人気の高いCMSーWordPress
Wordpressの仕事とは?スキル・将来性も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

WordPressに関わる仕事としては、Webサイトの新規作成や既存ページのリニューアル、機能追加、コンテンツの新規作成などが例として挙げられます。WordPressはPHPで構築されており、データベースにはMySQLが用いられているため、WordPressの仕事ではPHP・MySQLのスキルがあると役立つでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. Webサイト制作に広く用いられるWordPress
2. WordPressを扱う上で身につけたいスキルとは
3. WordPressの現状と将来性

1. Webサイト制作に広く用いられるWordPress

WordPressはCMS(Contents Management System)の一種で、Webサイトを構築・更新・管理するためのものです。元々はブログツールとして開発されたWordPressですが、現在では多くの企業サイトの構築にも使用されています。

WordPressの特徴は、更新のしやすさ。ランディングページのような更新がほとんどないものよりも、ブログやコンテンツの更新が多いサイトの構築に適しています。

WordPressは世界的にシェアの高いCMSなので、Web制作に携わるWebデザイナーやコーダー、フロントエンドエンジニアなどの職種の方は特に知識を身につけておくと役立つのではないでしょうか。

WordPressを用いた業務としては、Webサイトやコンテンツの新規作成や既存サイトの管理・更新といった業務の他、HTMLで制作された静的なサイトを動的なものに作り変えるようなものもあります。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

2. WordPressを扱う上で身につけたいスキルとは

WordPressの特徴は、専門的な知識がなくてもWebサイトの作成や管理ができること。インターネットやWebサイトについて最低限の知識を備えている方にとっては、WordPressの導入やサイトの更新は難しくないものでしょう。

ただし、WordPressを用いた業務と一口に言っても、案件ごとに求められるスキルはさまざま。既存のテーマやプラグインを用いる場合はそれほど深い知識が要求されることはありませんが、開発から行うという場合にはWordPressを構築するPHPについてや、データベースであるMySQLの知識も加えて身につけておきたいところです。

その他、HTML/CSS/JavaScriptの知識を併せて持っておくとWebサイトを制作する上で役立つでしょう。また、WordPressの弱点としてセキュリティ面での脆弱性が挙げられます。そのため、セキュリティに関する知識を身につけ、ハッキング等への対処を素早く行えるよう最新の情報を手に入れる姿勢も大切です。

3. WordPressの現状と将来性

WordPressは世界でもトップシェアを誇るCMS。日本語のコミュニティ活動も活発に行われており、公式の日本語ローカルサイトも作られています。動的でデザイン性の高いWebサイトを簡単に作成できるWordPressは、今後も広く使われていくのではないでしょうか。

WordPressそのものの知識に加えて、他のプログラミング言語に関する知識や、デザイン、SEOなどについて学習することでより広い領域で活躍することができるでしょう。

ここまで、WordPressについて説明してきましたが、求められる具体的なスキルには求人・案件によってさまざまです。フリーランスとしてWordPress案件に参画するにはどの程度のスキルが必要なのか知りたい…そんな方は、レバテックフリーランスまでご相談ください。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.