アプリケーションエンジニアの年収

システム開発に必須ともいえるポジションのアプリケーションエンジニア。実装だけで満足せず、負荷対策や上流の経験、最新技術のキャッチアップに取り組むのが年収アップの鍵です。

アプリケーションエンジニア案件を
提案してもらう

目次

アプリケーションエンジニアの仕事内容
アプリケーションエンジニアの年収アップにつながるスキル
アプリケーションエンジニアの年収アップにつながる資格
アプリケーションエンジニアの将来性
フリーランスアプリケーションエンジニアの年収

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアの職種には、webアプリケーションエンジニア、フィールドアプリケーションエンジニア、コーポレート・アプリケーションエンジニアなど、複数の分類があります。ここでは、主にwebブラウザをインターフェースとして動作させるwebアプリケーションを担当するwebアプリケーションエンジニアについてご説明します。

アプリケーションエンジニアの主な仕事内容は、ビジネスの経営課題をアプリケーションの企画開発によって解決に導くことです。webサービスでは、ユーザビリティを重視したアプリケーションを開発するため、クライアントと開発チームの間に立ち、技術的な提案を行います。企業内ネットワークの業務アプリケーションの要件定義や設計を担当することもあります。

企画から開発だけでなく、保守やリソース管理、マーケティングやコンサルティングまで、プロジェクトによっては幅広い工程のスキルを求められるうえ、インフラやサーバーサイド、クライアントサイドなど、技術的にも多岐にわたる分野を理解している必要があり、マルチプレイヤーとしての活躍を期待されるでしょう。

関連記事:アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニア案件を
提案してもらう

アプリケーションエンジニアの年収アップにつながるスキル

ここでは、アプリケーションエンジニアが年収を上げるために必要なスキル・経験の例をご紹介します。

負荷対策の経験

大規模なシステム開発において、負荷分散はサービスの質や顧客満足度につながります。しかし現状ではまだ負荷分散を行えるアプリケーションエンジニアの数は少ないため、希少価値の高い人材として扱われることが期待できるでしょう。

上流工程の経験

クライアントとの要件定義や設計から携わることができれば、ビジネスやシステムの全体を把握している貴重な存在として、プロジェクトに長く関わることができると考えられます。

最新技術のキャッチアップ

アプリケーション向けの言語やフレームワークは、新しいバージョンが次々にリリースされています。ずっと同じ開発環境で作業し続けていると、いつの間にか自分の技術がレガシーになってしまう恐れがあります。現場では扱えなかったとしても、プライベート等で新しい技術に触れる機会をもっておきたいものです。

アプリケーションエンジニアの年収アップにつながる資格

システムアーキテクト試験は、平成6年から平成20年度秋期までアプリケーションエンジニア試験と呼ばれていた国家資格です。独立行政法人情報処理推進機構が試験を実施し、経済産業省大臣が認定します。

この資格を取得することで、システム開発をする上で必要な幅広い知識・技術を持ち、プロジェクトリーダーとして「アプリケーション開発を牽引できる!」との評価を受けやすくなります。

また、情報処理技術者試験で「高度情報処理技術者試験」に含まれており、合格率は毎年10~15%程度で推移するため一般的には取得が難しい資格といわれています。しかし資格を取得できれば、他の高度情報処理技術者試験において科目免除というメリットを受けられます。エンジニアとしてのキャリアを構築する上でも、取得しておいて損はないでしょう。

アプリケーションエンジニアの将来性

アプリケーションエンジニアはシステム開発に必須ともいえるポジションですが、ただクライアントの要望通りに実装するだけでは、同業者やAIと差をつけることは難しいです。

ですので、上記でご紹介したような負荷分散、上流工程、新しいスキルのキャッチアップなどを行い、よりハイスキルな人材となるよう研鑽を積むことが求められるでしょう。

アプリケーションエンジニアからのキャリアパスは、プロジェクトマネージャー、コンサルタントなどが挙げられます。アプリケーションエンジニアのキャリアや案件について疑問があるという場合は、ぜひレバテックにご相談ください。

関連記事:アプリケーションエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フリーランスアプリケーションエンジニアの年収

ここではアプリケーションエンジニアの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスアプリケーションエンジニアの年収相場

参照元 : アプリケーションエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 912万円
最高年収 1500万円
最低年収 540万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事:iOSエンジニアの年収|求人事情や未経験から転職、スキル、将来性などを解説

※本記事は2022年2月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

アプリケーションエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとアプリケーションエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。