あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

それぞれの特徴や求められるスキルを詳しく解説
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システム開発において、プロジェクトを管理する役割であるプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャー。両者に明確な定義はありませんが、ざっくりいえば、プロジェクトリーダーはプロジェクトチームの進捗確認や品質管理を行います。一方、プロジェクトマネージャーは、総責任者としてプロジェクト全体を統括するのが役割です。

PL・PM案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プロジェクトリーダーの役割
プロジェクトマネージャーの役割
プロジェクトリーダーのキャリアプラン

プロジェクトリーダーの役割

■プロジェクトリーダーとは
プロジェクトリーダーは、システムのプロジェクトにおいてチームを統括します。プロジェクトリーダーの主な業務は、メンバーの進捗確認や品質管理などです。

■プロジェクトリーダーに必要なスキル
プロジェクトリーダーに必要なスキルの例は、以下のとおりです。

・スケジュール管理能力
・リスク管理能力
・意見を的確に伝える力

プロジェクトリーダーは、プロジェクトのスケジュールを決める際にタスクの作業時間を算出し、メンバーの工数を考えます。円滑にプロジェクトが進むよう、過去の事例からリスクを予測し、前もって対処することが大切です。また、進行の際はチームメンバーとの連携が必須となるため、根拠を明確にした的確な発言が重要になると考えられます。

関連記事 : プロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトリーダー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの役割

■プロジェクトマネージャーとは
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの総責任者として、全体の進捗確認や品質管理を行う立場です。システム開発に必要な予算や人員を考え、顧客やプロジェクトメンバーなどと意思疎通を図りながらプロジェクトを進めていきます。

■プロジェクトマネージャーに必要なスキル
プロジェクトマネージャーに必要なスキルの例は、以下のとおりです。

・提案力
・管理能力
・柔軟に対応する力

プロジェクトマネージャーは、クライアントやメンバーと関わる機会があり、要望や意見に対して的確に提案する力が求められます。また、プロジェクトの総責任者となるため、全体の状況を確認しながら予算やスケジュールの管理を行うことが大切です。

さらに、クライアントの要望が途中で変わったり、メンバーのスケジュール変更が必要になったりしたときは、計画を改める場合があります。その際は、冷静な判断や柔軟な対応が大切です。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)の役割について

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトリーダーのキャリアプラン

前の項目でプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの特徴を確認しましたが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

明確な定義による違いはありませんが、基本的にプロジェクトマネージャーは1つのプロジェクトにつき1名ですが、プロジェクトリーダーはチームごとに存在するため、1名とは限りません。

また、プロジェクトリーダーになるには、システム開発について一連の流れを熟知していることが必要です。そのため、プログラマーやシステムエンジニアとして設計、開発業務を経験した後、プロジェクトリーダーにステップアップするのが一般的です。

また、プロジェクトリーダーとしてキャリアを積んだ後に、プロジェクトマネージャーになる道があります。プロジェクトマネージャーは、専門的な知識や経験などがより求められる立場だといえるでしょう。

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

PL・PM案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方はこちら
プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件
プロジェクトリーダー(PL)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.