オンラインカウンセリング実施中

必要スキル、役立つ資格、キャリアパスもご紹介
PHPエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

PHPエンジニアとは、プログラミング言語PHPを用いて、Webサービス(Webアプリケーション)開発やWebサイト構築をする職種です。Webサービス開発にはPHPだけでなく、HTMLやCSS、JavaScriptなどWeb開発に必要とされるスキル全般が求められます。今回はPHPエンジニアの仕事内容やスキル、関連する資格、キャリアパス、そしてフリーランスのPHPエンジニアになるために必要なことを解説します。

PHP案件を提案してもらう

本記事の執筆
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

PHPエンジニアの仕事内容
PHPエンジニアに必要なスキル
PHPエンジニアに役立つ資格
PHPエンジニアの需要・将来性
PHPエンジニアの月単価・年収
PHPエンジニアのキャリアパス
フリーランスのPHPエンジニアとして働くには

PHPエンジニアの仕事内容

プログラミング言語PHPを用いたWebサービス開発がPHPエンジニアの主な仕事です。ここではPHPの解説と、PHPエンジニアがシステム開発の中でどのような役割を担うのかについて解説します。

プログラミング言語PHPとは

PHPとはWebサイトやWebサービス(アプリケーション)を構築する際に使われるプログラミング言語のひとつです。ユーザーにはソースコードが見えずサーバー側で動作するため、サーバーサイドスクリプトと呼ばれることもあります。PHPを使うことで、データベースの参照や追加、計算処理などサーバー側の処理を記述できます。

WEBサービスのサーバーサイドプログラミング・運用

PHPエンジニアはWebサイトやWebサービス(アプリケーション)のサーバー側の処理を記述したり、改修したりする仕事を担います。サーバー側の処理の例としては、WebサイトへのログインやECサイトにおけるショッピングカート、購買などが考えられます。同時にセキュリティ面にも配慮して、コーディングや仕様を作成しなければいけません。

関連記事 :  PHPエンジニア・プログラマの仕事内容・将来性

PHP案件を提案してもらう

PHPエンジニアに必要なスキル

PHPエンジニアは、WebサイトやWebサービスを構築するためのサーバーサイドプログラミングを担当します。そのためPHPのスキルはもちろん、Webサービスの開発環境構築やオブジェクト指向など、PHPを使いこなすためのスキルが必要とされます。

Web開発のスキル

WebサービスやWebアプリケーションを開発するには、さまざまなスキルが必要とされます。PHPエンジニアには「HTMLとCSS」「JavaScript(クライアントサイドスクリプト)」「PHP(サーバーサイドスクリプト)」「データベース」の4つのスキルセットが必要です。

PHPフレームワークのスキル

PHPフレームワークとは、Webサービス開発の土台となるソフトウェアです。PHPフレームワークはWebサービスの開発に必要なクラスやライブラリを備えており、すべてのコードを1から記述する必要がありません。

PHPの代表的なフレームワークには軽量で使いやすいことが評価されているCakePHPやコードが読みやすく、AWSのSESやS3と連携がとれるLaravel などがあります。

フレームワークを利用することで作業効率が上がるだけでなく、チーム内のコードがある程度統一化され、バグも少なくなります。PHPエンジニアは携わる案件で使われているフレームワークの知識が求められます。

オブジェクト指向のスキル

PHPはクラスや継承といったオブジェクト指向の概念を取り入れた言語のため、PHPエンジニアはコードの記述や仕様書の理解のために、オブジェクト指向のスキルが求められます。

関連記事 : PHPを習得するときに役に立つサイトまとめ

PHPエンジニアに役立つ資格

PHPエンジニアとしての実力、スキルを客観的に評価する資格には「PHP技術者認定試験」があります。本試験はPHP技術者認定機構が主催するスキル証明試験で、試験区分は難易度と得点率によって初級・上級(準上級)に分かれます。

PHP7技術者認定試験(初級)

本試験はPHP7を元に、PHPプログラミングの基本知識を問う試験です。出題範囲は書籍「はじめてのPHP(PHP7版)」を主教材としており、本書やPHPのマニュアルなどから出題されます。

問題の比重はテキストや数の操作、繰り返しロジック、配列、関数とファイル、オブジェクト操作、Webフォームの作成といった分野に分かれており、PHPを使って基本的なプログラミングが出来るスキルを証明します。

参照 : PHP7初級試験 - PHP技術者認定機構

PHP5技術者認定試験(初級)

本試験はPHP7へのバージョンアップに伴い、一時停止されていましたが、2019年7月より再開されました。主教材は「初めてのPHP5」とされており、PHP7技術者認定試験(初級)と同じく、基本的なPHPプログラミングのスキルを問う試験です。

参照 : PHP5初級試験 - PHP技術者認定機構

PHP5技術者認定試験(上級・準上級)

本試験はPHPの言語仕様や実務でPHPを使えるスキルを問う試験です。PHPの文法はもちろん、Webプログラミングやセキュリティ実装のためのテクニックなど高度な内容も問われます。

7割以上正解して合格すると「上級」として認定され、5割〜7割の正解率では「準上級」として認定されます。上級は高度なプログラミングのスキルを持つPHPプログラマー、準上級はオンラインマニュアルなどを参考にしてプログラミングできるスキルです。

参照 : PHP5上級試験/準上級試験 - PHP技術者認定機構
関連記事 : ITエンジニア向けの資格

PHPエンジニアの需要・将来性

PHPエンジニアの需要や将来性を解説します。

PHPの需要は高い

PHPの需要は、レバテックキャリアの「プログラミング言語別求人ランキング【2019年6月発表】」によると、求人案件の14.96%がPHP案件でした。PHPはJavaの31.10%に次いで2位です。サーバーサイドスクリプトとしては、PHPの代わりにRubyやPythonを使う案件が増えているものの、PHPを使う案件はまだまだ多いことから、2位の地位を確立しています。

PHPは緩やかな減少傾向

新規案件ではRubyやPythonをサーバーサイドスクリプトとして使う案件が増えています。そのためPHPの案件数は緩やかな減少傾向にあります。ですが減少しているとはいえ、PHPはいまだ多くのWebサービスやアプリケーションで採用されており、PHP5を使って作られたWebサービスは非常に多く存在します。

開発実績や蓄積されたノウハウ量を考えると、PHPの需要がすぐに尽きることは考えづらいため、PHPエンジニアの将来性が低いとは言えないでしょう。

関連記事 :フリーランスITエンジニアの需要はどこにある?スキル別の求人・案件数から探る今後の市場動向

PHPエンジニアの月単価・年収

PHPエンジニアの需要は以前と変わらず高い水準にありますが、PHPエンジニアの収入水準はどのくらいでしょうか。ここではレバテックフリーランスのPHPエンジニアの公開案を基にした月単価・年収例をご紹介します。

PHPエンジニアの平均月単価 : 71万円(年収852万円)
最高単価 : 145万円
最低単価 : 35万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
PHPの求人・案件一覧

まずPHPエンジニアの月単価相場は平均71万円(年収852万円)でした。比較のために他の言語の月単価相場を上げると、Pythonエンジニアは平均77万円(年収924万円)、Rubyエンジニアは平均79万円(年収948万円)です。あくまでも平均単価のため、エンジニアとしての収入は参画する案件や参画回数、期間によって変動します。

すでに述べたとおり、PHPはサーバーサイドスクリプトとしてとても人気がある言語ですが、PythonやRubyも近年現場でよく使われるようになってきました。とはいえ、PHPエンジニアの評価が下がっているわけではなく、PythonやRubyエンジニアと近い水準にあります。

PHPという広く行き渡り、あらゆる現場で使われている言語でも、台頭しつつあるPythonやRuby並みの報酬が得られることは、これからPHPエンジニアを目指す方にとって良いニュースではないでしょうか。

関連記事 : PHPエンジニアの年収について

PHPエンジニアのキャリアパス

PHPエンジニアとして活動を続けると、サーバーサイドで使われる技術のスキルが身につくため、サーバーサイドエンジニアのキャリアが考えられます。またシステムエンジニアとしてシステム開発に関わることや、プロジェクトマネージャーとして開発プロジェクトをけん引するキャリアも見えてきます。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアとは、Webサービスやアプリケーション開発における、サーバー側の処理を担当するエンジニアです。広い意味ではPHPエンジニアはサーバーサイドエンジニアに含まれます。PHPエンジニアとしてのスキルを磨くことで、他のPHPエンジニアが使用する開発環境や開発フレームワーク、開発環境を整備するなど、システム開発全体を見渡す立場として活躍できます。

サーバーサイド開発の求人・案件一覧

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発において要件を定義したり、要件を設計書に落とし込んで詳細な設計書を作成したりする職種です。PHPエンジニアとしてWebサービスなどの開発経験を積むことで、Webサービスを利用したシステム設計や要件定義などの業務に従事できるようになります。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

プロジェクトマネージャー

PHPエンジニアから上級のエンジニアを経て、プロジェクトを取りまとめるプロジェクトマネージャーのキャリアも考えられます。プロジェクトマネージャーはシステム開発プロジェクトが円滑に動くように、人員や予算などを管理する仕事です。複数のプロジェクトを推進することから、システムに精通しているだけでなく、ビジネスパーソンとしての高いスキルも必要とされます。

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

フリーランスのPHPエンジニアとして働くには

ここではフリーランスのPHPエンジニアとして働くために必要な知識をお伝えします。基本的にフリーランスは即戦力としてのスキルを求められるため、実務経験やPHPエンジニアとしてのスキルは一定以上の高い水準が求められます。

Web開発のスキルを身に付ける

PHPエンジニアにはWeb開発のスキルが求められるため、現在エンジニアとして活躍されている方は、Web開発のスキルを積み上げることが必要です。具体的にはHTML・CSS、JavaScript、データベースのスキルセットが必要となります。このスキルセットはWeb開発では必ず必要となるスキルのため、PHPエンジニアに限らず、フリーランスエンジニアとして活躍されたい方が身に付けておいて損することはありません。

PHPとフレームワークのスキルを身に付ける

フリーランスのPHPエンジニアとして対応できる案件の幅を広げるには、PHPのスキルに加えてフレームワークのスキルが不可欠です。案件によって、使われるフレームワークが指定されているケースが大半のため、多くのフレームワークを使いこなせることは案件獲得の上で有利に働きます。

エンジニア未経験者からはまずスクールで学ぶ

エンジニア未経験の方は、システム開発の基礎から学ぶためにもITのスクールを活用することをおすすめします。スクールでWeb開発のスキルとPHP、フレームワークの知識を身に付けることで、PHPエンジニアとして活躍する土台が完成します。

スクールで学んだあとは就職してPHPエンジニアとしての経験を積むことが望ましいです。PHPは学習しやすい上にさまざまなシステムで広く使われていることから、PHPを書けるというエンジニアはとても多く存在します。ですので、他のPHPエンジニアより一歩抜きんでていなければ、フリーランスとして活躍することは難しいでしょう。

関連記事 : フリーランス700人に聞いた!IT業界の収入やキャリアに関する5つの質問

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

PHP案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとPHPの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.