PHPの在宅案件・求人はある?転職や副業で在宅ワークの仕事をするには

PHPの仕事を在宅で行う場合、業務内容はWebサービス開発や業務システム開発、ゲーム開発などが考えられます。それぞれの業務で求められる知識・スキルは異なりますが、副業でできる在宅案件は単発の場合も多く、継続的に収入を得るには一定の難しさもあります。本記事では、PHPエンジニアが在宅の求人を探す方法や、年収・単価相場などもご紹介していきます。

PHP案件を提案してもらう

目次

PHPエンジニアの仕事内容
PHPの在宅ワーク可能な求人はある?
PHPの在宅ワークOKの仕事を探す方法
PHPの在宅ワークの副業で見込める収入
PHPの在宅ワークに必要なスキル
PHPの在宅ワークに関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

PHPエンジニアの仕事内容

PHPエンジニアの仕事内容としては「ECサイトなどのWebサービス開発」「業務システム開発」「ゲーム開発」などが挙げられます。

ECサイトなどのWebサービス開発

PHPは、ECサイトなどのWebサービス開発で使われることが多いプログラミング言語です。Q-Successが運営するW3Techsのデータによると、2021年3月時点でPHPはWebサイトのサーバーサイドで使われる言語として、80%近いシェアがあります。

※参考 : Usage Statistics and Market Share of Server-side Programming Languages for Websites|W3Techs

近年は通信販売が浸透してきており、ECサイトを持つことは小売店の常識になりつつあります。ECサイトを構築するのであれば、CMSを利用して効率的に開発するのがメジャーな手法です。代表的なオープンソースのCMSである「WordPress」は、PHPでカスタマイズすることができます。

業務システム開発

PHPで業務システムを開発する場合、企業の基幹システムや物流システム、決済システムなど種類に応じて求められる技術も変わってきますが、HTML、CSS、JavaScript、Apache、MySQLなどはひと通り使いこなせるようになっておくと役立つでしょう。

そのほかには、Webアプリケーションフレームワークの「Laravel」「Yii」、チーム開発で広く使われているバージョン管理システムの「Git」、 コンテナ型仮想化に関連して「Docker」「Kubernetes」などの知識・スキルがあると、プロジェクトに入るときもスムーズでしょう。

ゲーム開発

PHPはゲーム開発にも使われてることがあります。とくにサーバーサイドを開発するときにはPHPが利用されることは少なくありません。LAMP環境やLaravelで開発するケースもあります。そういう意味では業務システム開発と似通った性質の業務ともいえます。

業務内容は設計から開発、テスト、運用まで幅広く、インフラ寄りの仕事になればゲームの負荷対策や障害対応なども業務範囲に入ってくるでしょう。

関連記事 : PHPエンジニアとは|未経験からなることは可能?仕事内容や転職方法を解説

PHP案件を提案してもらう

PHPの在宅ワーク可能な求人はある?

PHPの在宅ワーク可能な求人は増加傾向にあるといえます。その理由としては、政府によるテレワーク推奨の影響が考えられます。以前までは、セキュリティの問題などを加味して社外で開発業務を行うのは「ご法度」とされることもありましたが、最近ではAWSやGCP、Microsoft Azureなどのクラウドサービスを活用すれば、一定のセキュリティを担保しながら開発可能な環境が整いつつあります。

※参考 : 総務省|令和2年版 情報通信白書|テレワークの推進

とはいえ、すべての求人・案件で在宅ワークが認められているわけではありません。たとえば、在宅は可能としながらも「最初の1ヶ月はオフィスに出社する」という場合もあります。「この人はリモートで任せても大丈夫か」を判断するため、ある程度信頼関係を構築してから在宅ワークにシフトしてほしいと考える企業もあるようです。

未経験からPHPの在宅勤務可能な求人に応募できる?

未経験から在宅可能なPHPエンジニアの求人に応募して採用されるのは、一般的にハードルが高いといえます。在宅ワークではオフィスにいるときほど手厚いフォローはできないこともあるため、より実務経験が重視される傾向にあるからです。そのため、最初から在宅にこだわるのではなく、ある程度実績を作ってから在宅ワークの求人・案件に応募するというのもひとつの方法です。

また、入社後の研修制度がある企業では、在宅が前提であっても研修期間中はオフィスに出社する必要があるケースもあります。

関連記事 : 在宅プログラマーを未経験で目指す方法|求人・案件の探し方は?

PHPの在宅ワークOKの仕事を探す方法

PHPの在宅ワークOKの仕事を探すには、主に以下のような方法が考えられます。

在宅勤務ができる正社員・アルバイトの求人募集に応募する

ひとつは、求人サイトなどから在宅勤務が可能な正社員・アルバイトの募集を探して応募する方法です。この場合はなるべくたくさんの求人媒体を活用すると、自分の希望に沿った求人を見つけやすくなるでしょう。

メジャーな媒体には掲載されている企業が多い分、そこに申し込むライバルも多いです。新聞広告やタウン誌などの募集などもチェックしておくと、意外なめぐり合わせがあるかもしれません。

営業や人脈、ブログ・SNSでの自己PRを介して在宅案件を探す

フリーランスの在宅案件を探す場合、自分で営業をかけるのも有効です。とくに昨今ではSNSを通して案件を獲得するケースも増えており、SNSやブログ上で自己PRをしていると、採用担当者の目に留まって受注につながる可能性はあります。自己PRをするには、営業材料として自分で作ったアプリケーションなどをポートフォリオにするとよいでしょう。

また、人脈を使って案件を紹介してもらう方法も有効です。ただし、こうした方法では声を掛けてもらえるような実績を作る必要があるので、未経験から営業をかけるのは難易度が高いでしょう。

クラウドソーシングでリモートワーク向けの案件を探す

クラウドソーシングサイトはフリーランス案件を探す方法としてメジャーになりつつあり、実際に検索するとたくさんの案件を見つけることができます。とくにPHPは個人や法人を問わず、Webサイトの構築や改修の案件が多い傾向にあるので、実績作りにも最適といえます。

ただし、単発の案件や単価が低い案件も多くあり、途切れなく案件を受注するには営業をしっかり行ったり、フリーランスエージェントを活用したりすることも重要です。

関連記事 : 在宅でできる仕事の種類と注意点

PHPの在宅ワークの副業で見込める収入

PHPの副業案件は、Webサイトの改修や機能単位での開発など、単発業務が中心です。そのため、一般的なフルタイムの正社員求人や、フリーランスエージェントが取り扱うような週5日稼働の案件に比べると単価が低くなる傾向にあります。

PHP案件の単価相場

参考までに、PHP案件の単価相場を見てみましょう。レバテックフリーランスのPHPの求人・案件一覧を見てみると、2021年3月時点で平均単価は月71万円であることがわかります。ただし、これは常駐案件を含むレバテックフリーランス案件をもとにしたデータであり、PHPの在宅・副業案件の単価相場とは異なることに注意してください。

PHPの求人・案件一覧

そのうえで、月80万円以上の高単価案件を見てみると、求められるスキルには「PHPを用いた開発実務経験3年以上」など、一定年数以上の実務経験が条件となっている案件が目立ちます。

そのほかには「RDBMS(Oracle、MySQLなど)の使用経験」「Laravelを用いた開発実務経験」「JavaScriptの実務経験」といった開発経験も重要です。さらに「GitHubの使用経験」「アジャイル開発の経験」などを求めるスキルに掲げる案件もあります。

PHPエンジニアの年収

同時点でレバテックフリーランスに掲載されているPHP案件の単価相場の12ヶ月分を年収と考えると、PHPエンジニアの平均年収は852万円(71万円×12ヶ月)となります。

PHPエンジニアの年収相場

参照元 : PHPの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 852万円
最高年収 1740万円
最低年収 180万円


ただし、前述のとおり、これはPHPの在宅・副業案件の年収相場とは異なることにご注意ください。

フリーランスとして副業している人の年収

次にフリーランスとして副業している人の年収を見てみましょう。内閣官房日本経済再生総合事務局が発表した「フリーランス実態調査結果」によれば、フリーランスとして副業をしている人の年収(副業分)は100万円以下が大多数で、全体の74%となっています。

※参考 : 内閣官房日本経済再生総合事務局「フリーランス実態調査結果」

100万円以下というと少ないように感じてしまうかもしれませんが、通常の給料にプラス5万円~10万円上乗せできると考えれば、副業としては悪くないとも考えられます。

関連記事 : PHPエンジニアの年収|JavaやRuby、Pythonとの相場比較も

PHPの在宅ワークに必要なスキル

在宅ワークでは、ある程度ひとりでも問題を解決しながら開発を進められるレベルのスキルが求められるでしょう。そのため、数年の開発経験があることがひとつの目安といえます。

また、最近ではGitなどを使ったチーム開発が主流です。在宅ワークやリモートワークをスムーズに行うためには、チーム開発の経験や関連ツールのスキルなども大切になるでしょう。

関連記事 : PHPの勉強方法|初心者におすすめの独学方法と学習ロードマップを紹介

PHPの在宅ワークに関するよくある質問

PHPの在宅ワークに関連して、よくある質問をまとめました。

Q. PHPの在宅ワークOKの求人・案件はどんな方法で探せますか?

A. Webや雑誌の求人媒体で正社員・アルバイトの求人募集を探して応募する、人脈を頼ったりブログ・SNSで自己PRをしたりして在宅案件を受注する、クラウドソーシングサイトでリモート案件を探して参画するといった方法があります。

Q. PHPの在宅ワークの副業ではどのくらいの収入が期待できますか?

A. PHPエンジニアとしてのスキルや実際の働き方によっても違うため、一概にはいえませんが、2020年5月に内閣官房日本経済再生総合事務局が発表した「フリーランス実態調査結果」によると、フリーランスとして副業をしている人の約4分の3は年間副業収入が100万円未満とされています。実績がないうちから高収入を期待しすぎるのは禁物でしょう。

Q. PHPの在宅ワークの求人に未経験から応募することは可能ですか?

A. 求人の条件によっては応募可能ですが、周囲のサポートを受けにくい在宅ワークでは、相応の開発経験が求められる傾向にあります。作業中に問題が起きても独力で解決できるような経験と知識があることが望ましいでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

PHP案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと副業・複業の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。