オンラインカウンセリング実施中

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は、職種名からわかるとおり、プログラムを組むことです。本記事では、プログラマーとして活躍するために習得したいスキルや、プログラマーの業務範囲について解説します。

プログラマー案件を提案してもらう

目次

システム開発の基本的な流れ
プログラマーの仕事内容
システムエンジニア(SE)との違い
プログラマー向きの資格
プログラマーに大切なスキル
プログラマーの年収(フリーランス)
プログラマーの求人・案件例

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

システム開発の基本的な流れ

まずは、プログラマーが仕事でやることを理解するために、システム開発のプロセスを見ていきましょう。一連のプロセスをプログラマーが担当するケースもあれば、システムエンジニア(SE)が要件定義や基本設計といった上流工程をシステムエンジニア(SE)が担当し、実装をプログラマーが担当する、といったように職種で仕事内容を分けることもあります。

要件定義

顧客と打ち合わせをし、顧客の要望をまとめます。新システムの導入、旧システムの入れ替え、必要な機能を選び追加することなど、顧客が出す要望とそれらへの対応方法はさまざまです。

要件は業務上必要となる「機能要件」、セキュリティ・信頼性・保守性を確保するための「非機能要件」に分けられます。打ち合わせで要望をヒアリングしたら、調査・分析を行った上でプロジェクトを立案。併せて、プロジェクト遂行に要する予算や人員、時間などを計画します。

基本設計

要件定義をもとに、開発するシステム全体のおおまかな設計をします。画面設計・帳票設計・コード設計・論理データ設計などを行い、それぞれのバランスを調整します。

詳細設計

基本設計をもとに、さらに詳しく設計していきます。機能分割によりモジュール(部品)化・共通化した上で、モジュール化されたプログラム内部で処理内容の設計をします。

コーディング

詳細設計をもとに、プログラミングを行います。コーディングはプログラマーの中心的業務です。テキストエディタや開発ツールを活用しつつ、数百行~数千行のプログラムを書き込みます。読みやすさを考慮したコーディングを心がけることが大切です。

単体テスト

ドライブやスタブなどを使い、モジュール単位で動作を確認します。

結合テスト

作成したプログラムを繋ぎ合わせ、システムが設計通りに動作するかをチェックします。テスト時にはテスト仕様書を作成し、バグが発生したら記録に残して報告します。

システムテスト

開発したシステムとは別に、外部システムと連携可能かどうかもテストします。

運用テスト

実環境で顧客に利用してもらい、問題がないかをテストします。要件定義のフェーズで受けた要望が実現されているかを確認する最終工程です。

システム開発の後何も問題がなければ、無事リリースとなります。リリース後は運用・保守フェーズに入り、顧客からの修正依頼や要望などに対応しながら改良していきます。

関連記事 : プログラマーとは|仕事内容・種類・年収・資格など基本情報を紹介

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システム開発において主にプログラミングを担当する職業です。 業務では、コーディング(プログラムを書く)やデバッグ(バグを検出し修正する)、テスト(作ったシステムのチェック)などを行います。

プログラムを組むためのプログラミング言語にはPHP・Perl・Javaなどがあり、プロジェクトやシステムによって言語の選び方もさまざまです。求人・案件によっては、HTMLなどのマークアップ言語やCSSのようなスタイルシート言語を使用する場合もあります。

プログラマーが就職先、またはフリーランス案件の参画先として選択できる現場には、メーカーやソフトウェアの開発会社、一般企業の情報処理部などがあります。他にも官公庁や研究を行う学問的な機関でもプログラマーの存在は必要不可欠です。特に昨今ではDXへの注目が集まっているため、それに伴いさまざま業界・業種でプログラマーのニーズも高まっています。

参考 : METI DX:経済産業省のデジタルトランスフォーメーション特設Webサイト

システム開発・運用のスペシャリストとして、プログラマーはますます注目される存在になっているといえるでしょう。

関連記事 : プログラマーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

システムエンジニア(SE)との違い

前述の通り、開発プロセスを上流工程・下流工程に分けた際に、上流工程を担当するのがシステムエンジニア(SE)という職業です。そして、詳細設計やコーディング、テストといった下流工程をプログラマーが担当する、といった具合です。

とはいえ、両者の区分は絶対ではなく、作業範囲はプログラマー、システムエンジニア(SE)で曖昧になることもあります。また、プログラマー、システムエンジニア(SE)と明確に分けた職種名を用いず、いちエンジニアとして広く担当するケースもあります。

関連記事 : SEとPG、両方の違いは?

プログラマー向きの資格

プログラマーになるために必須の資格はありませんが、スキルアップに役立つ資格は存在します。一例を挙げると、以下のような資格があります。

  • 基本情報処理技術者
  • 応用情報処理技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験は、ITエンジニアのキャリアを開始する際の基礎づくりに役立つ資格です。同試験で基礎力を身につけることで、応用の幅が広がるでしょう。

受験料 5,700円
試験実施日 上期・下期
試験形式 多肢選択式
合格基準 午前・午後それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

応用情報処理技術者試験

技術やマネジメント、経営面の知見など、多様な応用的知識が身につくのが応用情報技術者試験です。高度IT人材として活躍していく上での方向性を定めた人が受検対象者となります。

受験料 5,700円
試験実施日 春期(4月第3日曜日)
秋期(10月第3日曜日)
試験形式 多肢選択式・記述式
合格基準 午前・午後それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

ネットワークスペシャリスト試験

将来的にネットワークエンジニアへのキャリアアップを目指す場合は、ネットワークスペシャリスト試験が適しています。同試験では、ネットワークシステムを構築したり管理したりするための高度な知識と実践力が問われます。

受験料 5,700円
試験実施日 秋期(10月第3日曜日)
試験形式 多肢選択式・記述式
合格基準 午前・午後(各2試験)それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、データベースの企画や開発を行うためのスキルを認定する資格です。データベースを扱う業務の専門性を高めたい方は、この試験が向くでしょう。

受験料 5,700円
試験実施日 春期(4月第3日曜日)
試験形式 多肢選択式・記述式
合格基準 午前・午後(各2試験)それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/db.html

資格取得の勉強を通じて基礎から応用まで知識を幅広く得ることができるため、各知識の理解度が向上したり、他者に説明するときの説得力が増したりすると考えられます。

企業によっては、資格取得に手当を出し、正社員に推奨するケースがあるので、自身の知識の水準を示すことにもつながるでしょう。

関連記事 : プログラマに必要なおすすめ資格一覧|取得方法も紹介

プログラマーに大切なスキル

また、資格以外にプログラマーが持っておきたいスキルは以下のようなものがあります。

  • コンピュータ全般に関する豊富な知識と技術
  • コミュニケーションスキル
  • 業務に対する集中力と忍耐力

プログラマーはPC相手に黙々と作業を行う職業であるというイメージを持たれがちですが、実際の現場ではメンバーと意思疎通しながら打ち合わせをしたり、プロジェクトを遂行したりしていくため、コミュニケーション力や協調性が求められます。

プロジェクトチーム全体で開発の足並みを揃えるためには、自分の業務スケジュールと体調の管理をしっかり行うことも大切。 また、常に進歩していく業界の技術やスキルを選び取り、積極的に学ぶことも、プログラマーには欠かせない姿勢です。

関連記事 : プログラマーに必要なスキル10選|仕事に役立つ資格は?スキル不足だとどうなる?

プログラマーの年収(フリーランス)

ここではプログラマーの年収の参考として、2020年12月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスプログラマーの年収相場

参照元 : プログラマーの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 828万円
最高年収 1740万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : プログラマーの平均年収・給料|未経験からの転職でどれくらい稼げる?

プログラマーの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例として取り上げ、プログラマーの作業内容や、プログラマーを募集する求人や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。プログラマーの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【React.js】旅行プラン提案サービス開発の求人・案件

■単価〜700,000円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
システムエンジニア(SE) 、プログラマ(PG)

■職務内容
・旅行プラン提案サービスの開発に携わっていただきます。
・作業工程としては以下を想定しております。
-仕様調整
-基本設計
-詳細設計
-製造-テスト

■求めるスキル
・Javascriptでの開発経験
・React.jsの経験
・WEBシステム開発の基本設計~製造の経験3年以上

【歓迎スキル】
・firebase / firestoreを用いたデータモデリングの経験
・node.jsの経験
・リーダー経験

■最寄り駅
茅場町(東京都)

【PHP/Node.js】福祉施設向けSaas開発の求人・案件

■単価 〜800,000円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)、プログラマー(PG)

■職務内容
・福祉施設支援サービスを提供する企業において、新規プロダクトの開発をご担当いただきます。

■求めるスキル
・データベースの設計経験
・Vue.jsもしくはReactを用いた開発経験
・フロントエンドの開発経験3年以上
・PHPもしくはNode.jsを用いた開発経験3年以上

【歓迎スキル】
・Laravelを用いた開発経験
・React Nativeを用いた開発経験

■最寄り駅
中目黒(東京都)

上記の内容はプログラマーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。
プログラマーの案件をもっとみる

関連記事 : プログラマの種類

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.