プロジェクトマネージャー(PM)とは?年収・資格・向いている人の特徴も解説

プロジェクトマネージャー(PM)の役割は、システム開発の責任者として、プロジェクトを監督することです。主にプロジェクトの進捗や人員整理、リスク回避のための運用などを行います。品質管理、コスト管理、スケジュール管理などを行い、システム開発を成功に導くのが仕事です。

プロジェクトマネージャーの仕事内容をはじめ、年収や必要なスキルを紹介します。フリーランス事情や、実際にプロジェクトマネージャーとして働く人の体験談も紹介するので、プロジェクトマネージャーに興味がある方は参考にしてください。

プロジェクトマネージャー以外のエンジニア職種に関して知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
エンジニアの仕事の種類をわかりやすく解説!将来性や年収も解説

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクトの計画・遂行を管理する仕事です。つまり、プロジェクトに関する責任を一手に担うことになります。

プロジェクト計画とは、定められた期限や予算、人材の中でどのようにプロジェクトの目標を達成するのか、計画を立てることです。ただし、一般的にはプロジェクトマネージャーが1人で計画するのではなく、専門家・経験者・ステークホルダーなどを交えて意見を出し合います。

会議で出た意見を最終的に計画書として取りまとめるのが、プロジェクトマネージャーの仕事です。また多くの場合、プロジェクトマネージャーの下に「プロジェクトリーダー(PL)」が就き、ともにチームやプロジェクトの管理を行います。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容は以下の通りです。

  • プロジェクトのプランニング
  • プロジェクトチームの編成
  • プロジェクトの推進・管理
  • チームコミュニケーション
  • プロジェクトの評価・再考
1. プロジェクトのプランニング

まずは、クライアントからプロジェクトの目的や課題などのヒアリングを行ったうえで、プロジェクト全体の計画を立てます。

ヒアリングの際は、特に開発理由を明確化しておくと良いでしょう。目的が固まったら、規模・予算・納期を定め、必要人員、工数を決定します。この段階で、概算見積をクライアントに出しておくと、後々のトラブルを軽減できます。

また、決定事項は仕様書にまとめ、契約書や覚書の形で定めておくことが重要です。

2. プロジェクトチームの編成

プロジェクトのコンセプトに沿って、必要な人材を集めてプロジェクトチームを編成していきます。このときのポイントとして、まずは高いスキルを持つ人など、必要不可欠な人材から選ぶと良いでしょう。

最初からチーム全体を集めることもできますが、選ぶ基準や方向性を定めた後に、メンバーを追加していく方が効果的な場合があります。

3. プロジェクトの推進・管理

チーム編成後は、システム開発のコンセプトやターゲット、納期を含むスケジュールなどの情報をチームメンバーに共有します。GoogleドライブやTeamsなど、組織内で情報共有を行うためのグループウェアを使用し、スケジュールやファイルなどにアクセスしやすい環境を作っておくとスムーズです。些細な連携ミスを防げるでしょう。

クライアントの要望や決定事項、仕様変更などの情報は、チーム全体で共有しておくことが大切です。ひとつのファイルで共同作業している場合は、ファイル管理の仕方を徹底しましょう。

さらに、プロジェクトが予定通りに進行するよう、チーム内で起きる可能性のある問題点を最小限に抑えるリスク管理も重要です。トラブル発生時は迅速に対処し、必要であればプロジェクトマネージャーが顧客折衝や納期調整を行います。

プロジェクトマネージャーの補佐役としてPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)がつく場合もあります。PMOに関して詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
PMOになるには?PMとの違いや役職の種類、キャリアパスを解説
PMOの資格|必要なスキルの習得や転職に役立つ資格の種類、難易度、勉強方法を紹介
PMOに求められるスキルとは?必須の技術から役立つ資格まで解説

4. チーム内のコミュニケーション

プロジェクトマネージャーの重要な役割のひとつが、クライアントと開発チームとの調整です。簡易なやり取りならメールで済むこともありますが、込み入った内容であれば、グループウェアを活用したり、ビデオ会議などを利用したりするのが良いでしょう。誰が、いつ、どのように行うのかといった指示が明確に伝わりやすいため、チームメンバー全体の工数を削減できます。

またクライアント・チーム間の調整のほか、チーム外の関係者との連携や情報共有も重要な仕事です。チーム外との連携を深めることで、チーム内のトラブルを解消し、プロジェクトの進行を助けます。

5. プロジェクトの評価・再考

プロジェクトの各フェーズでは、プロセスや予算の評価や再考を行います。またプロジェクト終了後も、問題点や改善点を検証します。

納品完了後にプロジェクト全体を再評価することで、ノウハウが蓄積されるため、次のプロジェクトに活かせるでしょう。また、納品完了からチーム解散までの間に、使用したファイルのデータや個人情報などが流出しないよう対策しておくことが大切です。

プロジェクトマネージャーの役割に関して詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
プロジェクトマネージャー(PM)の役割とは|仕事内容、年収、資格について

プロジェクトリーダー(PL)との違い

プロジェクトマネージャー(PM)と似た職種にプロジェクトリーダー(PL)があります。
プロジェクトリーダー(PL)とは、システム開発や業務開発などのプロジェクトにおける現場責任者を指します。プロジェクトリーダーの主な業務は、チームの進捗確認や品質管理といった現場管理です。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違いに明確な定義はありません。しかし一般的には、プロジェクトマネージャーが「プロジェクト全体の責任者」であるのに対し、プロジェクトリーダーは「現場の責任者」という意味合いで区別されているようです。

プロジェクトマネージャーはクライアント先との調整を行い、プロジェクトリーダーは現場で活躍するメンバーとの調整役を担当することが多いとも言えます。

また、プロジェクトマネージャーは一つのプロジェクトにつき一名が基本ですが、プロジェクトリーダーはチームごとに存在するため、プロジェクトの規模によっては、複数名のプロジェクトリーダーが配置される場合もあるでしょう。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いに関しては、以下の記事でも紹介しています。
プロジェクトリーダー(PL)とプロジェクトマネージャー(PM)の違い

管理職との違い

管理職とは、課長や部長などの役職をもつ組織のリーダーです。チームメンバーの指導や目標設定、評価などを行います。

管理職とプロジェクトマネージャーは似た仕事にも思えますが、その役割と担当範囲に違いがあります。プロジェクトマネージャーは、担当プロジェクトを成功させる役割です。一方、管理職は、特定部門や組織の中で成果を上げる役割があります。

よって、プロジェクトマネージャーの担当範囲は各プロジェクト毎であり、管理職の対象は部門や組織全体ということになります。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーに役立つ資格

プロジェクトマネージャーの仕事に役立つ資格を紹介します。資格の例として以下のようなものが挙げられます。

  • 基本情報技術者試験(FE)
  • ITストラテジスト試験(ST)
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)

基本情報技術者試験(FE)

資格名 基本情報技術者試験(FE)
試験日 年間を通じて各会場で実施
受験料 7,500円(税込)
合格基準 600点以上(1,000点満点)
公式サイト https://www.ipa.go.jp/shiken/mousikomi/cbt_sg_fe.html


基本情報技術者試験は、経済産業省の国家資格です。試験では、IT系の知識はもちろんのこと、プロジェクト・サービス・技術戦略・経営戦略などのマネジメントに関する幅広い知識が問われます。資格取得を通して、総合的な知識を学べるでしょう。

ITストラテジスト試験(ST)

資格名 ITストラテジスト試験(ST)
試験日 4月(年1回春期)
受験料 7,500円(税込)
合格基準 60点以上(100点満点)
公式サイト https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/st.html


ITストラテジスト試験は、経済産業省が主催する国家資格です。取得することで、経営戦略・IT戦略・コンサルティングの知識を有するとともに、経営者目線で、企業の経営方針を左右する意志決定能力を持つ人材であると証明できます。

試験では事業戦略を分析し、システム化計画の立案と実行へと導く戦略(ストラテジスト)能力が問われます。需要の高いプロジェクトマネージャーになるために、必要な知識を得られるでしょう。

プロジェクトマネージャ試験(PM)

資格名 プロジェクトマネージャ試験(PM)
試験日 10月(年1回秋期)
受験料 7,500円(税込)
合格基準 60点以上(100点満点)
公式サイト https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/pm.html


プロジェクトマネージャー試験(PM)は、情報処理推進機構(IPA)が主催している試験です。プロジェクトマネジメントの業務と役割を円滑に遂行するための、知識や実践能力を測ります。

受験対象者は、プロジェクトを運営する責任者が想定されていますが、プロジェクトマネージャーとしての経験がなくても受験することは可能です。

プロジェクトマネージャーに役立つ資格に関してさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
プロジェクトマネージャー(PM)におすすめ資格7選!難易度や勉強方法も紹介

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーに向いている人の共通点

プロジェクトマネージャーに向いている人の共通点としては以下のようなものがあります。

  • マネジメント能力が高い
  • リーダーシップがある
  • セルフブランディングができる
  • コミュニケーション能力が高い

マネジメント能力が高い

プロジェクトマネージャーには、マネジメント能力が欠かせません。プロジェクトの規模や予算、スケジュールといった全体のバランスを俯瞰し、結果を出せるようプロジェクトを進行していきます。

成果物が高クオリティであったとしてもコストが高ければ、プロジェクト全体の成功とは言えないかもしれません。そのため、自分自身がいわば経営に携わっているような感覚で、プロジェクトに取り組む必要があるでしょう。

ビジネス視点でプロジェクト管理を行うための指標として、QCDが有名です。品質マネジメント・コストマネジメント・タイムマネジメントの観点から、バランスよく検討しなければなりません。「何をどこまでやるか」作業範囲を明確にする、「スコープマネジメント」が必要です。

クライアントの臨む結果を出すために、自分自身も含め全体を見てマネジメントし、決断する力が求められるでしょう。エンジニアの視点から、細かなことにこだわり過ぎるのは禁物です。

リーダーシップがある

プロジェクトマネージャーは一人ではなく、チームメンバーと協働してプロジェクトを進めていきます。そのうえでは、チームメンバーを指導し、統率するリーダーシップが必要です。

チームメンバー全員が同じ目標に向かって進めるようチームビルディングを行ったり、プロジェクトを成功に導くための牽引を行ったりします

セルフブランディングができる

セルフブランディングができることも、プロジェクトマネージャーにとって大切な資質です。どんなにマネジメント能力が高くても、プロジェクトに関わらせてもらえなければ、始まりません。自分自身の強みを的確にクライアントへ伝えるセルフブランディング力も必要でしょう。

どのような人材なら信頼でき、大きな予算を任せられるのか、クライアントの目線に立って考えてみましょう。その上で、自身のスキルを他のプロジェクトへ活用する方法について、客観的に分析していきます。自身の強みと弱みを理解していると、クライアントへアピールしやすいでしょう。

コミュニケーション能力が高い

チームメンバーをまとめ、プロジェクトをスムーズに進行するための高いコミュニケーション能力もプロジェクトマネージャーに必要なスキルです。クライアントとチームメンバーの仲介役として各関係者と適切なコミュニケーションをとり、調整する必要があります。

また、プロジェクトマネージャーは、クライアントの要求に単に合わせるのではなく、予算やチームの意見も考慮したうえで、全体の折り合いがつくところにプランを落とし込まなくてはなりません。クライアントとの交渉においてもコミュニケーション能力は欠かせないでしょう。

プロジェクトマネージャーに必要なスキルに関して詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
プロジェクトマネージャーのスキル
プロジェクトマネージャー(PM)に向いている人・向いてない人。必要なスキルや資格は?

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの年収

厚生労働省の職業情報提供サイト jobtagによると、プロジェクトマネージャーの年収平均は「660.4万円」です。年代別にみると、45〜49歳が最大値で「759.89万円」となっています。

同調査によると正社員全体の平均年収が約393.6万円のため、プロジェクトマネージャーの年収は、一般的な正社員の年収平均よりも高いと言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの年収に関しては以下の記事でも紹介しています。
プロジェクトマネージャーの年収は?向いている人やなるには何をすべきか解説
フリーランスエンジニアの月収はいくら?言語別・職種別の平均単価も解説

参考:「プロジェクトマネージャー(IT)」職業情報提供サイト jobtag|厚生労働省

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーになるまでとなった後のキャリアパス

プロジェクトマネージャーになるまでのキャリアパスとなった後のキャリアパスを紹介します。

プロジェクトマネージャーを目指す過程では、プログラマーやシステムエンジニアを経験した後に、プロジェクトリーダーになり、そしてプロジェクトマネージャーへとキャリアアップする場合が多いでしょう。また、プロジェクトマネージャーから更にキャリアアップし、ITコンサルタントになれる可能性もあります。

プログラマー(PG)

プログラマーとは、システムエンジニアが作成した仕様書をもとにプログラミング作業を行う仕事です。プログラムを書く以外に、システムの不具合やバグを見つけて修正する業務やテスト業務も担当することもあります。

現在プログラマーの人は、効率よくプログラムする方法などプログラミングのノウハウを身に着けておくのが大切です。このような取り組みはプロジェクトマネージャーとして、品質・コスト・納期の観点で、分析・判断する際に役立つでしょう。

プログラマーとは何か、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
プログラマーとは?仕事内容・年収・将来性などを紹介

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)とは、クライアントが求めるシステムを開発する仕事です。ニーズのヒアリングやシステム設計、プログラミング、運用・保守に至るまで対応します。

現在システムエンジニアとして活躍している人は、情報システムの企画・設計といった上流工程から、開発・テスト・構築・導入・運用・更新・修正などの下流工程まで、一連の流れを経験しておくことが重要です。これらの経験で培ったノウハウは、プロジェクトマネージャーになった際、どの開発フェーズに力を入れるべきか判断するのに役立つでしょう。

システムエンジニアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
システムエンジニア(SE)になるには?仕事内容や年収、必要な資格を解説

プロジェクトリーダー(PL)

プロジェクトリーダー(PL)とは、システムなどの開発プロジェクトを遂行する現場責任者のことです。

現在プロジェクトリーダーとして活躍している人は、プロジェクトマネージャーの仕事を「自分ならどうするか」という視点で観察するのが大切です。悪い点に気づき、良い点は倣うなど、多くのことを吸収しましょう。
プロジェクトリーダー(PL)とは?役割や仕事内容、スキル、年収などを解説

ITコンサルタント

ITコンサルタントはクライアントの経営課題に対し、IT戦略で支援し、課題解決まで導く仕事です。プロジェクトマネージャーの上位職と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの経験があることで、マネジメントスキルも活かすことができ、さらに現場を理解した戦略策定ができるでしょう。

ITコンサルタントの仕事についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーはフリーランスとして働ける?

プロジェクトマネージャーの仕事は、フリーランス向きの職種の1つだと考えられます。特定の組織に所属するしがらみがないので、思い切ったプランを構築できたり、チームとのコミュニケーションを必要最低限に抑えて、効率よく仕事をしたりできるからです。

フリーのプロジェクトマネージャーは、自分自身が経営者でもあるので、経営意識を常に持っているという意味では、むしろ好都合といえるでしょう。とはいえ、プロジェクトマネージャーとして大きな予算を任されるようになるためには、十分な経験とクライアントからの信頼を得る必要があります。

プロジェクトマネージャーとしての仕事内容や必要なスキルは、フリーランスと会社員で大きく変わりません。プロジェクト全体をしっかりと管理・遂行することが重要です。

本業として会社員を続けながら、副業としてフリーランスのプロジェクトマネージャーをする方法もあります。プロジェクトマネージャーの副業に関しては、以下の記事をご覧ください。
PMが副業を始める方法|案件の獲得方法やメリット・デメリット

フリーランスそのものの働き方や需要に関して知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスの需要はある?エンジニアなどの職種一覧と市場価値を知る方法
フリーランスエンジニアとは?会社員との働き方・収入の違いを解説

フリーランスのプロジェクトマネージャーの年収

レバテックフリーランスが保有する案件から、フリーランスとして働く場合のプロジェクトマネージャーの平均年収を算出しました。

平均単価 80万円
最高単価 285万円
平均年収(平均単価×12ヶ月) 約960万円


プロジェクトマネージャーは上流工程に関わる職種のため、他のIT関係職より単価が高くなる傾向にあります。

プロジェクトマネージャーの単価相場に関しては、以下の記事でも紹介しています。
PM(プロジェクトマネージャー)の単価相場は?将来性や高単価案件の獲得法
フリーランスで年収1000万を稼げる職種やコツ・手取り額を解説

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

【体験談】プロジェクトマネージャーのやりがいや大変なこと

実際にプロジェクトマネージャーとして働くOさん(55)に、やりがいや大変なことを聞きました。

プロジェクトマネージャーになった経緯を教えてください。

高専を卒業後、外資系の商社で営業をしていました。作業効率を考える中で、将来性もあるITに興味を持つように。それで、ソフトウェア会社に転職して、まずはシステム管理から始めてみたんです。

その後、ネットワークエンジニアになりました。エンジニアの経験もそこそこになったので、今もエンジニア的な業務はしながらも、プロジェクトマネージャーとしても働いています。

プロジェクトマネージャーとして働く中でやりがいを感じるのはどんな瞬間ですか?

一つのプロジェクトが終わってお客さんが喜んでくれる時ですね。やはりお客さんが喜んでくれることが1番だなと感じます。それに、プロジェクトで成果を出すと、お客さんからリピートで依頼があったり指名での依頼があったりするのも嬉しいです。

あとは、顧客の職種に関わらず仕事をさせてもらえるので、新しいことを学べる点でもやりがいを感じます。営業テリトリーが世界中に張り巡らされているため、日本にとどまらず様々な国相手にプロジェクトができるのも楽しいです。

プロジェクトマネージャーとして働いていて大変なことはありますか?

プロジェクトによっては外に出ないこともあるので、管理だけだと飽きてしまうことがありますね。そういう時は現場を見に行きます。現場を見に行くのは楽しくて好きです。

あとは、チームメンバーに一人で勝手に先走っていってしまう人がいると少し大変です。プロジェクトマネージャーとして進捗が把握できないのは致命的なので。コミュニケーションを大事にして、現場の状況を常に把握できるよう意識しています。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーに関するよくある質問

プロジェクトマネージャーに関してよくある質問に答えていきます。

Q. プロジェクトマネージャーとはどんな仕事ですか?

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクトの計画・遂行を管理し、プロジェクトに関する責任を一手に担う仕事です。

Q. プロジェクトマネージャーの年収はいくらですか?

厚生労働省の職業情報提供サイト jobtagによると、プロジェクトマネージャーの年収平均は「660.4万円」です。レバテックフリーランスの保有案件をもとにすると、フリーランスの場合のプロジェクトマネージャーの年収は「約960万円」です。

Q. プロジェクトマネージャーに求められるマネジメント能力は具体的にどのようなものですか?

マネジメント能力は「ヒト・モノ・カネ」を管理し、組織の成果を最大化させる能力のことです。具体的には、コミュニケーションスキル、リーダーシップなどが含まれます。

Q. プロジェクトマネージャーにとって、どのような資格を取得すると良いですか?

基本技術者試験、ITストラテジスト試験、プロジェクトマネージャ試験等の資格を取得するのがおすすめです。

Q. プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いは何ですか?

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違いに明確な定義はありませんが、プロジェクトマネージャーが「プロジェクト全体の責任者」であるのに対し、プロジェクトリーダーは「現場の責任者」という意味合いで区別されているようです。

※本記事は2024年2月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら