オンラインカウンセリング実施中

働き方や年収、学習すると役立つ言語などを解説
在宅プログラマーを未経験で目指す方法|求人・案件の探し方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

未経験でプログラマーを目指すには、プログラミング基礎知識の習得が必須です。基礎知識をもとにプログラミング実績をつくり、在宅で仕事ができるような案件獲得に努めましょう。

政府が主導しているテレワークの推進や通信環境の整備により、在宅でできるプログラマーの仕事はたくさんあります。一方で、フリーランスのように働き方も多様化しており、競合プログラマーが多いのも事実です。

在宅プログラマーとして、自分の好きな環境で活躍できるようになるヒントをお届けします。

リモート案件について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

未経験でプログラマーになれる?
未経験からプログラマーを目指すうえで知っておくべきこと
未経験でプログラマーになるには
プログラマーとして在宅で働くために
在宅プログラマーに求められるレベル
在宅プログラマーの働き方
在宅プログラマーの年収
求人・案件が豊富な在宅プログラマー向けの言語

未経験でプログラマーになれる?

全くの未経験で知識もなければ、突然プログラマーになることは難しいでしょう。プログラマーとしてプログラムを書いていく上で、各言語の知識や経験が必要不可欠です。プログラマーになる前にしっかり勉強をして、プログラムに関する知識を得てから、実務経験を積んでいくことが重要となります。

プログラミングは論理的な思考ができる人ならゼロから初めてもスキルを習得することは難しくありません。自主的にプログラミング学習を続けていけば、文系や理系など卒業した学部に関係なくプログラマーになることが可能です。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介

未経験からプログラマーを目指すうえで知っておくべきこと

未経験からプログラマーになるために知っておくべきこととしては、主に以下の3つが挙げられます。

1.プログラマーになるのは簡単ではない

1つ目は「プログラマーになるのは簡単ではない」ということです。プログラマーとしての知識や技術は一朝一夕で得られるものではありません。コツコツと努力し基礎知識を積み上げた先に、プログラマーとしての未来があります。

2.プログラマーの需要が高まっているのでチャンスがある

2つ目は、「プログラマーの需要が高まっている」ということです。企業は売上を伸ばさなければ生き残れません。プログラミング技術を使い、生産性の向上をサポートできる人材の需要はますます高まっていくと考えられます。

3.プログラマーで得た技術はほかの職種でも活かせる

3つ目は、「プログラマーで得た技術はほかの職種でも活かせる」ということです。

例えば、プログラミング技術や、チームで事業をやりきった実績を得たとします。それからマーケティングや営業などほかの職種にジョブチェンジをした場合、プログラミングやプロジェクトの観点から仕事を進められるようになります。

例えば、資料作成をする際に「リストにしよう」「表にしよう」「デザインのテンションを整理整頓しよう」など、読み手への気遣いがよりできるようになります。もちろんプログラマー一筋で仕事を続けていくのも大切ですが、ほかの職種に活かせる知識や視点を得られることもプログラマーを目指す十分な理由になるでしょう。

以上の3つがプログラマーになるために知っておくべきことです。プログラマーになることは簡単ではありませんが、プログラマーを目指すメリットや実際にプログラマーになった時のメリットはたくさんあります。

関連記事 : 未経験からフリーランスを目指す!その心構えやスキルの習得方法をチェックできる記事まとめ

リモート案件について相談する

未経験でプログラマーになるには

プログラミング未経験の状態からプログラマーを目指すために必要な知識や技術には、さまざまなものが考えられますが、ここでは「HTMLとCSSを勉強する」「Git(ギット)を使えるようになる」の2つを紹介します。

HTML、CSSを勉強する

HTML、CSSはWebサイトの基礎であり、基本的にプログラマーはセットで覚える必要があるでしょう。HTMLはWebサイトを表示させるためのコード、CSSはHTMLを修飾するスタイルシート言語です。

これらの技術を得るための勉強法としては、以下のような方法があります。

1.オンライン学習サービスで徹底的に基礎練習する

近年、プログラミングのオンライン学習が可能なサービスはたくさん登場しています。費用やコースなどの違いによりさまざまなサービスがありますが、未経験者であればまずは徹底的に基礎を勉強しましょう。

2.サイトの模写をする

もう一つの勉強法は、サイトの模写です。普段自分が見ているサイトやかっこいいと思ったサイトの模写をすることは、技術の習得に役立ちます。まずは自分で学習した知識を生かして、自力でサイト制作を行い、完成後に真似したサイトのコードを確認し、自分自身でフィードバックを行うと良いでしょう。

プロがつくったサイトから「ここ手間がかかっていた箇所、困っていた箇所なのか」「このコードの書き方を真似しよう」といった気づきを得ることができます。

模写を続けていれば、徐々に「サイト構造のセオリー」が分かってきます。「まずメインがあって、newsがあって……」とサイト構造のセオリーをつかめるようになれば、プログラマーの第一歩といえるでしょう。

HTMLの求人・案件一覧
CSSの求人・案件一覧

Git(ギット)を使えるようになる

Gitとは、プログラムなどのバージョン管理ツールです。Gitをマスターできると、開発プロジェクトに参画しやすくなり、活躍の幅が広がります。

Git習得の勉強法で大切なのは「1人でサイトをつくる時からコミュニケーションを意識する」ことです。

「過去」「現在」「未来」の自分とのコミュニケーションを意識しながら1人でサイトを模写することで、作成しているサイトの内容を明日の自分がすぐに理解できるように工夫しながらバージョン管理を行うと、Gitへの理解が捗るでしょう。

Gitの求人・案件一覧

まずHTML、CSS、Gitをマスターできれば、プログラマーとして仕事を始める準備が整います。

関連記事 : プログラミングを独学で学習できる無料サービス12選

プログラマーとして在宅で働くために

プログラマーとして在宅で働くために大切なことは、会社員として働く場合と、フリーランスで働く場合とでそれぞれ異なるでしょう。

会社員として在宅で働く場合

まずは、会社員として在宅で働く場合です。会社員として在宅で働く場合、「1人で開発ができる基礎知識」と「複数名と一緒に仕事を進める力」が必要です。

たとえばWebサイトなら、ECサイト、ブログサイト、ポータルサイトなど複数種類あります。サイトの根幹はHTML、CSSですが、PHPやJavaなどサイトを構築するうえで必要な言語があります。

会社員のプログラマーとして在宅で働くためには、前述したHTML、CSS、Gitの他にも、参画するプロジェクトに必要な言語を学習し習得する必要があります。

また、会社員のプログラマーとしてWebサイトをつくる場合、営業、ディレクター、デザイナー、同じプログラマーとさまざまな職種の方とチームを組みコミュニケーションをとりながら、クライアントが意図するサイトを制作します。

会社員のプログラマーとして在宅で働ける仕事を見つけるには、”実績”と”徹底したリサーチ”が必要です。実績は、報酬が発生したものが望ましいでしょう。仕事として納品したものではない、前述のサイトの模写や独学の内容は実績として参考になりません。

というのも、案件には予算が存在し、その予算内で仕事を納める必要があるからです。どれだけ知識や技術があっても、予算外であれば仕事を受注することはできません。各実績のクオリティに対して、かかった予算が大切です。

求人・案件を探す方法

会社員として在宅の仕事を探す際は、企業の求人情報から探すことが中心となりますが、その求人が完全に在宅での勤務が可能かどうか確認する必要があります。

求人サイトなどでは、在宅やリモートで勤務が可能と記載している企業もありますが、中には週に数日の出勤が必要なケースや、在宅勤務制度はあっても実際に利用している社員が少なく在宅勤務がしづらいケースもあるため注意が必要です。

事前にその会社の在宅勤務状況を調べるには、Webでリサーチしておきましょう。実際にその会社で働いている人がいれば、在宅勤務制度の利用者数や利用状況を聞いてみましょう。

関連記事 : 自由に働く!在宅・リモートワーク体験談まとめ

フリーランスとして在宅案件を請け負う場合

続いては、フリーランスとして在宅案件を請け負う場合についてです。フリーランスプログラマーは、基本的に「実績」ですべてが決まります。まずは実績をつくりましょう。

Webサイトの制作なら、テンプレートに沿ったサイトではなく、オリジナルにつくったサイト作成を意識しましょう。理由は、“クライアントの要望に応えられる”とアピールするためです。

フリーランスプログラマーとしてクライアントにスキルを証明できれば、まずは企業のコーポレートサイトの開発担当し、その後コーポレートサイトのリニューアルを受注、さらに同会社のECサイトのリニューアルといった形で、1つの案件から継続して案件を受注できる可能性もあります。

求人・案件を探す方法

フリーランスが在宅案件を探すには、クラウドソーシングサイトからの受注、WebサイトやSNS経由での受注などの方法があります。

フリーランスの案件では、クライアントが実務経験を重視するため、クラウドソーシングサイトのプロフィールには、実務経験・実績・スキルなどを記載してアピールしておきましょう。多くのサイトでは受注実績も見られるようになっているので、過去にプログラミング案件を受注していると、より案件が受注しやすくなるでしょう。

WebサイトやSNSを活用する場合は、Webサイトに実務経験・実績・スキル・成果物などを掲載したポートフォリオの提示しておきます。成果物はWebアプリやスマホアプリ、レスポンシブデザインのWebサイトなどが良いでしょう。Webサイトを更新したらSNSで発信することによって、より多くの企業の目に止まるようになります。

関連記事 : 在宅フリーランスの働き方

フリーランスとして常駐型案件に参画し、実績を積んでから在宅で働く場合

最後は、常駐型案件に参画し実績を積んでから在宅ワークに移行する方法です。実際に常駐型案件で実績を積み、在宅ワークへ移行するフリーランスプログラマーは多くいます。

プログラマーとして企業の力になれることが大前提ですが、お金を稼ぎながら勉強できる環境に勝てるものはありません。基礎知識を徹底的に復習しながら、応用知識をつけましょう。

また、IT業界では常に新しい情報が求められます。それを個人の力で情報収集をするには限界があります。企業にいると、さまざまな情報を得ることができ、常に成長し続けられる環境なので、常駐している間は最大限の力を会社に発揮して、成果物を還元しながら、成長に努めましょう。

求人・案件を探す方法

常駐案件を経験することで、現場ならではの経験を積むことができます。ある程度常駐案件をこなしたら、それを実務経験として提示することで、在宅案件が受注しやすくなります。

クラウドソーシングサイトやSNSで自分がどんな常駐案件に携わってきて、どんなスキルが身についたかなどを発信していくのがおすすめです。アピールできる実績が増えれば、企業側からの案件依頼につながる可能性があります。

関連記事 : フリーランスが「初めての常駐SE・プログラマ案件」を成功させるために気をつけるべき5つのこと

在宅プログラマーに求められるレベル

在宅プログラマー、特にフリーランスプログラマーの場合、基本的には即戦力として貢献することが求められます。そしてプログラムが書けるだけでなく、スケジュールや品質を遵守できる自己管理能力、ある程度のトラブルは自分で解決できる問題解決力などが必要です。

したがって、未経験から在宅プログラマーを目指すことはハードルが高いでしょう。プログラマーとしてスキルレベルが十分でないならば、プログラミングスクールなどで知識やスキルを身につける、常駐案件に携わって実務経験を積む、クラウドソージングや知人の紹介などで簡単な案件を受注して経験を積む、といった方法があります。

関連記事 : プログラマのスキルアップ

在宅プログラマーの働き方

在宅プログラマーの働き方は、本職やフルタイム以外の形態があり、下記の2つのような働き方が挙げられます。

  • 週末だけ在宅プログラマー
  • 主婦・主夫の在宅プログラマー

週末だけ在宅プログラマー

週末のみ在宅プログラマーとして働くには、クラウドソーシングサイトや業務委託案件の紹介サイトから案件を受注します。提示された納期で無理なく完了できそうで、かつ出社の必要がない案件を選ぶことが重要です。

たとえばクラウドソージングサイトのWebサイトのランディングページ作成では、1ページ1万円程度の案件が見受けられます。HTML・CSSでの業務経験があれば、LP作成は1~2日あれば十分に可能なものもあるでしょう。単価がもっと高い案件もあるので、スキルや経験を積めばより稼ぐことも不可能ではありません。

平日は本業があり、副業として週末だけ在宅プログラマーをやりたい人は、上記のような働き方がおすすめと言えます。

主婦・主夫の在宅プログラマー

主婦・主夫の在宅プログラマーとして働くには、家事や育児との両立を考え、稼働時間にそこまで厳しくない働き方が可能な案件を選ぶ必要があります。クラウドソーシングサイトや業務委託案件の紹介サイトで案件を探すときに、それぞれ週の稼働時間の目安を参考に案件に応募しましょう。

たとえばクラウドソーシングサイトでは、稼働時間が週3日で月単価10~20万円のPHPシステム開発や、週30時間程度で時間単価1,500~2,000円のWebページ作成などの案件が見受けられます。単純計算すると、後者は4週稼働すれば18~24万円を稼ぐことが可能です。

時間単位の案件や稼働日に規定がある案件は、主夫・主婦の中でも毎週曜日ごとにある程度決まった時間が取れるという人に向いているでしょう。

関連記事 : 在宅プログラマーの仕事内容・探し方

在宅プログラマーの年収

在宅プログラマーの年収を集計したデータは省庁などから公表されていないため、企業に勤めるプログラマーとフリーランスプログラマーの年収を見てみましょう。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、規模10人以上の企業に勤めるプログラマーの平均年収は425.8万円です。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査

2020年8月時点におけるレバテックフリーランスのプログラマー案件の平均月額単価は約71万円でした。単純に12か月換算すると、フリーランスプログラマーの平均年収は約852万円というのが目安になるかもしれません。

プログラマー(PG)の求人・案件一覧

なお、在宅プログラマーの年収は、プログラマーが本業か副業かによっても大きく変わりますし、スキルと実務経験を十分身につければより高い年収を目指すことも可能です。

関連記事 : プログラマーの平均年収

求人・案件が豊富な在宅プログラマー向けの言語

比較的求人・案件が豊富な在宅プログラマー向けの言語には、以下のようなものが挙げられます。

  • JAVA
  • JavaScript
  • PHP

JAVA

「JAVA」は多くの企業の基幹システムで使用されているプログラミング言語です。他の言語と比べてOSに依存しないので、汎用性の高い言語として、日本のみならず世界的にみても多くの現場で使用されているのが特徴と言えます。

JAVAでは、WebやPC、スマホのアプリケーション開発や、Webサイトの作成、ソフトウェアの開発などが行えるため、常に多数の案件数の募集が出ています。

JavaScript

「JavaScript」は、クライアント側(ブラウザ)で動作するプログラム言語です。主に動的なWebページの作成、Webアプリケーション開発で使用されてきましたが、近年は小規模なアプリ開発などを行うサーバーサイド言語としても使用されるようにもなっています。

多くのWebページで使われる使用率の高い言語である上に、AJAX(非同期処理)やNode.js(サーバーサイドで動くJavaScript)がWebに取り入れられるようなったため、これらを含めてJavaScriptの案件は多く見られます。

PHP

「PHP」は、Web開発の現場で使用されるスクリプト言語です。PHPでは、HTMLソースコードの生成、データベースとの連携、HTMLフォームでユーザーが入力した情報の取得などが行えます。WordPressのソフトウェアにもPHPが使用されており、テンプレートなどをカスタマイズする際にはPHPの知識が必要となります。

WordPressは1995年に登場してから世界中で使用されていましたが、2020年においても世界で最も高いシェアを誇るCMS(Contents Management System)のひとつです。WordPressの普及に伴い、PHPは日本でも多くの現場で使用されており、案件数が多い言語です。

関連記事 : プログラマに必要なスキル

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとリモートの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.