プログラマーの仕事内容|必要なスキルやおすすめの資格、年収事情も徹底解説

この記事でわかること
  • プログラマーはどんな仕事をするのか
  • 会社員プログラマー、フリーランスプログラマーそれぞれの年収事情
  • プログラマーに必要な資格やスキルとは

深刻なIT人材不足が話題となっている近年、「プログラミング」「プログラマー」といった言葉を聞く機会が増えたと感じている方もいるでしょう。プログラマーは、あらゆるシステムの開発においてプログラミングを担当する必要不可欠な職種です。

本記事では、プログラマーの仕事内容をはじめ、プログラマーに求められる資格やスキル、将来性などを詳しく解説しています。ぜひ最後までご確認ください。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システム開発において主にプログラミングを担当する職種です。 業務では、コーディング(プログラムを書く)やデバッグ(バグを検出し修正する)、テスト(作ったシステムのチェック)などを行います。

プログラムを組むためのプログラミング言語にはPHP・Perl・Javaなどがあり、プロジェクトやシステムによって言語の選び方もさまざまです。求人・案件によっては、HTMLなどのマークアップ言語やCSSのようなスタイルシート言語を使用する場合もあります。

プログラマーの仕事内容の詳細は、以下の記事でも確認できます。
プログラマーとは|仕事内容・種類・年収・資格など基本情報を紹介

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーとシステムエンジニア(SE)の違い

開発プロセスを上流工程・下流工程に分けた際に、上流工程を担当するのがシステムエンジニア(SE)、詳細設計やコーディング、テストといった下流工程を担当するのがプログラマーです

とはいえ、両者の区分は絶対ではなく、作業範囲はプログラマー、システムエンジニア(SE)で曖昧になることもあります。また、プログラマー、システムエンジニア(SE)と明確に分けた職種名を用いず、いちエンジニアとして広く担当するケースもあります。

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーの種類

ひと口にプログラマーといっても、その種類はさまざまです。ここではそれぞれの職種の概要を見ていきましょう。

Webプログラマー

Webプログラマーは、WebサービスやWebサイトの開発を行うプログラマーです。Webプログラマーの担当領域は、ユーザーが触れる部分を開発するフロントエンドと、ユーザーからは見えない部分を担当するバックエンドに区分されることがあります。

アプリケーションプログラマー

アプリケーションプログラマーは、Webアプリ、スマホアプリ、業務系アプリなどの開発におけるプログラミングを行う職種で、使用する言語はアプリによって異なります。また、アプリケーションプログラマーは、ソフトウェア・ハードウェア・ネットワーク・データベースなど幅広い知識を求められるのが特徴です。

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは、電子機器や家電・機械製品などのシステムを制御するためのプログラミングを行う職種です。組み込み系システムは、エアコンの人感センサー、自動車のカーナビなどに搭載されています。プログラミングにて使用されることが多い言語はC言語です。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ゲームプランナーが作成した仕様書・設計書を基にゲームのプログラミングを行います。対象となるゲームは、コンシューマーゲームからオンラインゲーム、スマホゲームなどさまざまです。

オープン系プログラマー

オープン系プログラマーは、一般的に入手しやすいハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて活用し、人事や会計、生産管理などの業務系アプリケーションの開発を行う職種です。プログラミング言語には、主にPHPやJavaが用いられます。

汎用系プログラマー

汎用系プログラマーは、膨大なデータを処理するための大型汎用機(メインフレーム)に搭載するシステム開発を担当する職種です。大型汎用機は、金融機関や大企業のデータベースなどで活用されており、開発においては安全性のほか処理速度も重視されます。

通信系プログラマー

通信系プログラマーは、ネットワーク機器や通話システムなどのネットワークに特化したシステムの開発を行う職種です。開発においては、Java、C言語、C++などが用いられます。

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーの年収事情

ここでは、プログラマーの年収事情を見ていきましょう。「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、企業規模10名以上のプログラマーの平均年収は約523万円で、賞与は約99万円だと分かります。

一方、フリーランスのプログラマーの場合、レバテックフリーランスの求人・案件一覧を参考に年収を算出すると、以下のようになりました。

参照元 : プログラマー(PG)の求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 816万円
最高年収 1860万円
最低年収 300万円


上記を確認するとフリーランスのプログラマーの方が年収が高い傾向にあるように見えますが、会社員とフリーランスは収入の計算方法に違いがあります。両者の年収は単純比較できない点に注意してください。

参照:令和3年賃金構造基本統計調査|国税庁

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーの仕事はきつい?厳しさとやりがいを解説

プログラマーの仕事はきついと言われることがあります。しかし、プログラマーはきつさだけでなく、やりがいもある仕事です。ここでは、プログラマーの仕事の厳しさ、やりがいについてそれぞれ解説します。

プログラマーの仕事の厳しさ

プログラマーは、プロジェクトの期日を必ず守らなくてはいけません。そのため、納期が近づくと労働環境によっては残業が増えたり、休日出勤したりしなくてはいけないこともあるでしょう。プロジェクトに追われるのは、体力だけでなく精神力も求められるといえます。

また、プログラマーは客先常駐が多いのも特徴です。客先の労働環境が自身にマッチしていないと、「プログラマーはきつい」「プログラマーは厳しい」と感じてしまうことがあるようです。

プログラマーの仕事のやりがい

自身が手掛けたシステムを多くの人に活用してもらえるのが、プログラマーの仕事のやりがいの一つとして挙げられます。社会に必要とされるシステムの開発に携わり、感謝の言葉をもらえるのは、大きなモチベーションとなるでしょう。

また、IT業界は技術進化が早いため、プログラマーには常にスキルアップが求められます。そのため、新しい技術を学ぶのが好き、好奇心が旺盛、という方は、日々新しい技術に触れ自身が成長していくことにやりがいを感じられるでしょう。

プログラマー案件を提案してもらう

未経験からプログラマーになる方法

「需要も高まっているし、未経験からプログラマーになりたいな」と考えている人もいるでしょう。プログラマーになるのに特別な資格や学歴は必要ありませんが、プログラマーとして活動するには専門的なスキルのほか、実務経験が求められます。

まずは、独学かスクールにてプログラミングに関する知識を学んだ後、未経験者が応募できる企業にて実務経験を積みましょう

また、前述したとおり、IT業界は進化のスピードが早く、プログラマーには常にスキルアップが求められます。そのため、未経験からプログラマーになれたとしても、その後の活躍を目指すなら勉強し続ける姿勢が大切です。

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーに求められるスキル

プログラマーに求められるスキルには以下のようなものがあります。

  • コンピュータ全般に関する豊富な知識と技術
  • コミュニケーションスキル
  • 業務に対する集中力と忍耐力

プログラマーはPC相手に黙々と作業を行う職業であるというイメージを持たれがちですが、実際の現場ではメンバーと意思疎通しながら打ち合わせをしたり、プロジェクトを遂行したりしていくため、コミュニケーション力や協調性が求められます。

プロジェクトチーム全体で開発の足並みを揃えるためには、自分の業務スケジュールと体調の管理をしっかり行うことも大切。 また、常に進歩していく業界の技術やスキルを選び取り、積極的に学ぶことも、プログラマーには欠かせない姿勢です。

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーになるために資格は必要ありませんが、資格を保有していることでスキルの証明になります。ここでは、プログラマーにおすすめの資格を見ていきましょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアのキャリアを開始する際の基礎づくりに役立つ資格です。同試験で基礎力を身につけることで、応用の幅が広がるでしょう。

受験料 5,700円
試験実施日 上期・下期
試験形式 多肢選択式
合格基準 午前・午後それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

応用情報処理技術者試験

技術やマネジメント、経営面の知見など、多様な応用的知識が身につくのが応用情報技術者試験です。高度IT人材として活躍していく上での方向性を定めた人が受検対象者となります。

受験料 5,700円
試験実施日 春期(4月第3日曜日)秋期(10月第3日曜日)
試験形式 多肢選択式・記述式
合格基準 午前・午後それぞれ100点満点中60点
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

プログラミング言語の資格

プログラミング言語に関する認定資格には、以下のようなものがあります。

  • Oracle認定Java資格
  • Ruby技術者認定試験
  • C言語プログラミング能力検定試験

上記の資格はそれぞれレベルが2~3段階に分かれています。自分に合ったレベルの試験を選択するようにしましょう。詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。

参照:
Oracle認定Java資格
Ruby技術者認定試験
C言語プログラミング能力検定試験

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーの将来性

プログラマーが就職先、またはフリーランス案件の参画先として選択できる現場には、メーカーやソフトウェアの開発会社、一般企業の情報処理部などがあります。他にも官公庁や研究を行う学問的な機関でもプログラマーの存在は必要不可欠です。特に昨今ではDXへの注目が集まっているため、それに伴いさまざま業界・業種でプログラマーのニーズも高まっています。

システム開発・運用のスペシャリストとして、プログラマーはますます注目される存在になっているといえるでしょう。

参照: METI DX:経済産業省のデジタルトランスフォーメーション特設Webサイト

プログラマーの仕事内容に関するよくある質問

ここでは、プログラマーの仕事内容に関するよくある質問に答えていきます。

Q. プログラマーがスキルアップするにはどのような方法がありますか? 

スキルアップするにはオンラインスクールやカンファレンスに参加する、読書をする、新しい言語やフレームワークを学習する等の方法があります。

Q. プログラマーとして仕事を続けるために、効果的なタイムマネジメントの方法を教えてください。

優先順位の高いものに時間を使う、目標を持って行動する、細かくわける、振り返りの時間を設ける等の方法が効果的です。 

Q. プログラマーが客先常駐すると、どんなメリットがありますか? 

客先常駐には、さまざまな経験を積める、顧客に近い距離で働くことができる、未経験や職務経験が浅くとも就職しやすい、社外の人脈を作ることができる、比較的残業が少ない等のメリットがあります。 

Q. 個人事業主として働くプログラマーが増加しているのは何故ですか?

独立しても案件の獲得がしやすかったり、収入が高くなる可能性が高いため、個人事業主として働くプログラマーが増えています。 

Q. プログラマーの業務にはどのようなものがありますか?  

プログラマーの基本的な業務内容は、SEが設計したプログラムの仕様書に基づいてプログラミングを行うことです。 また、仕様書の通りにプログラムを組んでもうまく動作しない場合には、SEと連携して修正をする業務も生じます。

※本記事は2022年12月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

レバテックフリーランスなら

安定した高単価を実現

フリーランスエージェント

  • 登録者数No1日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年12月期_指定領域における検証調査
  • 業界認知度No1調査対象:首都圏在住、IT/システム系エンジニアかつ、フリーランス支援サービスの認知者 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年8月 有効回答数:278名

リモート案件

75%以上2022年8月実績

簡単30秒 無料サポート登録

フリーランスの経験はございますか?

ログインはこちら