オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

プロジェクトリーダー(PL)とプロジェクトマネージャー(PM)の違い

システム開発において、プロジェクトを管理しまとめていく役割を果たすプロジェクトリーダー(PL)とプロジェクトマネージャー(PM)。両者に明確な定義はありませんが、プロジェクトリーダーはプロジェクトチームの現場における進捗確認や品質管理を担当し、プロジェクトマネージャーは総責任者としてプロジェクト全体を統括するのが役割と言えるでしょう。

PL・PM案件を提案してもらう

目次

プロジェクトリーダー(PL)とは
プロジェクトマネージャー(PM)とは
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーまでのキャリアプラン

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プロジェクトリーダー(PL)とは

プロジェクトリーダーとは、システム開発や業務開発などのプロジェクトにおける現場責任者を指します。プロジェクトリーダーの主な業務は、チームの進捗確認や品質管理といった現場管理です。

具体的には、プロジェクトに関する要件定義や基本・詳細設計などを把握し、システムが計画どおりに構築されているかを確認・試験・納品までを管理します。納期に間に合わせてプロジェクトを成功に導くのはもちろん、適切な業務分担を行うほか、トラブルが発生した際のフォローに回るのもプロジェクトリーダーの役割と言えるでしょう。

プロジェクトリーダーに必要なスキル

プロジェクトリーダーに求められるスキルの例は、以下のとおりです。

  • リーダーシップ
  • 意見を的確に伝える力
  • スケジュール管理能力
  • リスク管理能力

プロジェクトリーダーは、リーダーという役職がつく職種名のとおり、リーダーシップが求められる仕事です。プロジェクトを円滑に推進するためには、チームメンバーとの連携が必須。そのため、根拠を明確にした的確な発言ができることも重要な資質であると考えられます。

また、プロジェクトのスケジュールを決める際にタスクの作業時間を算出し、メンバーの工数を考えるのもプロジェクトリーダーの業務の一つ。円滑にプロジェクトが進むよう、過去の事例からリスクマネジメントすることも重要です。

関連記事 : プロジェクトリーダーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

PL・PM案件を提案してもらう

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャー(PM・プロジェクトマネジャー)とは、プロジェクトの総責任者として、全体の進捗確認や品質管理を行う役職のことです。

具体的には、システム開発や業務開発に必要な予算や人材を考え、成果物の納品を目指します。現場で解決できない問題が生じたときは、クライアントやプロジェクトメンバーと意思疎通を図りながらスケジュールの調整も行います。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

プロジェクトマネージャーに求められるスキルの例は、以下のとおりです。

  • コミュニケーション能力
  • 提案力
  • 交渉力
  • マネジメント能力
  • 柔軟に対応する力

プロジェクトマネージャーは、クライアントやプロジェクトメンバーと関わる機会が多いため、コミュニケーション能力をはじめ、要望や意見に対して的確に提案・交渉する力が求められます。また、プロジェクトの総責任者として、全体の状況を確認しながら予算やスケジュールを調整するため、マネジメント能力のある人に向いているでしょう。

途中でクライアントの要望が変わったり、プロジェクトメンバーのスケジュール変更が必要になったりしたときは、計画を改めなければなりません。その際は、クライアントの要望と現場の状況に合わせた柔軟な対応力が求められます。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

冒頭で述べたとおり、プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーに明確な定義はありません。とはいえ一般的には、プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体の責任者であるのに対し、プロジェクトリーダーは現場の責任者という意味合いで区別されているようです。プロジェクトマネージャーはクライアント先との調整を行い、プロジェクトリーダーは現場で活躍するメンバーとの調整役を担当することが多いとも言えます。

また、プロジェクトマネージャーは一つのプロジェクトにつき一名が基本ですが、プロジェクトリーダーはチームごとに存在するため、一つのプロジェクトにつき一名の人材を配置するとは限りません。プロジェクトの規模によっては、複数名のプロジェクトリーダーが配置される場合もあるでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーまでのキャリアプラン

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャー、ともに比較的職位の高いポジションです。エンジニアとしてキャリアを始めた場合に、どのようなステップでプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーへと進んでいくのかを整理してみましょう。

プロジェクトリーダーを目指すキャリアプラン

IT業界に就職したばかりの新人エンジニアが将来的にプロジェクトリーダーを目指すなら、まずはプログラマー(PG)として実際の開発現場で業務経験を積みましょう。プロジェクトリーダーになるには、システム開発について一連の流れを熟知していることが必要だからです。

その後は、システムエンジニア(SE)を経て、プロジェクトリーダーにステップアップするのが一般的な流れでしょう。プロジェクトリーダーは、プログラマーやシステムエンジニアに比べて平均年収も高め。キャリアアップを目指せば、収入アップを図ることも可能です。

プロジェクトマネージャーを目指すキャリアプラン

プロジェクトリーダーとして奮闘した後は、プロジェクトマネージャーになる道があります。プロジェクトマネージャーは、言うまでもなくプロジェクトリーダーの上位職なので、プログラマーからプロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーとキャリアを積むのが一般的です。

プロジェクトマネージャーの役職に就くことで、給料アップも期待できます。IT業界では高度なスキルを身につけた人材が不足傾向にあるため需要も多く、ITエンジニアとして年齢を重ねても安定的に働ける可能性があるでしょう。

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

PL・PM案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.