

スペシャリストタイプ:SE/プログラマ

ソフトウェアやアプリケーションの設計・開発を行います。管理や経営側ではなくコードを書いて実際にシステムを開発するプレイヤー側として、最新技術を身に付けプログラミングの道を極めていきたい方に向いています。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧
SE (システムエンジニア)の正社員求人一覧
プログラマー(PG)の求人・案件一覧
プログラマー(PG)の正社員求人一覧

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

自分に合う案件を提案してもらう

エンジニアのキャリアアップに必要なこと

それでは、キャリアアップのために必要な行動や考え方とはどのようなものなのでしょうか。

自己分析:自分を知ること

自分が上記のタイプのどれにあてはまるのか考えるとき、自分の得意分野・苦手分野が何なのか、今後どういったことをやっていきたいのかを知ることは必要不可欠です。新人のうちは、まず選り好みせず何でもやってみましょう。その中からこれは向いている、ずっとやっていきたいと思えるものに出会い、見極めていくことが大切です。

改善:問題意識を持つこと

方向性が決まったら、そこへ進むためには日々の業務の中でどのようなことを心がければ良いのでしょうか。与えられたことを言われた通りにやるだけでなく、望まれていることを理解した上で付加価値を生み出すことが大切です。常に問題意識を持ち、必要に応じて改善のための行動を起こしましょう。どんな小さなことでも毎日の積み重ねによって、結果的に周囲からの信頼を勝ち取り、会社の中で希望のポジションに就けたり、理想どおりに転職や独立をしたりすることができるでしょう。

好奇心:常に学び続けること

新人のうちはもちろん、経験を積んだ後でも、一貫して必要なのは「学ぶ姿勢」です。常に好奇心をもって、自分の専門分野はもちろん専門外のことにも興味を持つことが大切です。そこで得た知識でできることが増えれば、任せられる仕事の幅も広がるでしょう。さらに成果を残せば、周囲からの信頼を得ることができ、次に新しいことにチャレンジできる良いサイクルができます。エンジニアの方は、積極的に勉強会に参加し、スキルアップを図りましょう、プログラミングスキルを高める勉強会のみならず、周辺領域のOSやDB関連の知識を深める勉強会もあります。ハッカソンのように、その場でソフトウェアを開発してみる実践型のものもありますので、情報収集から始めてみましょう!

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.