あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

役立つ資格やキャリアパスもご紹介
プロジェクトマネージャーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの進捗や人員整理、リスクを回避するための運用など、システム開発を管理・運用する職種です。品質マネジメント、コストマネジメント、タイムマネジメントなどさまざまな管理スキルを行い、システム開発を成功に導くのが仕事となります。

この記事ではプロジェクトマネージャーの仕事内容から必要なスキル、フリーランスとして働く場合の事情などを解説します。

プロジェクトマネージャー
案件を提案してもらう

本記事の執筆者
ウェブクリエイター代表 江藤義也(えとう よしや)

1971年生まれ。2002年10月よりウェブクリエイターとして、ウェブ制作、基幹システムやECサイト、各種業務システムの設計・開発・導入などを担当。プロジェクトマネージャーとして、多くのプロジェクトを担当。2010年7月に、フィルタリング推進機関に登録され、総務省主催の、インターネット利用の安心安全の分野の講演活動を取り組む。2019年に、ネット広告の方法に関する特許取得。ITコンサルタントして、中小企業の経営改革を手がけている。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プロジェクトマネージャーの仕事内容
プロジェクトマネージャーに必要なスキル
プロジェクトマネージャーに役立つ資格
プロジェクトマネージャーのキャリアパス
フリーランスのプロジェクトマネージャーとして働く場合
フリーランスプロジェクトマネージャーの年収(編集部追記)
プロジェクトマネージャーの求人・案件例(編集部追記)

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの計画・遂行に対し、責任を負う管理者のことです。

プロジェクトマネージャーは、定められた期限や予算、厳選された人材の中で、どのようにプロジェクトの目標を達成するのか、実施計画を立て、計画通りに進むようにプロジェクト全体を管理・コントロールするというのが仕事です。プロジェクトマネージャーはプロジェクトの実行に関係する設備や物資、サービスなど多岐にわたる知識(経験)に通じていることで、よりニーズにあった計画を立てることができます。

とはいえ、プロジェクト計画は、プロジェクトマネージャーが1人だけで作成するものではありません。プロジェクトの規模にもよりますが、専門家・経験者・責任者などを交えて意見を出し合い、最終的に計画書として取りまとめるのが、プロジェクトマネージャーの仕事です。たいていは、プロジェクトリーダーが、プロジェクトマネージャーの下で、責任者として働き、チームとともにプロジェクトを進めていきます。

たとえば、IT分野でシステムを開発するプロジェクトの場合、プロジェクトマネージャーは、どのような視点で考えるのでしょうか。

1. システム開発全体のプランニング

クライアントからコンセプト(とくに、開発理由を明確化するとよい)をヒアリングします。そのうえで、規模・予算・納期を定め、必要人員、工数を決定します。この段階で、概算見積をクライアントに出しておくと、あとでトラブルを軽減することができます。くわえて、決定事項を仕様書にまとめ、契約書や覚書の形で定めておくことが大切です。

2. プロジェクトチームの編成

必要な人材を集めてプロジェクトチームを編成し、システム開発環境を整えていきます。最初からチーム全体を集めることもできますが、まずは、コアとなる人材を集め、方向性を定めた後に、ほかのメンバーを入れるほうが良い場合があります。

3. プロジェクトの推進・管理

プロジェクトチームに対し、システム開発のコンセプトやターゲット、納期を含むスケジュールなどを説明し、チーム内でシェアしていきます。グループウェアなどのシステムを使用し、スケジュールやファイルなどにアクセスしやすい環境を作っておくと、些細な連携ミスを防ぐことができます。

クライアントの要望や決定事項、仕様変更が生じる場合に、チーム全体が情報を共有しておくことが大切です。また、共同でファイルを作業している場合は、マスタファイルとトランザクションファイルに分けておき、ファイル管理の仕方を徹底しましょう。そうすることで、作業内容の紛失や消失を防ぐことができます。

チーム内で起きる可能性のある問題点を最小限にしておき、プロジェクトが予定通りに進行するよう管理するのもプロジェクトマネージャーの大切な仕事です。何らかの問題が発生したときは、早急に対処し必要であれば、クライアントとの交渉や納期調整を行います。

4. チーム内のコミュニケーション

プロジェクトマネージャーとして、クライアントと開発チームとの調整を行います。くわえて、チーム外の関係者との連携や情報共有を行い、チーム内のトラブルを解消することで、プロジェクトの進行を助けます。

メールのやり取りで済むこともありますが、グループウェアを活用したり、ビデオ会議などを利用したりすることで、だれが、いつ、どのように行うのかといった、指示が明確に伝わるようにできます。あまりにも、やりとりが緻密すぎて、チームのメンバー全体が、そのやりとりをすることに、多くの時間が取られないように工夫することができます。

5. プロジェクトの評価・再考

プロジェクトの途上、フェーズごとに、プロセスや予算の評価や再考を行いますが、プロジェクト終了後、問題点や改善点を検証しておきます。

プロジェクトをクライアントへ納入後、全体を評価することで、次のプロジェクトにノウハウを蓄積していくことができます。プロジェクト終了後、納品してから、チーム解散前に、使用したファイルのデータ管理や、個人情報などが流出しない対策をしておくことが大切です。後日、問い合わせがあった場合に対応できるようにしておきます。

IT管理で例証しましたが、そのほかの分野であっても、プロジェクト達成までのプロセスにおいて、プランニングとその後のフェーズごとに、実行・評価を繰り返しながらプロジェクトを遂行していくことが、プロジェクトマネージャーの役割と言えます。
 

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

マネジメント能力

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトの規模や予算、スケジュールなど、全体のバランスを見て、利益(結果)を出す、マネジメント能力は欠かせません。自分自身がいわば経営に携わっているような感覚で、プロジェクトに取り組む必要があります。

経営者の視点とは、成果物の品質が最高でもコストが高くければ、プロジェクト全体の成功スキに影を落としてしまう危険性があります。品質マネジメント・コストマネジメント・タイムマネジメントの観点からバランスよく検討しなければなりません。その上で、何をするか、しないかなどを明確にする、スコープマネジメントが必要です。

エンジニアの視点から、細かなことにこだわっていると、全体が見えずクライアントの望む結果が出せないことさえあるかもしれません。自分自身を含め、チーム全体をプロジェクトの成功に向けて、マネジメントする能力は必須です。

プロジェクトマネジメントの手法はさまざまな研究がされていますが、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が「PMBOK」(Project Management Body Of Knowledge)としてまとめた知識体系が、世界的な標準として、多くの分野で広く受け入れられています。

資格を持っていれば、必ずしも成功するわけではありませんが、スキルの1つとして、学んでおくと良いと思います。またPMBOKの方法論に、プロジェクトを無理やり合わせることも危険です。大切な骨子を理解し、プロジェクトに合わせて取り入れることが、バランスの取れたマネジメント能力が備わっている証と言えます。

セルフブランディング力

どんなにマネジメント能力を持っていても、プロジェクトに関わらせてもらえなければ、始まりません。クライアントの立場から、どのような人材が信頼され、大きな予算を任せてもらえるのかを考えておく必要があります。

そのうえで、自分の持っているITスキルを、ほかのプロジェクトのためにどのように活用することができるのか、客観的に分析しておくことは大切です。自分自身の強みを的確にクライアントへ伝えるセルフブランディング力を備えることは、小さいですが大きな一歩と言えます。小さな案件から始め、経験やスキルアップを行っていきましょう。

セルフブランディングをするにあたってまずは、客観的に自分を分析し自分の弱みを把握しましょう。自分の弱みを知っておくのも大切なことです。なぜなら、自分の弱いところが見えない人は、プロジェクトの弱いところに気づくことが難しいからです。

さらに、セルフブランディング力は、プロジェクトマネージャーの仕事に欠かせない、クライアントの信頼をえる力だとも言えます。クライアントの要求に単に合わせるのではなく、予算やチームの意見も考慮したうえで、全体の折り合いがつくところに、プランを落とし込む交渉力や、コミュニケーション能力が求められます。
 

関連記事 : プロジェクトマネージャーのスキルについて

プロジェクトマネージャーに役立つ資格

実際の現場では、資格を持っていれば成功するということはありませんが、自分の知識・スキル補強のために、レベルに合わせて資格取得を検討すると良いでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、経済産業省の国家資格です。IT系の幅広い知識は、もちろんのこと、プロジェクト・サービス・技術戦略・経営戦略などのマネジメント系が範囲に含まれています。この試験を通して、総合的な知識を学ぶことができます。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、経済産業省が主催する国家資格です。過去のシラバスを見てみると、事業戦略を分析し、システム化計画の立案と実行へと導く戦略(ストラテジスト)の能力が問われます。経営戦略・IT戦略・コンサルティングの知識を持ち、経営者目線で、企業の経営方針を左右する意志決定能力があるということを証明することができます。将来的に、プロジェクトマネージャーの上位を目指す際に、必要な知識を取り入れることができます。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験も、経済産業省が主催する国家資格です。この資格は、文字通りプロジェクトマネージャーになるために必要な知識を得ることができます。この試験を受けるには、すでにIT人材としての専門分野を持っている、たとえばエンジニアなどシステム開発の経験を積んでいることが必要とされるので、経験した事柄を生かしながらプロジェクトマネージャーになるための勉強ができます。
 

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)の資格について

プロジェクトマネージャーのキャリアパス

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの成功に関わる重要な役職ですから、いきなりこの役職につくことはありません。各職種でプロジェクトマネージャーを目指す場合の意識する点を考えてみましょう。

プログラマー

プログラマーとして、(現在、将来にわたり)主流のプログラム言語を習得しておきましょう。仕様書からクライアントのイメージ通りに、コーディングをするセンスを磨くことができます。くわえて、時短につながるより効率よくプログラムする方法など、プログラミングのノウハウを身に着けておくことができます。

このような取り組みはプロジェクトマネージャーとして、品質・コスト・納期の観点で、分析・判断する際に役立つでしょう。

プログラマー(PG)の求人・案件一覧

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとして、情報システムの企画、設計、開発、テスト、構築、導入、運用、更新、修正などの流れを、しっかりと経験しておくことも大切です。プロジェクトを任されたときに、そのプロジェクトにおいてどの開発のフェーズに力を入れたほうが良いのかを判断するのに役立つでしょう。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

プロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャーの下で、プロジェクトリーダー、つまり現場責任者として、チームとともに働くことも、良い経験となります。先輩となるプロジェクトマネージャーが、どんな判断をどのような理由で行っているかを近くで見ることは、机上で勉強するよりも重要です。そのうえで、自分ならどのようにするのかという点を意識しておくことは大切です。そのプロジェクトで、チームと共に働き、プロジェクトリーダーとして働く中で、悪い点に気づき、良い点に倣うなど、多くのことを吸収しておくと良いでしょう。

プロジェクトリーダー(PL)の求人・案件一覧

関連記事 : SEのキャリアパス

フリーランスのプロジェクトマネージャーとして働く場合

プロジェクトマネージャーの仕事は、フリーランス向きの職種の1つだと思います。しがらみがないので、思い切ったプランを構築できたり、チームとの無駄な時間を減らして効率よく仕事をしたりできるからです。

フリーランスの場合は、特に前述のグループウェアを使うなどして、クライアントとチームとの連携をしっかりと取っておく必要があります。

実際、テキストメッセージでのやりとりだと説明が長文になったり、やりとりが多くなったりすることで、認識や理解が曖昧になることもあります。また会って話したほうが、繊細なことを伝えやすいこともあります。

フリーランスの場合とそうでない場合のいずれも、プロジェクトマネージャーとしての仕事内容や必要なスキルが、大きく変わるということはありません。しっかりと全体のプロジェクトを管理し、遂行していくことが、プロジェクトマネージャーの目指すところだからです。

フリーランスの場合は、自分自身が経営者でもあるので、経営意識を常に持っているという意味では、むしろ好都合かもしれません。とはいえ、プロジェクトマネージャーとして、大きな予算を任されるようになるためには、十分な経験と信頼を得ておく必要があることは言うまでもありません。

在宅型フリーランスと常駐型フリーランスの違い

在宅型のフリーランスと常駐型のフリーランスでは、どのような違いが出てくるでしょうか。在宅フリーランスの良い点は、自分のペースで仕事ができるので落ち着いてマネジメントできることです。

しかし企業常駐型と違い、チームとのコミュニケーションが取りにくいので、在宅の場合は、とくに現場の空気感をうまく読み取る能力が必要になってくるでしょう。企業常駐型のほうが、ハプニングが起きたときでも現場にいるメンバーで解決することもできるので、優位だと言えます。

在宅の場合は、仕事に適した環境が必要となってきます。現場で使用する端末と、自宅の環境が、異なる場合、動作が違うということがあり、正しい判断ができなくなることもあります。OSのバージョン等を整えておくことや、アップデートのタイミング、導入しているソフトウェアなどを、統一しておくと良いでしょう。

現場と同じ開発環境用のハードを準備できれば、現場と同環境で、再現テストの確認をすることができます。チーム自体が常駐の場合は、定期的にチームの現場に赴き、テストする期間をアレンジしておく必要があるでしょう。しかしチーム全体あるいは大半がリモートワークを行っている場合は、初期コストがかかりますが、開発環境を整えておくことは、大切な要素だと言えます。

最近は、クラウド環境にシステムを構築する場合もありますが、その場合はリモートワークであっても、比較的、容易に開発ができます。在宅で仕事をする際だけではありませんが、セキュリティ面で脆弱な状態にならないように、細心の注意を払う必要があります。
 

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

フリーランスプロジェクトマネージャーの年収(編集部追記)

ここではプロジェクトマネージャーの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスプロジェクトマネージャーの平均月単価 : 77万円(12ヶ月分を年収とすると924万円)
最高単価 : 145万円
最低単価 : 30万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
プロジェクトマネージャーの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

プロジェクトマネージャーの求人・案件例(編集部追記)

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、プロジェクトマネージャーの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。プロジェクトマネージャーの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【PM】管理基盤/統合認証基盤導入の求人・案件

■単価
〜800,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)、プロジェクトマネージャー(PM)

■職務内容
・統合アカウント管理基盤の導入案件に参画いただきます。
・PMとして、下記を行っていただきます。
-計画立案、マネジメント
-業務フローの設計
-システム運用設計
-各種課題解決、顧客折衝

■求めるスキル
・開発経験
・PMの経験
・顧客折衝の経験

■最寄り駅
神谷町(東京都)

【C#】XMLエディタデータ変換ツール開発の求人・案件

■単価
〜750,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
プロジェクトマネージャー(PM)、プログラマー(PG)

■職務内容
・Windowsアプリの開発を担当いただきます。
・スキルに応じて要件定義からの
幅広い工程を想定しています。

■求めるスキル
・C#を用いたWindowsアプリ開発経験

【歓迎スキル】
・C#を用いたWebView開発
・エディタの開発経験

■最寄り駅
外苑前(東京都)


上記の内容はプロジェクトマネージャーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

プロジェクトマネージャーの案件をもっとみる

フリーランスエンジニア向け常駐型案件ならレバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT・Web系のフリーランスエンジニアに向けた案件を提案するエージェントです。

主に常駐型案件を扱っておりますが、少数ながら一部にはリモートワーク可能の案件もございます。また、常駐型案件に参画し、実績を積んだ後にリモートワーク可能となるケースもございますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

常駐案件をお探しの方はもちろん、「初めてフリーランスになる」「フリーランスに興味がある」という方もぜひお声がけください。これまで多くのエンジニアの方を支援してきた実績を基にサポートいたします。

「今フリーランスになるべきか?」「自分のスキルで通用するか?」といった悩みにもお応えしますので、ご相談だけでもお待ちしております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.